出産・育児

りょうちゃんの連絡帳

私が毎日記入し、保育園に提出している『連絡帳』の連絡事項に書き残した内容をご紹介します。子育て中のおかあさん、おとうさんに共感していただければ、そして、たまには「元気になったー!」と思っていただだければ、幸いです。

全て表示する >

『りょうちゃんの連絡帳』怒っています。【第201号】

2018/03/29

〜 「主体性」と「責任」について(3) 〜

このメールマガジンでは、私が毎日記入し、保育園に
提出している『連絡帳』の連絡事項に書き残した内容
をご紹介します。

子育て中のおかあさん、おとうさんに
「そんなことあるよねー」と共感していただければ、
そして、たまには「元気になったー!」と思って
いただければ、幸いです。

●メルマガを書こうと思ったきっかけ
 小児科で診察をイヤがって大泣きする2歳の息子に
 「ゴメン、ゴメン、悪いところがないかなぁ、
  ってみるだけだよー」
 と焦りながらなだめる私に先生が言ってくださった
 ↓の言葉。

 「なんで、謝っているの?
  親として子どものためにしていることだから、
  謝るのはおかしい」

 当たり前のことだったのに目からウロコ。
 思えば、子どもを産んでからというもの、
 冷静に客観的に、温かいアドバイスをくれる人って
 身近にいなかったなー
 こういった温かいアドバイスを共有できたら、

  私のように子育てに悩み、戸惑い、落ち込んでいる

 おかあさん、おとうさんに何かしら励みになるかも!
 と思ったのがきっかけです。

 あのときなんであんな叱り方しちゃったんだろう、
 失敗したなー、
 と落ち込んでしまっても過去は過去!
 子育てに正解はない。時間はどんどん過ぎていきますよー
 (↑と書きながら自分に言い聞かせる)
 子どもと過ごせる貴重な時間(いま)を大切にしたい
 ですね。

●息子(りょうちゃん/男)について
 2014年6月に49.6cm、3,005gという、ごく標準サイズ
 で生まれ、その後も教科書のように標準的な成長過程を
 経て、今日まで特に大きな病気をすることもなく、
 元気に育っています。
 ごく普通のやんちゃ坊主です。

さあ、今日も一日笑っていきましょう♪

ε = ε = ε = <今日の連絡事項> = ε = ε = ε
3月29日(りょうちゃん、1歳9ヶ月)

帰りの散歩から自宅に向かう時に
『エレベーターから(家まで)一人で歩ける?』
と聞くと、『ん”ー!怒』と力強く抵抗…汗
夕食後に、お気に入り2Cellosのライブ映像を
見たがったので『NHKのニュースを見おわって
からね』というと、『ん”ー!怒』と反り返って
いました…笑

ε = ε = ε = ε = ε = ε = ε = ε ┌(; ̄◇ ̄)┘

この動物的な唸り&身体の強張り…
あれから2年経った今でもよく覚えています…笑

まだまた言葉が話せない息子の怒り?が、よーーく
伝わってきました。
帰りの散歩では、たまに、私がお手洗いに行きたく
なって(⌒-⌒; )、

母『おかあさんは…トイレに行きたい…
  帰ろうよー』

り『ん”ー!怒』

母『…本当に我慢できなくなってきたから
  帰るよー』

と唸る息子を無理やり抱っこして、連れ帰ることも…
そういえば、友人が、

『(子どもが)スーパーで怒って寝転ぶから
 いつも肩に担いで帰る』

なぁんて言っていたなぁ…(⌒-⌒; )
ちなみに、担がれていたのは女子です…笑

<編集後記 ( ^_^)/~~~>

「主体性」と「責任」について(3)です。

---------------------------------------------------
私は、将来、”その時に必要な収入を得ながら今より
自由に生きていきたい”と考えています。
---------------------------------------------------

これまで2回にわたって私たち人間は、

 a.”誰かの役に立つこと”で自分の存在価値を
  認めている
          ↓
 b.だから、
  周りと調和しながら生きることができる
          ↓
 c.だから、
  心理的・物理的に安心して生きていける
  場所を確保できている

というお話をさせていただきました。

…さて、a→b→c→a→b→c→...と良い循環が続く限り
ずっと幸せに生きていていられるじゃん、と思いたい
ところですが…

 ▼人間て、飽きるんですよね、
  ”同じことの繰り返し”に

マンネリ、というやつです。
※マンネリ→https://dictionary.goo.ne.jp/srch/all/マンネリ/m0u/

だから、aについては、循環のたびにどんどん変化する
必要があります。
(変化の度合い、スピードは人によってさまざまである
 と考えます。)
そうでないと、

 ▼自分は大したことができないんだ
 
 ▼進化しない、能力のない人間なんだ など

と自分の存在価値が下がってしまうと思うのです。

 え!?
 私は、特に何も変化しているつもりがないんだけど
 自分の存在価値を認められているわよー

なぁんて、思われる方もいらっしゃると思いますが…
実は、皆さまも私も

a → b → c → a’ → b → c → a’’ → b → c → ...

a、つまり、”誰かの役に立つこと”を”意識して”どんどん
進化させているのではないかと、考えます。
a<a’<a’’といった風に…

 ●仕事でaをして、お客様が喜んでくれた!
  次は、同じaに何かを+(プラス)して
  お客様をもっと喜ばせよう!

 ●ハンバーグを作ったら子どもが美味しいと
  言ってくれた!
  次は、ソースも手作りしよう!

どうでしょうか?

些細なことでも、皆さまそれぞれにa'、a’’といった風に
元のaに+αや改善をしているのではないでしょうか?
それでは、なぜ、+αや改善をすることができているの
でしょうか?
それは、私たちが

 ●「主体性」があって「責任」を負っている

だからこそ、a<a’<a’’といった風に、より”誰かの役に
立つこと”ができているのです。

「主体性」があって「責任」を負っている、なんて…
いったいどういうこと!?
って思われました?…よね…(^_^)

ちょっと長くなりましたので、次回につなげますね。

それでは、今日もおもしろいことがありますように☆

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2017-03-19  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。