経営

女店前改善師〜うめこ♪ 集客激増のA看板の書き方

女店前改善師のうめこです( ^ω^ )
「フリー来店が少ない」
「看板を上手に書ける人がいない」
「こんなお店あったの?」とよく言われる・・。
このメルマガはそんな飲食店オーナー様の悩みを解決するためのものです。

全て表示する >

【女店前改善師うめこ♪】集客できる店前(ファサード)とは、その2

2017/12/26




前回のメルマガは「集客できる店前(ファサード)とは、その1」でした



見逃された方はお時間あるときにみてくださいね



ホームページ(Visual spice)
http://visualspice.design/attract-customers

インスタ(自称看板評論家)
https://www.instagram.com/umekopi/





今回は「集客できる店前(ファサード)とは、その2」です




ひとがある場所をみている時間はながくても0.3秒でしたね




この短い時間でまず目にとめてもらう必要があると書きました




そして、それを可能にするノウハウがあいどま(AIDMA)の法則にしたがったファサードと看板ですよね




繰り返しになりますがあいどまとは、



アテンション(気がつく)

インタレスト(興味わく)

ディザイヤー(きもちが動く)

メモリー(おぼえる)

アクション(入店する)




前回のつづきからいきます




やきとりメニュー中心の居酒屋の場合、




店前に大きな赤い提灯をぶらさげました・・・アテンション




ついでに可能な限り店前をライトで明るくてらしました




これで遠目からでも、明るいライトと赤い提灯で「ああ居酒屋か」とわかります




つぎに、大きい置き看板に「やきとり150円〜!」とかでかでかと書きました・・・インタレスト



ここまででAIDMAのAアテンションとIインタレストまではできました




つぎにDディザイヤー(気持ちをうごかす)、そしてM(記憶させる)です




この時点でお客さまは店前まできて看板をのぞき込んでいますから、おいしそうなやきとりの写真や煮込みの写真と文字でさらにひきつけます





写真はしずる感のあるものを使いましょう。煮込みは、はしでもち上げたりして写してもよいです





書き込む文字は例えば「ふっくらじゅーしーな地鶏肉」とか「はふはふ柔らか肉の煮込み」など





ここで写真がだせないのが残念ですが、文字だけでもおいしそうでしょう!




ここでよし、入るか!と後押しをします




そしてさいごにAアクションですね




「しめには鶏そぼろの出汁茶漬け」と三つ葉をのせたお茶づけを写真いりで打ち出せば、これはもう入店するしかない!





そのようにしてファサードで寄せて看板で入店させる、というダブル効果で売上増は確実です!




集客をするにはこのようにストーリー仕立てで見せ方を考えていくことが大切です





ということで年末最後の追い込み(* ̄∇ ̄*)




寒いですからみなさんも風邪にはに充分きをつけて、さいごまで元気よくお店をもりあげていきましょう!




さて、本年はこれで最後のメルマガになります




次回年初は「電照看板、パネル看板、手書き看板のメリットデメリット」について書きたいと思います




では、みなさん良いお年を( *´艸`)




今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!




それではまた次回♪



いつも心から感謝です!女店前改善師うめこ( ^ω^ )
〜チーム Visual spice〜
http://visualspice.design/
https://www.instagram.com/umekopi/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2017-11-08  
最終発行日:  
発行周期:隔週刊・不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。