海外旅行

クルンテープマハーナコーン便り;タイからトラベルアドバーザーがお届け!

微笑みの国「タイランド」天使の都「クルンテープマハーナコーン」からタイのお得なツアー情報、ホテル情報、ゴルフ情報、レストラン情報、スパ情報など盛り沢山にお届け致します!

全て表示する >

タイで住むなら・・・

2018/03/02

「住まい」の3回目です。

今日はコンドミニアムに関して。
賃貸コンドミニアムは殆どがオーナー賃貸です。
即ち、同じコンドミニアムでも各部屋によりオーナーが違っているので、
賃貸料も部屋によりマチマチの場合も珍しくありません。

コンドミニアムを賃貸する場合は、
サービスアパートメントとは違いますので注意点がいくつかあります。
コンドミニアムはオーナーの好みでファニチャーが揃えられているのが殆どです。
中には賃料格安ですがファニチャーが何もない状態のコンドミニアムもあります。
永住するのでなければファニチャー付きの部屋の方が良いでしょうね。

その場合の注意点ですが、
ファニチャーが壊れることは殆どないでしょうけれど(極度の汚れは別)、
電化製品が壊れることは決して珍しいことではありません。
賃貸契約時にはその点も確認することはお忘れなく。
また、火災保険などの加入の有無の確認も必要ですね。
そして契約年数。

通常は1年毎の更新が多いのですが、
中には3年契約を要求してくるオーナーも少なくありません。
通常保証金は3ヶ月要求されますが、
中途解約の場合は勿論戻りませんし、
部屋の損傷などがあった場合には補修費用も請求されます。
更に、不注意による水漏れなどによる他の部屋への水漏れ被害の補修費用も。
この辺りは日本で賃貸する時も同じことですよね。

タイのコンドミニアムの良いところは、
プール付き、アスレチックジム、フィットネスジム付きが多いことです。
殆どの場合、住民はフリーで使用が可能になっています。
サービスアパートメントでもプールやアスレチックジムなどが設備されている所も珍しくはありません。

BTSから少し遠いコンドミニアムは賃料も割安感がありますが、
駅までの無料送迎サービスが付いている所もありますので確認した方が良いでしょうね。
賃貸したコンドミニアムには送迎サービスが付いてなく、
すぐ隣のコンドにミアムには無料の送迎サービスが付いているなんてこともしばしば。
毎日仕事や学校に行くのに駅までバイクタクシーやその他の手段を利用すると、
1ヶ月に数百バーツは使ってしまいます。
細かいようですが・・・。

次回はタウンハウスの賃貸に関して・・・

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2017-05-15  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。