その他エンターテイメント

Mamo☆Mamo

男性声優アーティストMさん好きの、Mさん好きによる、Mさん好きの為のマガジン。配信物は全てMさんのものです!尚、創作物は発行者の叶わぬ夢の産物ですので購読の際はご注意を…。 Mさん好きの方の愛の投稿(呟き、

メルマガ情報

創刊日:2018-02-23  
最終発行日:2018-06-18  
発行周期:週刊  
発行部数:55  
総発行部数:3356  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

Meeting your love

2018/06/18

(第24話)




見送る花岡さんの表情や彼と話していた時の声音でわかってしまったのは、彼は花岡さんが僕を好きになってくれる前に好きだった男だということ。

ただの友達だったならあんなに表情を強張らせたりしないよね。

「…今の誰?」

好きだと告げたわけでもないのにまるで彼女の浮気を疑う彼氏のように訊いてしまう。

花岡さんが明らかな作り笑顔で「小6の時によく一緒に帰ってたクラスメートの一人です」と言ったことにより、僕の心に流れ込んでいた嫌な感情が一瞬で増幅した……………。


*****


東京に戻る日。飛行機は夜の便だからと午前中花岡さんと会う約束をした。

見送りをすると言ってくれたけど僕が搭乗した1分後には迷子になってそうだから丁重にお断りした。ギリギリまで二人でいたかったけどね。

今日は動物園に行くことになっていて初めて現地集合することにしたんだけど、動物園前に停まるバスの停留所がわからなくて時間をロスしてしまい15分も遅れてしまった。

バスを降り慌てて入口に向かった僕が見たのは入場券売場の前で話す花岡さんと、一昨日彼女の家に来た男。

彼と話す花岡さんの表情はこの一週間毎日会っていても僕は見られなかったもので、告白しようと決意していた心が沈んでいく。

「宮野さん!」

すっかり足を止めてしまった僕に気付いた花岡さんは笑顔で駆け寄ってきてくれたけど、その後ろに見えた男の彼女を見つめる名残惜しそうな表情を見てしまった僕は、最終日だというのに心ここにあらずな状態で動物園を回って。

結局告白をしないまま予定通りの飛行機に乗って東京に戻ったのだった………。


**亜紀Side**


宮野さんと二人で過ごした夢のような一週間はあっという間に過ぎた。

二人で撮った写メを待受にして毎日あれが夢じゃなかったんだと確認するのが宮野さんが東京に戻ってから3ヶ月経った現在の私の日課。

確認するのには理由がある。3ヶ月間宮野さんからの連絡が一切来ないから。

私からメールすれば返事はくるけど札幌に来る前みたいに宮野さんからメールをしてくれることはただの一度もなくなってしまった。

そんな状態だから私からもメールする回数は減っていってかれこれ3週間前から一切連絡をとっていない。

“あ〜コレ完全に縁切れたな”と思いながら新しい就職先を探していた私に思わぬところから仕事と東京行きの話が舞い込んできたのは昨日の話。



続く

最新のコメント

  • コメントはありません。