マンガ・アニメ

遥かなる蒼

好きな漫画やアニメ、気になっている作品について発行者が語る雑談マガジンです。時々KM配信などもあるかも…です♪

全て表示する >

遥かなる蒼―第7号

2018/01/22

読者の皆様おはようございます、発行者の水無月 小鳥です(^^)
お知らせ配信後、バックナンバーをお取り寄せ頂いた4名の新規購読者様ありがとうございました!!
今後も読者の皆様に色々な作品をご紹介出来たらと思っていますのでお付き合い宜しくお願い致しますm(__)m
 
本日は【灰羽連盟】というアニメ作品をご紹介させて頂きます。この作品は私もリアルタイムで視聴していたわけではなく、友人から薦められたのがきっかけで知りました。すぐに視聴してみたものの学生だった当時は自分の好みではないかなと1度断念してしまいました。
物語の根幹とも言える『灰羽』に関する謎や伏線の多くは最後まで解明されるわけではなく、主人公を軸に丁寧にキャラクターたちの心情や世界との折り合いを描きながら物語が淡々と進行していくという作品です。
そのため好きになれるかどうかは人それぞれで、最終話まで視聴しても受け取り方は様々だと思います。
今回私がこの作品をご紹介しようと思ったのは、1度は途中で断念しながらも社会人になってふと思い出しもう1度観ようと思えたという点が大きかったかなと思います。大抵の作品は1度断念すると視聴し直そうと思うことはないのですが、1話目の印象が強くやはり最後までちゃんと観たいと思いました。
物語の冒頭はとても暖かい雰囲気を醸し出し、主人公の少女は水に満たされた繭の中で目を覚まし、自分で繭の殻を割って外へ出たところで背中に飛べない灰色の羽を持つ『灰羽(はいばね)』と呼ばれる同士達と出逢うところから始まります。
壁に囲まれたグリの街の住人たちは灰羽である少女たちにも優しく、日常の当たり前の喜びや穏やかで満ち足りた生活を続けていく中で、密に他者と関わりを持つことで身近にいる人物の苦悩や自分が灰羽として生まれたことの意味を知り、それを受け入れる…とても心に響くものがありました。
 
はじめにお伝えした通り好みがわかれる作品だと思いますので気になった方、自分の目で確かめてみたいと思った方は視聴して頂けたらと思います(^^)
明解な説明はあまりない為、自分で結末を考察したりするのが好きな方には比較的受け入れやすい作品かなと思います。
 
 
《相互に関してのご案内》
件名→相互希望
本文→マガジン名と相互紹介文、登録IDアドレス又は登録ページのURLを記載して下さい。
※相互受理した際はこちらの相互文も送らせて頂きます。お時間頂くこともあるかと思いますが、ご理解宜しくお願い致します。
 
発行者:水無月 小鳥
連絡先メールアドレス:air-uqa.kotori@xxne.jp
※ご意見・感想・絡みなど大歓迎♪(必須→ご自身のHN)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2018-01-10  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。