出産・育児

りょうちゃんの連絡帳

私が毎日記入し、保育園に提出している『連絡帳』の連絡事項に書き残した内容をご紹介します。子育て中のおかあさん、おとうさんに共感していただければ、そして、たまには「元気になったー!」と思っていただだければ、幸いです。

全て表示する >

『りょうちゃんの連絡帳』風邪をひきました。【第210号】

2018/04/14

〜「保育所保育指針」を読んでみた(最終回)
      10の姿とは? 〜

このメールマガジンでは、私が毎日記入し、保育園に
提出している『連絡帳』の連絡事項に書き残した内容
をご紹介します。

子育て中のおかあさん、おとうさんに
「そんなことあるよねー」と共感していただければ、
そして、たまには「元気になったー!」と思って
いただければ、幸いです。

●メルマガを書こうと思ったきっかけ
 小児科で診察をイヤがって大泣きする2歳の息子に
 「ゴメン、ゴメン、悪いところがないかなぁ、
  ってみるだけだよー」
 と焦りながらなだめる私に先生が言ってくださった
 ↓の言葉。

 「なんで、謝っているの?
  親として子どものためにしていることだから、
  謝るのはおかしい」

 当たり前のことだったのに目からウロコ。
 思えば、子どもを産んでからというもの、
 冷静に客観的に、温かいアドバイスをくれる人って
 身近にいなかったなー
 こういった温かいアドバイスを共有できたら、

  私のように子育てに悩み、戸惑い、落ち込んでいる

 おかあさん、おとうさんに何かしら励みになるかも!
 と思ったのがきっかけです。

 あのときなんであんな叱り方しちゃったんだろう、
 失敗したなー、
 と落ち込んでしまっても過去は過去!
 子育てに正解はない。時間はどんどん過ぎていきますよー
 (↑と書きながら自分に言い聞かせる)
 子どもと過ごせる貴重な時間(いま)を大切にしたい
 ですね。

●息子(りょうちゃん/男)について
 2014年6月に49.6cm、3,005gという、ごく標準サイズ
 で生まれ、その後も教科書のように標準的な成長過程を
 経て、今日まで特に大きな病気をすることもなく、
 元気に育っています。
 ごく普通のやんちゃ坊主です。

さあ、今日も一日笑っていきましょう♪

ε = ε = ε = <今日の連絡事項> = ε = ε = ε
4月14日(りょうちゃん、1歳9ヶ月)

日曜から38°の熱で、月曜37.8°、火曜37.5°、
水曜36.9°でした。
結局、普通の風邪だったようです。
基本は元気で食欲もありましたが、月火は
体調がイマイチだったようで、グズグズ、
イライラの様子が続きました。
昨日は、ご機嫌でその空気をいっぱい吸って
走ったり、いっぱい笑いました。

ε = ε = ε = ε = ε = ε = ε = ε ┌(; ̄◇ ̄)┘

春先って、環境の変化も季節の変化もあり、ちびっこ
たちも不安が大きいのかな、と思います。
息子は、この年も、この翌年(おたふく風邪)も体調
を崩していますし、
私は私で、花粉症の症状にに悩まされること18年…笑

(今年の息子は大丈夫かしら?)

息子もまだ1歳だったので、急に熱が上がったりする
ことも考えて月火水の3日間お休みをさせました。
この間は、
 月 → 私が看病
 火水 → 叔母(遠方から現る)が看病
ということで、叔母に助けてもらいました。

叔母は元保育士なので、グズグズ、イライラも上手に
受け止めてくれたことだろうを思います…(^_^)

4月は気候が不安定ですので、ちびっこも私たち大人
も疲れたら(疲れる前に)身体をしっかり休ませて
楽しい連休を迎えましょうね♪

<編集後記 ( ^_^)/~~~>

「保育所保育指針」を読んでみた(最終回)
    〜 10の姿とは? 〜

参照元:http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/kaisetu.pdf

------------ <ご注意> -------------
あくまでも私の見解ですので、厚労省の意図と違う
解釈をしている場合があります。
-----------------------------------------------

保育指針の10の姿とは何でしょう?

「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」のことで
3つの柱※(本文下に引用あり)として示されている
資質・能力が育まれている具体的な姿とのことです。

----- 10の姿 (引用)-----
1.健康な心と体

2.自立心

3.協同性

4.道徳性・規範意識の芽生え

5.社会生活との関わり

6.思考力の芽生え

7.自然との関わり・生命尊重

8.数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚

9.言葉による伝え合い

10.豊かな感性と表現

-----(引用 ここまで)-----

引用元:http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/kaisetu.pdf

ちなみに、イメージが湧かないという方は下記サイトも
参考になさってください。分かりやすいです。
保育士バンク→https://www.hoikushibank.com/column/10-0

この「10の姿」。
まず私たち親や大人が、自分自身が実践できているのか
どうか、振り返りたいところですよね…(⌒-⌒; )
私が個人的に意識したいことは

 6.思考力の芽生え

 8.数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚

の2つです。
分からないことにぶち当たると、すぐにGoogle先生に助
けを求めていませんか?

●因果関係や仕組みを探るのに『んー』と唸ったり、

●『あーでもない、こーでもない』と試行錯誤したり、

●『分からない!』と感情的になってみたり、

していますか?
私は、お恥ずかしながら…NO…ですね。
もちろん、調べてすぐ解決するのも一つの手段です。
特に緊急時は、情報収集がより早く適切な解決策に導いて
くれます。

一方、自分の頭で考えて問題を解決するって、時間もかか
るし、面倒だし、イライラするし、時間のない私たちには
ナンセンスだったりします。
でも、本来の学びや思考って、本当は難しくて苦しいもの
ですよね。
その苦しさを経験して乗り越えることで、自分の血となり
肉となるのですよね。そして、それが自分の誇りだったり
自信となって、さらなる高みに押し上げてくれます。

この世には、私たちにとって既知のことよりも知らないこ
との方が圧倒的に多いはずだと思っています。
子どもたちが、恐れず、粘り強く、未知の世界を切り拓い
ていける資質を育めるように、

私たち大人が、

 ●時には唸り/悩み、
 ●時には泣いたっていい、

感情(右脳)と知性(左脳)をフル回転させて、最後まで
やり抜く姿を見せていきたいですね。

そうそう!日経新聞土曜版の「数独」でもいいと思います。

始めたら最後までやり抜く!

些細なことでも、諦めない姿勢/意識が、自然と「3つの
資質・能力」を育んでくれるのだと、信じています。

先生方にお任せる必要もあると思いますが、育児は親や
関係する大人たちが主役!という大切な事実を心に留め
ておきましょうね♪

ちょいと長くなった最終回でしたが、以上で、私なりの
保育指針に対する考えをお伝えしてまいりました。
お付き合いくださり、ありがとうございました。

感想などあれば、メッセージくださいませ…(^.^)

それでは、今日もおもしろいことがありますように☆

----- ※3つの資質・能力 (引用)-----
1.「知識及び技能の基礎」
 →子どもが自ら感じたり、気付いたり、分かったり、
  できるようになったりすること

2.「思考力、判断力、表現力等の基礎」
 →気付いたことや、できるようになったことなどを
  使い、考えたり、試したり、工夫したり、表現
  したりすること

3.「学びに向かう力、人間性等」
 →心情、意欲、態度が育つ中で、よりよい生活を
  営もうとすること
-----(引用 ここまで)-----

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2017-03-19  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。