車一般

自動車ランニングコスト

自動車ランのングコスト
https://car-life.adg7.com/
の更新情報をいち早くお届けします。

全て表示する >

【自動車ランニングコスト】なぜプリウスは突っ込む(ように見える)のか

2019/06/11

なぜプリウスは突っ込む(ように見える)のか

最近痛ましい事故が多くありますが、その中で目立つのがプリウス。
プリウスについては以前からコンビニに突っ込むのはプリウス。コンビニにプリウスよけのガードを設置など、ネットの世界ではプリウスはとにかく悪者。「またプリウスか」みたいな感じです。
そういえばたしかにニュースでの事故写真によく登場しているように思います。「プリウスミサイル」などという言葉も出てきています。
これに対して検証記事はたくさん上がっているものの操縦性に関する記事が多いようなので、自動車ランニングコストでは保険の料率クラスなどデータで調べてみたいと思います。

なぜプリウスは突っ込む(ように見える)のかをホームページで読む

まずは検証記事のおさらい

プリウスミサイル

というわけで「プリウスミサイル」で検索したところたくさんの検証記事が上がりました。
まずはプリウスはシフトがわかりにくいから急発進するというもの。
「プリウスミサイル」とはNレンジにしてアクセルを開け、その状態でDレンジに入れたら飛び出すから危険ということですが、プリウスの場合「Nレンジ」は使わないそうで、Nにするのにコツがいるそうです。なんとか「Nレンジ」に入れたとしても、その状態でアクセルを踏むと大きめの警告アラームが鳴り、警告ランプまで点くそうです。普通はそういう状態はないそうで、むしろ普通のガソリン車の方が急発進の場合は危ないそうです。

ブレーキペダルの位置がやや左寄り

こちらも検証記事がありました。プリウスのペダルはやや左寄りでブレーキを間違えてアクセルを踏んでしまうというものですがこれも気になるほどの位置の違いではないということだそうで、事故原因にするのは根拠不足なようです。

トヨタセーフティセンスは効かないのか?

最新のプリウスにはサポカー機能としてアクセルの踏み間違い防止機能があります。この機能ですが実際試したのですがハンドル操作をすればキャンセルされるので、障害物をかわそうとしてハンドルを切った瞬間キャンセルされるため事故時には効いていなかったのではと思われます。

保険の料率クラスはどうなっているか

トヨタプリウスの型式と料率クラスの関係です。

4桁数字は左から対人,対物,搭乗者,車両でプリウスの事故が多いなら対人・対物のクラスが高めになっているはずです。料率クラスは1-9まであり、9が一番保険料が高いのですが5を基準としてそれより高いか低いかで判断します。実際の保険が支払われた額から料率クラスが算出されているので事故が多い車ほど高くなります。
とはいえ最近の日本車は全体的に高くはなくおおむね5以下(3-4ぐらい)になっている感じです。

下記がプリウスの表です。毎年更新されるので過去3年分の推移もみれるようまとめました。(4桁数字は左から対人,対物,搭乗者,車両)

201920182017
NHW20 プリウスEX654465446544
ZVW30 プリウス 1.8 L555555554455
ZVW35 プリウスPHV444544455445
ZVW40W プリウスα654555455545
ZVW41W プリウスα555544445555
ZVW50 プリウス 1.8 S454545454545
ZVW51 プリウス 1.8 A634453444344
ZVW52 プリウスPHV334443444444
ZVW55 プリウス 1.8 A E-Four 4WD234433444344

参考までに
86 2.0 G[型式ZN6] 4445
ノア 3343
シエンタ 4344

だったりですのでプリウスはやや高めになっています。
ちなみにトヨタ車で一番対人が高いのは
ランドクルーザー80 9433です
対物が高いのはトヨタ車ではワースト100にはなくて
フェラーリ:F355スパイダーが 7958です。

3年間の推移もさほど大きく変わってはいなく保険の料率クラス的にはややや高めだけどそれほどではないというデータになります。

画像検索してみよう

[プリウス コンビニ 突入] で画像検索するとたんまりでてきますが、けっこう検証記事が多い印象です。

[コンビニ 突入]で検索するとあまりプリウスは目立ちません。

単にプリウスの流通量が多いのでは?

カーセンサーの人気車種ではプリウスが1位。流通量も中古車は10609台で2位の日産セレナは流通量が6910です。3位ダイハツタントは12137台で4位アルファードが3618台。価格から考えるとかなりの流通量だと思われます。

日本自動車販売協会連合会の 乗用車の販売台数でもプリウスはノート・アクアに続いて3位。初場合年数の長さから考えるとかなりの台数があると思われます。

結論がでるわけないですが

たしかにプリウスの料率クラスはやや高めで少しだけ事故りやすい車と言えると思います。
そして流通量が多いので目立つ。そういうことなのではと思われます。
個人的にはプリウスに乗る人は特に昔から乗っている人はそこそこの年齢の方も多く、事故りやすいのかなと考えたりします。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2017-07-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。