超常現象

父なる母なる神〜本物の神と出会える場所〜

地球から宇宙へ、月を知って他の惑星を知り、地球が奇跡の星であることに気付き、人体の内部、五臓六腑、さらにもっと細部へと進んでいって遺伝子の発見に到り、創作者である神の存在へと辿り着く。人類の歴史は、宇宙の創造主である神によって導かれた歴史なのです。

全て表示する >

父なる母なる神〜本物の神と出会える場所〜【NO.28】

2018/03/15

===================================

☆★☆ 父なる母なる神〜本物の神と出会える場所〜【NO.28】 ☆★☆

===================================

題名【 壮大なドラマ 】

ヒマラヤ山脈にそびえる世界最高峰の山エベレスト、
オーストラリアのエアーズロック、アメリカのグランドキャニオン、
アメリカとカナダの境界線にあるナイアガラの滝、
壮大な自然を前にして、人間はちっぽけな存在だ。
されど、人間の記憶の中にはそれに勝る壮大なドラマが詰め込まれている。
その舞台を用意してくれたのは、誰ですか?
あなたの活躍を記録して残してくれているのは、誰ですか?
魂の成長記録。心のアルバム。
お金では絶対に買えない、
何事にも変えがたい自分にとっての至高の宝物を残してくれているのは、誰ですか?
記憶の中で微笑み、
みんなの幸せを願って無邪気にはしゃいでいた子供の頃のあなたが、
今現在の大人のあなたを見て、あなたは、あなたをどう感じますか?
子供の頃「こんな大人にはなりたくない」と思っていた汚い大人。
そんな大人になっていませんか?
純粋だった頃の自分に戻れば、今の自分の醜さが分かるはず。
そのために、そのことを気付かせるために、
純粋な子供から様々な「悪魔の誘惑」に負けた大人へと進む人生が用意されている。
子供の頃は邪の部分が封印されているから、大人となって現れてきたのが、
あなたの魂の本性であり、ちゃんと後悔して反省できる人生となっているのは、
そのように神が運命を組み立ててあなたをこの世に送り出してくれたからで、
そのことに気付いたのならば、
なんとしても神の期待に応えて悪を滅しなければいけない。
自分の力でやってこそ、それは意味があるものとなる。
自分で、やるべきなのだ。
迷ってはいけない。
悪を退治することに遠慮する必要はない。
消滅させてしまえばいいのだ。
苦しみも悪も、いずれ、消えてなくなる。
苦しみと悪が存在する間に、対処法を確立しておかなければいけない。
偽者の預言者の言葉にダマされず、本物の預言者の言葉に耳を傾け、
その真偽を自分自身で判断できるようになったのならば、
あとは神の言葉に従って生きていけばいい。
神の御心に従わない者に、明るい未来はない。
神に導かれなければ、決して天国に行くことはできない。
悠久の時を経てたどり着く夢の楽園、妄想の中であなたが考え尽くした
最高傑作の快楽ですらも軽く超える快楽が数多く存在している極楽世界が、
天国なのだ。
そして、いくつも上の世界へと昇っていって神々が住む神々の世界に到達した時、
あなたは真の自由を手に入れることになる。
神に導かれ、神から認められて「永遠の命」を与えられたあなたは、
永遠を旅する不死鳥となるのだ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジン:「父なる母なる神〜本物の神に出会える場所〜」

マガジンID :200563
作者:神描人
私のホームページ:http://www002.upp.so-net.ne.jp/kami/

自己紹介:私自身は、本当にたいしたことないしょうもない人間であるため、
ドラえもんの声優みたいに
本人と会って現実を知ってガッカリさせちゃうといけないので、
「ドラえもんの声はドラえもんがしゃべってる」という
夢は夢のままで残しておきたいので、
タイガーマスクみたいに「正体を明かさない」というのをポリシーとして、
神秘性がある覆面作家という感じで頑張ってます。
あ、ちなみに、ドラえもんがポケットから出す様々な道具は、
神には実現可能なことばかりで、あなたが「天国行き」となったら、
いくつか実現できるようになるので、
こちらの方は「夢が現実になる」喜ばしいパターンなので、
楽しみにして待っていて下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2018-02-09  
最終発行日:  
発行周期:1日2日、長くても1週間で発行する予定です。  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。