健康・家庭の医学

生活習慣病で通院歴20年のオヤジが導く「健康中年養成講座」

20年前に痛風を発症して以来毎月の病院通い。痛風のみならず高血圧・高コレステロール・飲みすぎの肝臓から前立腺肥大まで、今じゃ医者並(?)の健康オタクです。一緒に健康中年になりませんか!

全て表示する >

【中高年男性の大きな悩みが、前立腺肥大症】

2017/08/16

*************************************


中高年男性の健康の悩みはたくさんあるでしょうが
多くの男性、特に50歳代以降では半数以上の方が、
おしっこの悩みを抱えているんではないでしょうか?


おしっこの悩みというのを具体的に言えば、一番が
トイレが近くなること、頻尿でしょう。

僕も経験していますが、さっきトイレに行ったばかりで
また行きたくなっちゃうんです。

これ、大げさでなくマジな話しです。

そんな状態の方って多いんです。


1時間おきにおしっこに行くなんていう方も、ぜんぜん
珍しくありません。



頻尿の次に悩むのが、おしっこの勢いがなくなることです。
それと共にキレもなくなりますね。

ジョーという感じではなくてチョロチョロという感じですし
途中で途切れてまた出たりなんてこともあります。



ここまでなら、ちょっと生活の質が下がってるくらいで
なんとか我慢も出来ますが、ここから先はシャレになりません。

最初は、いきまないとおしっこが出にくいという状態に
なるんですが、この症状がでてくると、状況は進行してます。


この状態がさらにひどくなると、夜中にトイレに起きるように
なってきます。

症状の重い方は、夜中にトイレに3回くらい起きるという人も
いるほどなんです。

夜中に3回もトイレに起きたら、さすがに熟睡は出来ません。
おしっこの悩みだけではなく睡眠障害という悩みも抱える
ことになってしまいます。



そんな酷いおしっこの悩み、これらの症状はおそらく
「前立腺肥大症」の可能性が高いです。

この前立腺肥大症は、ある統計によると、50代男性で約30%、
60代男性で約50%、70代以上の男性では65〜70%
くらいは、状態の善し悪しはあるものこのような前立腺肥大症の
症状で悩んでいるそうです。



僕もそうなんですが、正直言って泌尿器科って行きにくいですよね。

当初の症状は、そんなに大げさにするほどでもないので、積極的に
泌尿器科を受診する方は少ないのが現実でしょう。

でも、前立腺肥大症が進行すると、どうしても生活の質が
相当に低下してきます。


最悪の場合は、まったくおしっこの出ない「閉尿」などを
引き起こす可能性もでてきます。

そうなったら、当然ながら手術しか方法はありません。



やはり、なるべく早期の段階で泌尿器科を受診するのが
最良の方法ですね。

前立腺肥大症の検査に関して、不安のある方も多いようですが、
想像するより簡単だと思います。

機会があれば、またこのメルマガでも前立腺肥大症の検査に
ついて書いてみますね。


とにかく、症状に心当たりがある方は、早いに越した事は
ありませんよ!!




=================================================
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん
『メルマ』      http://www.melma.com/
を利用して発行しています。
メールマガジンに掲載された記事の無断転載を禁じます。
=================================================

=================================================
「健康中年養成講座!」
発行:痛風・高血圧・コレステロールで通院中の晋太郎
ホームページ:http://shisyanoncho.com/
メールアドレス:ad20@szlife.biz
=================================================


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2017-07-10  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。