音楽

バンドを長く続けて行くコツ

アマチュアバンドを20年以上続けて来た筆者がバンドを楽しく長く続けて行くコツについてお伝えします。

全て表示する >

タブ譜はどこまで信用できるか?

2018/01/31

よもぎゅです。


コピーバンド、カバーバンドをやる時に

ギターやベースで参考になるのがタブ譜。



タブ譜は五線譜でなく

フレット上で押さえるべき位置が

書いてあるもの。



多くのタブ譜は

ギターなら6弦分

ベースなら4弦分が

記載されています。



良いのは音符が読めなくても

その通りに弾けば

大体原曲と同じような音が出ること。



大体と書いたのは

タブ譜にも誤りがあるし

弦楽器の場合、

同じ音でも弦違いとかあります。



厳密にコピーするなら

コピーするアーティストの

動画見ないと分かりません。



こだわる人はここまでやりますね。

私もたまにやります。



まぁそこまでやらずとも

音は原曲に近づけるように

したいものです。



原曲をよく聞くとある音が

タブ譜には記載されてないことは

よくある事です。



だから最終的には

耳に頼るしかありません。



あんまりタブ譜に拘らず

自分の耳も頼りにしましょう。



あくまでタブ譜や楽譜は参考で、

くらいに思っている方が良いです。



それでもタブ譜があれば

最初から耳コピしなくていいので

楽といえば楽ですから。



タブ譜を記載する人が

必ずしもそのアーティストが

好きではありませんからね。



拘りまくっていたら

仕事が進まなくなりそうですしね(笑)。



ある程度音を取ったら

採譜って感じでしょう。



ちなみに昔聞いたことがあるんですが

カラオケのオケを採譜する人は

絶対音感の持ち主が多いそうですよ。

天職ですね〜。

大変そうですけど。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2017-10-12  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。