語学

英会話学習の裏側

英会話を1年でそこそこペラペラ話せるようになった経験を活かして、海外留学や語学学校の裏事情も含めてブログでは書けないことを書いていきます。

全て表示する >

これは当時の僕が欲しかったもの

2017/11/11

こんにちは、哲夫です!



英会話学習において

大事なものだけを選択して「必要でないものは一切やらない」ために

何が大事で何が必要でないか。




それは...




このメルマガで今まで書いてきたこと、

と、

これから書いていくことなんですけどね(?´?`?)テヘペロ




いや、ほら、僕少し前の回で、僕はこの3つだけしかやりませんでした!(どーん)

って言ってるし( ̄▽ ̄;)




それを途中まで説明してきていて、今ちょっと脱線してるんですw




このままだと怒られそうなので、ではちょっと真面目な話を。




自分には目標がありました。


「1年で英語ペラペラになる」


でも、それを実現した人を僕は知らなかったんですね。




学習過程で英語がペラペラな人達に会うことはありましたが、その人たちは長期間かけてそうなった人たちでした。




なので、真似するべきモデルがいなかったんです。




レールが敷かれていないおぼろげな道を試行錯誤で歩いていく。これが大変でした。




誰かが証明してくれた道がある場合には、素直にその道を猛スピードで駆け抜ければいい。




でも、僕の場合は自分のやっていることが正しいのかどうかがまず分からない orz




それを聞きたくても教えてくれる人がいない。


4年かけてペラペラになった人の学習法は、1年で結果を出したい僕には合わなかったりしました。。。




大抵、僕が会った英語ペラペラな人達は、絶対的英語環境にいることで時間が解決してくれたというタイプがほとんどでした。

(もちろん相当な努力もしていますが、時間を長く取ることが必須なやり方)



つまり、戦略的ではなかったんですね。

時間がかけれるのであれば、戦略なしでがむしゃらに頑張ることでも何とかなります。(その場合は完全英語環境が必須だけど)




ただ僕には時間がなかった(おっ、なんかカッコつけてるw)


駄目な人生から少しでも早く脱出して自信が持ちたかった(ドラマクイーン(悲劇の主人公演じる人)ですかw)


まぁ今でも駄目な人生から脱出できてないけど、それは置いておこうw




ということで、

そんなメロドラマもあって、自分がやった学習法を公開しているわけです。




僕の学習法を知った人がどうするのか。

自分には合わないと思うかもしれないし、取り入れたくないと思うかもしれない。




それはその人の自由ですが、差し出すだけ差し出しておこうかなと。

この情報は当時の僕が欲しかったものですので。




でもね、僕の学習法は無視して置いておいたとしても

あなたが自分自身の力で、あなたの英会話学習を成功に導く方法が実はあるんです!




それは...


次回へ続く




今回も長文お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

哲夫

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2017-10-25  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。