語学・言語学

60秒☆科学の英語

Scientific American誌(オンライン版)の「60-Second Science」の記事から、英作文や英語科学論文・日英翻訳に使える表現を取り上げます。最新の科学研究のコラムを読みながら、英語の表現力をアップしましょう! 毎朝発行です☆

全て表示する >

60秒☆科学の英語 [0291] absence

2018/08/31

★★★今日の表現★★★

「absence」



Comet Holmes, back in view after a 115 year absence, is much brighter in the night sky than expected.

115年の時を経て再び観測されたホームズ彗星は、予想されていたよりもはるかに明るく夜空に輝いている。



♪♪♪

absence は、

「〜がないこと」
「不在」
「欠如」

という表現です。


今回の例では、

after a 115 year absence

115年の不在の後
→115年間、見えなかった後
→行方不明だった115年間の時を経て

という意味になります。


もうひとつ例文を挙げると、

Gene targeting allows researchers to inactivate individual genes. By the gene's absence, its true function is often revealed.
遺伝子ターゲッティング法により、研究者らは、個々の遺伝子の働きを止めることができるようになった。遺伝子をなくすことによって、その真の機能が明らかになることもよくある。



absence の反対語は
presence

「存在」を表します。

The sensor detects the presence or absence of the abnormality.
このセンサは、異常があるかないかを検出する。
このセンサは、異常の有無を検出する。



今回の例文に出てくる
ホームズ彗星(Comet Holmes)は、
1892年にエドウィン・ホームズが発見した彗星。
その後、行方不明になっていましたが、
2007年に突然、
増光(アウトバースト; outburst)して
肉眼でも見えるほど明るく
黄色い光を放ち始めました。



★★★出典・引用★★★

▼ "Sheer Luck Holmes A Bright Comet"
https://bit.ly/2nOlNNl

▽ 日本語でのごく短い要約はこちら!
http://twitter.com/trivia_science


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2017-11-12  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。