マンガ・アニメ

遥かなる蒼

好きな漫画やアニメ、気になっている作品について発行者が語る雑談マガジンです。時々KM配信などもあるかも…です♪

全て表示する >

遥かなる蒼―第17号

2018/02/26

読者の皆様おはようございます、発行者の水無月 小鳥です(^^)
 
本日ご紹介させて頂く作品は、三部けい先生の【僕だけがいない街】です。
アニメや実写映画化もされたのでご存じの方も多いかもしれませんが、私は本屋で平置きされていたのを偶然見掛けてタイトルに惹かれ原作漫画を読み始めたのがきっかけでした。
主人公の売れない漫画家:藤沼悟には「再上映(リバイバル)」という特殊能力が備わっています。自分の周りにいる人に危険が迫ると自分の意思とは関係なく自然とタイムリープしてしまいその危険が取り除かれるまで直前の場面に何度も戻ってしまうというものです。
ある日、交通事故を回避するためリバイバルを発動させた主人公は事故の被害は減らせたものの自身が負傷し、報せを受けて北海道から母親が上京してきて一緒に暮らすことになります。
昔から洞察力に優れ以前は報道部のアナウンサーだった悟の母親はある日、少女の手を引く男を不審に思い、後日、主人公が小学生の頃に起こった誘拐殺人事件の真犯人が再び誘拐事件を起こそうとしていることにいち早く気付き悟に伝えようとするも真犯人も気付かれたことを察知し母親は殺害され、第一発見者である悟を犯人に仕立て上げます。悟は死体を発見後、リバイバルで殺害を阻止できないかと試みますが失敗しさらに強く念じたところそれまで経験したことがない長期間のタイムリープが発生し、自身が小学生だった1988年まで遡り誘拐事件が起こる直前だと気付き元の世界では取らなかった誘拐事件を防ぐという行動を取ることで未来を変え母親を救うことを決意します。
誘拐事件が起きた当時のことを思い出しながら主人公が犯人の思考を読み、どう対処すれば最善か模索し行動に移す様は読み応えありです!!
アニメも10話までは原作に沿った内容になっていますが、アニメが最終話を迎える時は原作漫画が終了前だったこともあり11話の途中からは原作とは少し違うオリジナルストーリーとなっているので、原作漫画をオススメさせて頂きます。
原作漫画は外伝含め全9巻です。
 
 
《相互に関してのご案内》
件名→相互希望
本文→マガジン名と相互紹介文、登録IDアドレス又は登録ページのURLを記載して下さい。
※相互受理した際はこちらの相互文も送らせて頂きます。お時間頂くこともあるかと思いますが、ご理解宜しくお願い致します。
 
発行者:水無月 小鳥
連絡先メールアドレス:air-uqa.kotori@xxne.jp
※ご意見・感想・絡みなど大歓迎♪(必須→ご自身のHN)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2018-01-10  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。