健康・家庭の医学

生活習慣病で通院歴20年のオヤジが導く「健康中年養成講座」

20年前に痛風を発症して以来毎月の病院通い。痛風のみならず高血圧・高コレステロール・飲みすぎの肝臓から前立腺肥大まで、今じゃ医者並(?)の健康オタクです。一緒に健康中年になりませんか!

全て表示する >

【男性の50代で30%、60代で50%が悩むおしっこの話し】

2017/07/24

先日、同年代の友人たちと居酒屋で飲んでいました。

そこで、ひょんなことからおしっこの話になったら、実はオレも
という人が続出して、ある意味で大盛り上がりでした。



50歳を過ぎるころから、かなり多くの男性がおしっこに関する
悩みを抱えています。

箇所が箇所なんで、あまり大っぴらにはなりませんが、


「トイレに行ってから1時間くらいでまたしたくなる」

「おしっこの出が悪いっていうか勢いがなくなってきた」

「おしっこのあとも、なんかまだ残ってるような気がする」

「夜中にトイレで必ず起きちゃう」

概ね、このような内容の悩みが多かったですね。



僕は、痛風とγ-GTPとコレステロール値が高いために毎月1回の
通院をしてますが、おしっこの調子もあまり良くはないので
それなりに調べて知識もありました。

なので・・・知ったかぶりをして教えてあげました。


僕の中ではけっこう知識も増えてきて常識となっているんですが、
知らない人も多く、真剣に聞いてくれました。


実は、中高年男性のおしっこの悩みは、そのほとんどは
前立腺肥大症からくるものだと思われます。

上記したように「トイレが近くなった」「おしっこの勢いが・・」
「おしっこが終わっても残っているような気がする」
「夜中におしっこに何度も起きる」

これらの症状って、典型的な前立腺肥大症の症状なんです。


しかも、困ったことに前立腺肥大症ってその原因が未だに
よく分っていません。

どうして前立腺が肥大するのか?

・若年層では発症しない(50歳前後〜)
・どうもホルモンが関係しているのではないか

という2点が、少しずつ分かってきている程度です。

また、戦前の日本ではあまり多くない病気だったようなんです。
なので、食生活の欧米化も要因では?という説もあります。


まあ、なかなかお医者さんへは行きにくい箇所ですし
少しくらいおしっこの頻度が多くなるくらいなら、なんとか
我慢しちゃってそのまま放置という男性が多いみたいです。


ただし、おおごとにならなければそれで良いのですが
最悪では、閉尿というおしっこが出なくなってしまう症状で
手術なんて例も少なくありません。



ちなみに、欧米では前立腺肥大症は「サプリメントメディカル」
といって、みんなサプリを飲んでいるようです。

個人的には、まだ多少おしっこが近いくらいなので、サプリを
購入して試しています。



=================================================
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん
『メルマ』      http://www.melma.com/
を利用して発行しています。
メールマガジンに掲載された記事の無断転載を禁じます。
=================================================

=================================================
「健康中年養成講座!」
発行:痛風・高血圧・コレステロールで通院中の晋太郎
ホームページ:http://shisyanoncho.com/
メールアドレス:ad20@szlife.biz
=================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2017-07-10  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。