生活の知恵

みかたの生活の知恵

生活の知恵的情報とかで、役に立ちそうなのを、お知らせしたいと思います。

全て表示する >

不眠症に悩んでいる方が、増えているようです。

2017/07/24

不眠症の症状に悩まされている方が、増えているようです。

確かに、現代社会、睡眠時間を確保すること事態も、難儀なことです。

まして、日本って、世界的に見ても、睡眠時間が少ないほうだとも、言われているらしいですし。


自分で、足りてないかもっていう自覚がある方は、まだ、自覚できているだけ、マシなんだそうです。

データでは、「不眠症の患者は、成人の約2割に、達している」んだそうです。

さらに、「自覚のない潜在的な不眠症の患者は、成人の4割に、達している」んだとも。


そんなに多かったんですね。



不眠症の症状の3つのタイプ。

1.布団に入っても、2時間ぐらい寝付けない・・・「入眠障害」

2.朝、起床するまでに、夜中に2回以上、目を覚ましてしまう・・・「中途覚醒」

3.起床時間より、2時間以上早く目覚めてしまう・・・「早期覚醒」


定義としては、これら「不眠症の3つのタイプ」のうち、どれか一つでも、

『週に2回以上あり、それが継続して1ヶ月続いたら』・・・《不眠症》なんだそうです。




不眠症からくるデメリットは、それこそたくさんあります。

夜、眠れないっていうことは、その分、昼間に眠くなるっていうことに、なります。

そのために、ミスが出てしまったり、事故を起こしてしまったり。

たかが不眠症とは、侮れないことが、起こりえます。


さらに病気の引き金にも、なりかねないんだそうです。

糖尿病、高血圧、うつ病など。


そういえば、眠らないと太るっていう話も。

眠っていないと、食欲を増進するホルモンが、過剰に分泌されてしまうんだそうです。

そのせいで、食欲が止まらなくなり、太ってしまうんだとか。

そんな生活が、続けば・・・

生活習慣病になるのは、目に見えているとも。



※怖いのは、これらの眠れないっていう症状は、加齢にともなっても、増えていく傾向にあるんだそうです。

60歳以上になると、夜中に2回以上、目が覚めるっていう方は、4人に1人ぐらいに増えてしまうんだそうです。

ということは、70歳以上とかになると・・・


ここまで来ると、年だから、仕方ないとかって、あきらめている場合ではないかもしれないですね。

そのせいで、病気になってしまうかもしれないのですから。



※※先日、テレビを見ていたら、テアニンっていう物質を、摂取すると、脳にα派が出やすくなって、眠りにつきやすくなるって、放送してましたね。

そのときには、「水出し緑茶」を作って、眠る1時間ぐらい前に、1杯飲んでおくといいって、言ってました。

※※※水出し緑茶の作り方・・・緑茶に氷水を入れて、2、3時間かけて、ゆっくりと抽出。

簡単だけど・・・面倒かも・・・



■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
    夜ぐっすり目覚めスッキリ!《ネムリス-nemlis》
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

「布団に入っているのに何時間も起きてしまう…」
「朝起きた時に休息した感じがしなくて日中もすっきりしない」
あなたはこのようなお悩みをお持ちではないでしょうか? 

まず、ここちよい休息を得るために最も重要なことは、深い睡眠をとることです。

睡眠は「長さ×深さ」によってその質が決まります。

多くの場合、深い睡眠をとれていないことが、
すっきりと起床することができない原因です。

ネムリスは、12種類もの快眠成分を配合することによって、
バランスよくナチュラルな休息をお届けします。

まずはお試し送料無料1,890円で実感!

詳しくは
→ https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2BNI3H+CYJUGY+2O22+1HQSS3



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2017-07-10  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。