ライフプランニング

真実発信!ぶっけんのDM説法・ホッ法華経(毎年1月開始版)

法華経の全28品を毎月28回(1日から28日)、毎月同じ日付に合わせて毎朝1品ずつDM説法をお届けします。
私ぶっけんの法華経DM説法は、即ちDMのDはDay、MはMoonを意味します。
<毎年1月1日開始12月28日終了版>

全て表示する >

4月20日号 我敢て汝等を輕しめず 【常不軽菩薩品第二十】(十九〜二十五行)

2018/04/20

4月20日号 我敢て汝等を輕しめず 【常不軽菩薩品第二十】(十九〜二十五行)
 
 
★★ きょうの謎!
   
その謎1:
 
常不軽とは何か変にこじつけたような簡単な名前のつけ方でふざけているように思えないでしょうか?
   
その謎2:
 
専らに経典を読誦せずとは、ただ単に勉強が嫌いだったのでしょうか?
 
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
■第4-20日 Vol.104
 
  
 我敢て汝等を輕しめず
 
 【常不軽菩薩品第二十】(十九〜二十五行)
   
■■今日の一偈一句
 
 
 爾の時に一りの菩薩比丘あり、常不輕と名く。得大勢、何の因縁を以てか常不輕と名くる。是の比丘凡そ
 
 
 見る所ある若しは比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷を皆悉く禮拝讃歎して、是の言を作さく、、我深く汝等
 
 
 を敬う、敢て輕慢せず。所以は何ん、汝等皆菩薩の道を行じて、當に作佛することを得べしと。而も是の
 
 
 比丘、専らに經典を讀誦せずして、但禮拝を行ず。乃至遠く四衆を見ても、亦復故らに往いて禮拝讃歎し
 
 
 て、是の言を作さく、我敢て汝等を輕しめず、汝等皆當に作佛すべきが故にと。
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
__________________
 
■■■  今 日 の 解 読 ! (苦)
__________________
   
その時に一人の菩薩比丘がいた、名を常不軽と名く。得大勢よ、何の因縁をもってか常不軽という名なのか
 
。この比丘は平凡にして見かける者で例えば比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷の者達を皆ことごとく礼拝讃歎
 
しては、この言葉を話した、我は深く汝等を敬う、あえて軽く驕慢な態度はとらない。なぜならば、汝等は
 
皆菩薩の道を行じて、かならず作佛するべきだからだと。しかもこの比丘は、専らに経典を読もうとはせず
 
、ただ礼拝のみを行っていた。どんなに遠くに四衆を見かけても、またまた一人その場へ行っては礼拝讃歎
 
して、この言葉を言った、我はあえて汝等を軽しめず、汝等は皆かならず作佛すべきだからと。
  
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
__________________
 
■■■■ 今 日 の 振 返 り !(脱)
__________________
 
常不軽の行動は、現実的でしょうか?
ほぼそれこそ現実的なのでしょうが、どういうわけか、それを知ってかどうなのか行動する人は珍しいでし
ょう。
また、時代によってはこの常不軽のような若者は皆無という不思議な時代もあるものです。
  
それはどういうことかといっても、結局のところ、悪勢力がすべてを取り仕切るということがあるからです

こういう悪勢力が旺盛な時代では、何一つ正しいことが成り立たないのです。
   
では、どうすればよいのか?
ただ一度、こういう常不軽のマネでもしてみればいかがかと思います。
それはそれで上手く行かないことが解かることが、将来への弾みにもなるでしょう。
実際、このようなことができるのは最大な勇気以外にないでしょう。
 
 
今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。
末永くご愛読いただけますよう、今後とも何とぞよろしくお願いいたします。
  
  (ぶっけん成安田)
   
ご予告: 明21日AM6時発行
 
〜 釋迦牟尼と名けたてまつる 〜 
 
【如來神力品第二十一】(十八〜二十四行)
           
 です。 乞うご期待! それではまたね^〜^
   
   
☆彡 明日の品ブログページへ
⇒ https://jouan167.jimdo.com/buddha0421/
   
☆彡 本日の品ブログページへ
⇒ https://jouan167.jimdo.com/buddha0420/
   
☆彡 先月の本品ブログページへ
⇒ https://jouan167.jimdo.com/buddha0320/
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2018-03-08  
最終発行日:  
発行周期:日刊、月々28回(1日から28日)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。