ライフプランニング

真実発信!ぶっけんのDM説法・ホッ法華経(毎年1月開始版)

法華経の全28品を毎月28回(1日から28日)、毎月同じ日付に合わせて毎朝1品ずつDM説法をお届けします。
私ぶっけんの法華経DM説法は、即ちDMのDはDay、MはMoonを意味します。
<毎年1月1日開始12月28日終了版>

全て表示する >

5月25日号 衆生あつて婬欲多からんに 【観世音菩薩普門品第二十五】(二十七〜三十一行)

2018/05/25

5月25日号 衆生あつて婬欲多からんに 【観世音菩薩普門品第二十五】(二十七〜三十一行)
 
 
★★ きょうのヒント!
   
その1:
 
この品の觀世音菩薩について、無盡意、つまり意味や心は盡滅することはないとする菩薩への説明としては
過不足のようで、意味はほとんど無くて良く、逆に機械的な信仰の大切さのように思えてきますが・・?
   
その2:
 
解脱と離脱は基本的には違うことでしょうか?
   
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
  
■第5-25日 Vol.137
   
 衆生あつて婬欲多からんに
 
 【観世音菩薩普門品第二十五】(二十七〜三十一行)
  
 
■■今日の一偈一句
 
  
 若し衆生あつて婬欲多からんに、常に念じて觀世音菩薩を恭敬せば、便ち欲を離るることを得ん。若し瞋
 
 
 恚多からんに、常に念じて觀世音菩薩を恭敬せば、便ち瞋を離るることを得ん。若し愚癡多からん、常に
 
 
 念じて觀世音菩薩を恭敬せば、便ち癡を離るることを得ん。無盡意、觀世音菩薩は是の如き等の大威神力
 
 
 あつて、饒益する所多し。是の故に衆生常に心に念ずべし。
 
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
___________________
 
■■■  今 日 の 解 読 !  (苦)
___________________
 
もし衆生あって婬欲が多いがために、常に念じて觀世音菩薩を恭敬すれば、うまく欲を離れることを得る。
 
もし瞋恚(しんに:怒り)多いがために、常に念じて觀世音菩薩を恭敬すれば、うまく瞋を離れることを得
 
る。もし愚癡が多いなら、常に念じて觀世音菩薩を恭敬すれば、うまく癡を離れることを得る。無盡意(む
 
じんに)よ、觀世音菩薩はこのようにこれ等の大威神力があって、饒益(にょうやく:他への利益、教化し
 
利益させ救うこと)する所が多いのである。これがゆえに衆生は常に心に念ずるべきである。
       
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
___________________
 
■■■■ 今 日 の 振 返 り !(脱)
___________________
 
ところで、今日の本段での婬欲・瞋恚・愚癡のうちの婬欲とは、どういうわけか貪・瞋・癡のうちの最初の
貧欲の代わりに用いられているようですね。
   
それだけに、貧欲はいわゆる貪り(むさぼり)のことですが、この貪りが婬欲に等しいことのようです。
婬欲とはそもそも乱れた性欲のことです。
この性欲とは欲望の中でも第一だと前に私はお話しました。
   
そのためにもっとも貪りに値するのが性欲なのです。
つまり、他の欲の種類に比較して道徳的にも社会的にも最も制約を受けるために貪りな乱れた性欲求という
自らの煩悩を生じがちなのです。
そして、実にこのような性欲が佛教の代表的な毒でもあり、自身の体や心に苦痛を与えるほどの自らの毒を
生じるのです。
   
しかし、人が幸福になるために最大級かつ永遠のテーマとも思えるこの性欲が、なぜ他から規制されること
から自ら生ずる貧欲という煩悩なのでしょう。
実は、これは貪りというところが一つの重大なるヒントですよ。
   
つまり、あの人もこの人もの多くを貪る欲を望まない、そして幸福になるための生涯一番大事な人を間違え
ないことが、単に道徳的にも社会的にも何ら制約を受けることにはならないのです。
何事も毒を作らないことがテーマです!
   
こんなところに失ってはならない意味が隠れていましたね。
  
 
今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。
末永くご愛読いただけますよう、今年一年も何とぞよろしくお願いいたします。
 
 (ぶっけん成安田)
 
 
 ご予告: 明26日AM6時発行
 
 〜 毘沙門天王護世者、陀羅尼を説かん 〜 
 
 【陀羅尼品第二十六】(十八〜二十七行)
 
 です。 乞うご期待! それではまたね^〜^   
  
  
☆彡 明日の品ブログページへ
⇒ https://jouan167.jimdo.com/buddha0526/
   
☆彡 本日の品ブログページへ
⇒ https://jouan167.jimdo.com/buddha0525/
   
☆彡 先月の本品ブログページへ
⇒ https://jouan167.jimdo.com/buddha0425/
        

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2018-03-08  
最終発行日:  
発行周期:日刊、月々28回(1日から28日)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。