超常現象

父なる母なる神〜本物の神と出会える場所〜

地球から宇宙へ、月を知って他の惑星を知り、地球が奇跡の星であることに気付き、人体の内部、五臓六腑、さらにもっと細部へと進んでいって遺伝子の発見に到り、創作者である神の存在へと辿り着く。人類の歴史は、宇宙の創造主である神によって導かれた歴史なのです。

全て表示する >

父なる母なる神【第16幕】神が人間に与えるもの

2018/03/29

===================================

☆★☆ 父なる母なる神〜本物の神と出会える場所〜【第16幕】 ☆★☆

===================================

題名【 神が人間に与えるもの 】

今からする話は、小さい子供には、絶対に話さない方がいいかもしれない。
「こういう食べ物を食べたらこういう快感を与える」
「こういう病気になったらこういう苦痛を与える」
そう、人間であるあなたが感じている快感や苦痛は、全て、
「神の脳(CPU)」から発信されて神経を通してあなたに感じさせているものであり、
「大きい小さい」の感じ具合の調整も、全て、神が決定しているのだ。
人間の利になる果物だけじゃなく、人間の害になる病原菌やウィルスですらも
「神が創った作品」であり、あなたは、神が創った作品で喜び、
神が創った作品で苦しんでいる、ということになる。
よく人間は「夢ばかり見ていないで現実を直視しなさい」と言うけど、実は、
人間であるあなたが「現実」であると思っているものも、
神が作り出した「夢」なのだ。
寝ている時に見ているのが「神もしくは天使が作り出した夢」で、
起きている時に見ている「現実もどき」が
「神が作り出した物凄くリアリティがある夢」なのだ。
どちらも現実ではなく、他者によって生み出された夢世界。
「真の現実」というのは「神々が住んでいる世界」であり、
あなたは「神が作り出した幻想空間」に閉じ込められている存在なのだ。
分かりやすく言うと、
刑務所の中が人間世界であり、刑務所の外が神世界ということになる。
「真の自由」は神となって、神世界で生活する身分となって、はじめて、
手に入れることが出来る。
もちろん、神にとって、自分の子供である人間は愛らしい存在であり、
ちゃんと魂が成長するまで、
親目線で温かく見守り続けてくれているのは、間違いない。
親というのは、子供の成長を、微笑ましく見ているものだ。
かわいくって、しょうがないのだ。
恐竜の化石を発見しては
「恐竜ってどんな存在だったのかな」という話で人間達は盛り上がってる。
「こういう姿だったんじゃないかな」
「こんな鳴き声だったんじゃないかな」と想像を膨らませて、
ジュラシックパークみたいな映画を作っちゃったりして、観客たちも
「恐竜ってこんなに大きかったんだ」「凄いね〜」なんて言ったりして喜んでる。
ほんと、人間って、かわいらしい生き物ですよね。
実は、神にお願いしてOKをもらえれば、
本物の恐竜を、いとも簡単に見ることが出来るのだけど、
化石発見を夢見て頑張っている人達もいるから、
これは、内緒にしておいた方がいい話なのだろうか。
でも、話したくなったので、ちょっと、その話をしてみよう。
恐竜の姿は「映像」として、恐竜の鳴き声は「音声」として、
ちゃんと、「神の脳(ハードディスク)」にリアルに保管されている。
あなたの目は、24時間、神の脳に映像を送り続ける「映像受信装置」であり、
あなたの耳は、24時間、神の脳に音声を送り続ける「音声受信装置」であり、
その映像と音声は神の脳に蓄積されて、ちゃんと、残っている。
恐竜だって、例外ではない。
恐竜の息使いまで感じられるようなリアルな感覚が、
ちゃんと、記憶として残されていて、
恐竜が生きていた世界の映像も鮮明に残っているのだけど、
あなたは、まだ、見せてもらえていないだけ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジン:「父なる母なる神〜本物の神と出会える場所〜」

マガジンID :200563
作者:神描人
私のホームページ:http://www002.upp.so-net.ne.jp/kami/

自己紹介:私自身は、本当にたいしたことないしょうもない人間であるため、
ドラえもんの声優みたいに
本人と会って現実を知ってガッカリさせちゃうといけないので、
「ドラえもんの声はドラえもんがしゃべってる」という
夢は夢のままで残しておきたいので、
タイガーマスクみたいに「正体を明かさない」というのをポリシーとして、
神秘性がある覆面作家という感じで頑張ってます。
あ、ちなみに、ドラえもんがポケットから出す様々な道具は、
神には実現可能なことばかりで、あなたが「天国行き」となったら、
いくつか実現できるようになるので、
こちらの方は「夢が現実になる」喜ばしいパターンなので、
楽しみにして待っていて下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2018-02-09  
最終発行日:  
発行周期:1日2日、長くても1週間で発行する予定です。  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。