海外旅行

クルンテープマハーナコーン便り;タイからトラベルアドバーザーがお届け!

微笑みの国「タイランド」天使の都「クルンテープマハーナコーン」からタイのお得なツアー情報、ホテル情報、ゴルフ情報、レストラン情報、スパ情報など盛り沢山にお届け致します!

全て表示する >

タイで部屋を借りる

2017/09/22

暫くメルマガの発行が空いてしまいました。

先日はロイクラトーン、チェンマイのイーペン・フェスティバルの情報をお届けしましたが、
多くの問い合わせを頂き残りも10枚程度になっております。

急に行きたくなった方はお気軽にお問い合わせ下さい。


さて、ロングステイに話を戻しましょう。

ロングステイで重要な要素に「住まい」があります。
1日中外出しているわけでもないでしょうから、
多くの時間を過ごす「住まい」は快適な環境を確保したいですよね。

タイでも「住まい」選びは日本のように賃貸紹介会社が多数あります。 
日本のように手数料を借主から取るところは少ないので上手く利用したら良いと思います。
タイ語や英語が堪能な方なら物件によっては家主と直接交渉も可能です。

日本人が借りれる物件は多数あります。
サービスアパートメント、コンドミニアム、タウンハウス、ローカル(タイ人向け)のアパート、
そして1戸建。

タイの諸事情があまり判らないうちはサービスアパートメントがお薦めですね。
ホテルと同等と考えて頂いて結構です。
月額家賃も1泊料金の20日分程度の割安になるところもあります。
例えば1泊3,000バーツのサービスアパートメントで60,000バーツ程度と言う事です。

ルームクリーニングも付いてますし、
朝食も付いてます。
家具類も全て揃っているため便利です。
洗濯機が付いていないところが多いですが、
近くにクリーニング店がある所も多いので、
そのような所を探すと良いでしょう。
1キロ100バーツなんてクリーニング屋もありますよ。
勿論、アイロン掛けも含めて。

サービスアパートメントの場合は旅行会社からも予約が可能ですし、
テストで2泊ほど宿泊して自分で直接交渉して契約することも充分に可能です。

サービスアパートメントもピンキリですので、
周辺環境や設備など、そして自分の予算にあった所を探すことをお勧め致します。

私の知り合いのロングステイヤーは1ヶ月8,000バーツのサービスアパートメントで、
毎年数ヶ月滞在して老化防止のためタイ語学校に通っている方がいらっしゃいます。
勿論、朝食は付いていませんが、
周辺にはコンビニや屋台、日本食レストランなどもあり、
しかもBTSの駅まで徒歩5分程度と環境が良いサービスアパートメントです。

次回も引き続きロングステイの「住まい」に関してをお届けします。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2017-05-15  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。