海外旅行

クルンテープマハーナコーン便り;タイからトラベルアドバーザーがお届け!

微笑みの国「タイランド」天使の都「クルンテープマハーナコーン」からタイのお得なツアー情報、ホテル情報、ゴルフ情報、レストラン情報、スパ情報など盛り沢山にお届け致します!

全て表示する >

「住まい」選びは?

2017/09/26

前回はロングステイにおける「住まい」、
サービスアパートメントに関してお話ししました。

日本と同じように都心に近ければ家賃は高く、
駅に近ければ更に高く、
築年数が若ければ更に高く・・・これは世界中共通していることでしょう。

しかし、部屋探しはロングステイの「目的」に合わせた選び方も一つのポイントです。

毎日タイ料理、しかも屋台の料理でも何も問題ない!
そんな方は無理に高いエリアを選ぶ必要がないでしょうね。
しかし、タイ語学校に毎日通うとか、
毎日ゴルフ練習場に行きたいとか、
料理教室に通いたいとか・・・。

と、なるとその目的に便利な所を選ぶ事が良いでしょうね。

タイ語学校に通うにしても、
学校の近くで徒歩圏内(15分程度でも)を選ぶのか?
駅近くの「住まい」でBTSで2駅程度離れても所要時間などは変わりません。

数駅郊外に行くだけで格段に安くなる場合もあります。

日本人の「住みやすさ」(一般的に見ると)からすると、
バンコクではスクンビット・エリアとなるかと思います。
そのスクンビット・エリアも数年前までは日本人の「住まい」はエカマイ・エリアまで・・・、
なんて言われていましたが、
今はそれから2駅、3駅郊外のエリアまで多くの日本人の駐在員やロングステイヤーが住んでいます。
さすがに郊外に来れば駅に近いエリアに集中していますが、
私のように20数年前からローカルのど真ん中で生活しているエリアまでは難しいでしょうね。

私の場合は車を運転しますし、
飲む時はタクシーや駅からは24時間乗り合いの小さなバスがあるので、
移動には困らないエリアを選んでいます。

話を元に戻しますが、
スクンビット・エリアだけが注目されていますが、
反対方向にもBTSはどんどん延長されており賃貸アパートも急増しています。
さすがにサービスアパートメントは少ないですが、
賃貸コンドミニアムは多数あります。

次回は賃貸コンドミニアムに関して話ししたいと思います。


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2017-05-15  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。