ライフプランニング

真実発信!ぶっけんのDM説法・ホッ法華経(毎年1月開始版)

法華経の全28品を毎月28回(1日から28日)、毎月同じ日付に合わせて毎朝1品ずつDM説法をお届けします。
私ぶっけんの法華経DM説法は、即ちDMのDはDay、MはMoonを意味します。
<毎年1月1日開始12月28日終了版>

全て表示する >

5月7日号 諸佛の法現在前せず 【化城諭品第七】(二十三〜二十六行)

2018/05/07

5月7日号 諸佛の法現在前せず 【化城諭品第七】(二十三〜二十六行)
 
 
★★ きょうのヒント!
   
その1:
 
大通知勝佛はおそらく既に佛であったにもかかわらず、どうして阿耨多羅三藐三菩提を得なければならなか
ったのでしょう?
           
その2:
 
大通智勝佛は、自身の道は究めたが、他の諸佛の法のことは明白には悟れずにいたということなのでしょう
か?
   
その3:
 
乃往過去無量無辺不可思議阿僧祇劫の果てしない大昔にその大通智勝佛がいたということに対し、その寿命
は五百四十万億那由他劫であったとする、その劫のおそらくかけ離れた長さの違いがあるのはどういう意味
なのでしょう?
 
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
   
■第5-7日 Vol.119
   
 諸佛の法現在前せず
 
 【化城諭品第七】(二十三〜二十六行)
   
■■今日の一偈一句
 
 
 佛、諸 の比丘に告げたまわく、大通智勝佛は壽五百四十萬億那由他劫なり。其の佛本道場に坐して、魔
 
 
 軍を破し已つて、阿耨多羅三藐三菩提を得たもうに垂んとするに、而も諸佛の法現在前せず。是の如く一
 
 
 小劫乃至十小劫、結跏趺坐して身心動じたまわず。而も諸佛の法猶お在前せざりき。
 
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
___________________
 
■■■  今 日 の 解 読 !  (苦)
___________________
   
佛は、諸々の比丘に告げられた、大通智勝佛はその壽命五百四十萬億那由他劫であった。その佛が本元の道
 
場に君臨して、魔軍を破し終わって、阿耨多羅三藐三菩提を悠々と得ようとする段階に臨んだ時、しかしな
 
がら諸佛の法は明白には現れてはこなかった。このために一小劫或いは十小劫の間、結跏趺坐(けっかふざ
 
:両足を組んで座る、修行者の正しい座り方)して身心を静止させたまま不動に構えた。しかしながら諸佛
 
の法は尚も明白にはならなかった。
       
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
___________________
 
■■■■ 今 日 の 振 返 り !(脱)
___________________
 
大通智勝佛は現代にも続いている不気味な神話のようですが、それこそが世にいう仏陀の精神なのかもしれ
ません。
  
ひたすらに自分自身を成立させたいと願う躍動心に誰もが心を踊らされるのではないでしょうか。
それが弥勒菩薩などにも似たような性質があると思います。
   
つまり、道を極めたいと信念を燃やすことは尊いはずですが、その道を極めて到達するところが果たして本
当の目的地なのかは誰もが不安でありますね。
ですから佛法があるのでしょう。
   
そして、その佛法を達成して振り返って歩んできた道を眺めた時、それが確かに佛道であったとしても、自
分だけで築いた道でしかないなら、たとえ達成した佛法もただ自分だけの法だったということになってしま
うかもしれません。
   
   
今回も読んでいただき、誠にありがとうございました。
   
末永くご愛読いただけますよう、今後とも何とぞよろしくお願いいたします。
 
 (ぶっけん成安田)
 
  
 ご予告: 明8日AM6時発行
 
 〜 この土で阿耨多羅三藐三菩提を得べし 〜
 
 【五百弟子受記品第八】(二十四〜二十九行) 
 
         です! それではまたね。   
  
  
☆彡 明日の品ブログページへ
⇒ https://jouan167.jimdo.com/buddha0508
   
☆彡 本日の品ブログページへ
⇒ https://jouan167.jimdo.com/buddha0507
   
☆彡 先月の本品ブログページへ
⇒ https://jouan167.jimdo.com/buddha0407
        

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2018-03-08  
最終発行日:  
発行周期:日刊、月々28回(1日から28日)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。