出産・育児

りょうちゃんの連絡帳

私が毎日記入し、保育園に提出している『連絡帳』の連絡事項に書き残した内容をご紹介します。子育て中のおかあさん、おとうさんに共感していただければ、そして、たまには「元気になったー!」と思っていただだければ、幸いです。

全て表示する >

『りょうちゃんの連絡帳』脱ぐと逃げる男。【第160号】

2018/01/15

〜 3歳児の「これ食べてもいい?」は
  気を遣った発言なのか? 〜

このメールマガジンでは、私が毎日記入し、保育園に
提出している『連絡帳』の連絡事項に書き残した内容
をご紹介します。

子育て中のおかあさん、おとうさんに
「そんなことあるよねー」と共感していただければ、
そして、たまには「元気になったー!」と思って
いただければ、幸いです。

●メルマガを書こうと思ったきっかけ
 小児科で診察をイヤがって大泣きする2歳の息子に
 「ゴメン、ゴメン、悪いところがないかなぁ、
  ってみるだけだよー」
 と焦りながらなだめる私に先生が言ってくださった
 ↓の言葉。

 「なんで、謝っているの?
  親として子どものためにしていることだから、
  謝るのはおかしい」

 当たり前のことだったのに目からウロコ。
 思えば、子どもを産んでからというもの、
 冷静に客観的に、温かいアドバイスをくれる人って
 身近にいなかったなー
 こういった温かいアドバイスを共有できたら、

  私のように子育てに悩み、戸惑い、落ち込んでいる

 おかあさん、おとうさんに何かしら励みになるかも!
 と思ったのがきっかけです。

 あのときなんであんな叱り方しちゃったんだろう、
 失敗したなー、
 と落ち込んでしまっても過去は過去!
 子育てに正解はない。時間はどんどん過ぎていきますよー
 (↑と書きながら自分に言い聞かせる)
 子どもと過ごせる貴重な時間(いま)を大切にしたい
 ですね。

●息子(りょうちゃん/男)について
 2014年6月に49.6cm、3,005gという、ごく標準サイズ
 で生まれ、その後も教科書のように標準的な成長過程を
 経て、今日まで特に大きな病気をすることもなく、
 元気に育っています。
 ごく普通のやんちゃ坊主です。

さあ、今日も一日笑っていきましょう♪

ε = ε = ε = <今日の連絡事項> = ε = ε = ε
1月15日(りょうちゃん、1歳6ヶ月)

最近お気に入りの消防自動車の絵本では
「はしご車」「ポンプ車」「救急車」を
区別して理解し、指差して示すようになり
ました。
また、少し文章の長めのページも読み終え
るまで絵と言葉の意味を結びつけているよ
うな感じです。
お風呂に入るのに裸ん坊で追いかけっこ
でした。

ε = ε = ε = ε = ε = ε = ε = ε ┌(; ̄◇ ̄)┘

冬の寒い日に、お風呂前の追いかけっこはちょっと
勘弁してほしいです。
息子は自分では服を脱ぐことができないので、私が
脱がせて、お風呂に入ります。
また、冬はシャワーのお湯が出るまで時間がかかる
ので、シャワーを出してから息子の服を脱がせます。
服を脱いで開放感たっぷりの息子は逃げ出します。

▼シャワーは出しっぱなしだし

▼息子はオムツ履いていないし

▼たまに、私も服を着ていないし

こっちは仕事して疲れ切って1秒でも長くゆっくり
したいと思っているのに…
あぁ最近こんなのばっかりだなぁと、やるせない
夜を過ごしていたことを思い出しました…笑

でも、当時の息子はまだまだかわいいものです。
現在3歳の息子は、

り『お風呂に入らなくていい!怒』

無理やり抱きかかえて連れて行こうものなら、
活きのいいマグロさながらの大暴れ…-_-b

平和な夜を過ごせるようになる日はいつ来るのか…

<編集後記 ( ^_^)/~~~>

上記でお風呂に入りたがらない困った息子ですが
食事中に時どき

り『これ食べてもいい?』

と聞いてきます。
家での食事、外食に関係なく聞いてきます。
私自身はあまり気に留めていないのですが、主人が
子どもらしくない、と気にしています。

親の顔色をうかがっている感じがするようですね。
子どもらしく、”わざわざ親に確認せずに気持ちの
まま食べたいと思ったものに手を出せばいいのに”
と思うらしいのです。

私も主人のこの感覚には同感ですが、そこまで気に
留めていない理由は二つ。

●コミュニケーションを楽しむために
 敢えて確認している、ように見える

●息子が初めて口にするもの、アルコール
 が含まれるものなどあるので、確認して
 くれることで安心できる
(もちろん、確認なくお口に入るものも多々あります!笑)

最近、私と主人で息子に対するしつけに差が出始めて
います。
父母の対応が違うことで、息子が混乱を起こさぬよう
申し合わせておかないといけないな、と感じています。
しようがないですね…(⌒-⌒; )
私と主人は違う家庭で育っていますから。

皆さまは、パートナー、親御さん、お子さんと意見の
相違について話し合っていますか?

それでは、今日もおもしろいことがありますように☆

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2017-03-19  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。