音楽

バンドを長く続けて行くコツ

アマチュアバンドを20年以上続けて来た筆者がバンドを楽しく長く続けて行くコツについてお伝えします。

全て表示する >

ステージ上のでの音量調整

2018/03/05

よもぎゅです。


ステージ演奏するのは

バンドの醍醐味です。



来てくれたお客さんが

盛り上がってくれたり

楽しんでくれたら

さらに楽しいですよね。



ところでライブをやる前に

リハーサルをやるかと思います。



基本的には音量限界がある

ヴォーカルに合わせて

全体の音量を調整します。



次にドラム。

その後、電気系に行きます。

ベース、ギター、キーボードなど。



ここで、立ち位置や

アンプの配置によっては

音が聞こえずらい時があります。



場合によっては

全く聞こえないことも。



そのため、

アンプの音量を上げるわけですが

これやってしまうと

他に影響が出てきます。



自分には聞こえずらいけど

他のメンバーには

うるさいぐらいの音量に

なってしまっているとか。



割とよくある話で

こうなるとヴォーカルがきついです。



エレキギターのアンプ音量が

大きいバンドは割と多いですね。



ヴォーカルが厳しいだろうなぁ

と思う時がよくあります。



これを回避するには

アンプの位置を変えること。

もしくはこんなスタンドを使う。



http://beautyartpop.net/archives/139



そうすると、

自分に音がよく聞こえるようになります。



PAがあるライブハウスなら

基本的にステージ上の音は

自分が聞こえるくらいの

音量で十分です。



いわゆる中音
(ステージ上での自分たちの音)

を作るうえでも

とても役に立つ機材ですね。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2017-10-12  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。