芸能

NON.RADIO.ROOM

NON.RADIO.ROOMでは、NON STYLE、オリエンタルラジオ、その他芸人の情報を配信します。

全て表示する >

NON.RADIO.ROOM

2019/01/29


ニュース


☆自称悪役レスラー「オリラジ中田」の勝ち方は「真逆を行け」

オリエンタルラジオ中田敦彦さんが、『株式会社ニシノコンサル』(AbemdTV) 1月25日放送回で、仕事への姿勢について語った。

キングコング西野亮廣さんがMCを務める当番組。先輩芸人・西野さんと同じように、「テレビを中心に活動して売れる」という芸人の登竜門的コースからあえて外れ、独自の活動を続ける中田さんが、自身の歩んできた道をこう分析する。

「僕のやり方って、本当にヒールレスラーみたい。漫才大会の『M-1』に、(音ネタの)『武勇伝』で出る。お笑いの特番に、(『RADIO FISH』として)歌で出る。そういう真逆のやり方で、『なんだアイツら』って言われながら、凶器的なやり方で人をどついていくっていう」

オリエンタルラジオは、華々しい道を歩んできた。2004年、NSC東京校(吉本興業の養成所)在学中にも関わらず、『M-1グランプリ』(テレ朝系)の準決勝に進出。2014年には、ダンス&ボーカルユニット「RADIOFISH」として活動を開始、RADIOFISHがブレイクした2016年末には、『NHK紅白歌合戦』への出場を果たした。

中田さん個人としての活動も、目を見張るものがある。世の流れをいち早く察知し、ファンと直接的に交流をもつネット上の定額制サービス「オンラインサロン」を立ち上げ、それを足がかりにアパレルブランド「幸福洗脳」を立ち上げるなど、「お笑い芸人」の固定イメージを超えた活躍を見せている。

その「幸福洗脳」の方向性について、中田さんは『ニシノコンサル』で、こう語っている。

「本当はファッションブランド『Supreme(シュプリーム:アメリカNY発の世界的ブランド)』のようなTシャツってめっちゃ見ません?アレは飽和しすぎちゃって、真逆行くしかないなって」

デザインより戦略で勝負の「幸福洗脳」だが、2019年3月に「阪急メンズ東京」(東京・有楽町)への出店が決まっている。しかも、同店初の「自動販売機での売り出し」という、かなり挑戦的な試みだ。

自らを「ヒール」と呼ぶ中田さんは、どんな思考回路をしているのだろうか。同番組では、ブランドを立ち上げたきっかけについて、こう発言をしている。

「音楽(RADIOFISH)で物販やって、Tシャツを売ってたんすよね。でも、Tシャツの値段設定で、結構ファンて揉めたんすよ。5000円以上にあげようとしたら、ファンからめちゃめちゃ言われて。『ライブTで5000円以上なんてありえないです』って。
でもみなさん、アパレルで買ってるTシャツだと、1万円のTシャツとかあるよね?なんでライブグッズは低くアパレルは高いのよ?『それブランドだからです』って言われたから、『じゃあ作るよ!』って作ったんです」

悪役レスラーと共通するのは、「反則技」だけでなく、逆境を人気の足掛かりにしているところ。その片鱗は、『オリエンタルラジオ中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』(ニッポン放送)2018年10月10日放送回にもみられる。

「前回の放送でリスナーに『1枚も売れてねぇぞ。ふざけんじゃねぇ。ディープなファンだったら買えよ!』『お前ら立ち上がれよ。オレのゴリゴリに恐ろしく高いTシャツを最初に買うヤツになれんだぞ!』ってアオったんです。そしたら、めちゃくちゃ売れました」

現時点では、「悪役炎上商法」が功を奏している中田さん。だが、反則技がすぎると、ファンから愛想を尽かされちゃうぞ!




発行者・里穂
hoppechan-love.93.716@8meil.com

中傷誹謗する方、ふざけてメールしたり文句を言う方は拒否させていただきます。後は名前を入れるのも忘れずに。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2018-02-08  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。