出産・育児

りょうちゃんの連絡帳

私が毎日記入し、保育園に提出している『連絡帳』の連絡事項に書き残した内容をご紹介します。子育て中のおかあさん、おとうさんに共感していただければ、そして、たまには「元気になったー!」と思っていただだければ、幸いです。

全て表示する >

『りょうちゃんの連絡帳』お兄ちゃんたちと遊べるかしら?【第104号】

2017/10/13

〜 おとうさんとお月見お供えするの!
        byりょうちゃん(3歳) 〜

このメールマガジンでは、私が毎日記入し、保育園に
提出している『連絡帳』の連絡事項に書き残した内容
をご紹介します。

子育て中のおかあさん、おとうさんに
「そんなことあるよねー」と共感していただければ、
そして、たまには「元気になったー!」と思って
いただければ、幸いです。

●メルマガを書こうと思ったきっかけ
 小児科で診察をイヤがって大泣きする2歳の息子に
 「ゴメン、ゴメン、悪いところがないかなぁ、
  ってみるだけだよー」
 と焦りながらなだめる私に先生が言ってくださった
 ↓の言葉。

 「なんで、謝っているの?
  親として子どものためにしていることだから、
  謝るのはおかしい」

 当たり前のことだったのに目からウロコ。
 思えば、子どもを産んでからというもの、
 冷静に客観的に、温かいアドバイスをくれる人って
 身近にいなかったなー
 こういった温かいアドバイスを共有できたら、

  私のように子育てに悩み、戸惑い、落ち込んでいる

 おかあさん、おとうさんに何かしら励みになるかも!
 と思ったのがきっかけです。

 あのときなんであんな叱り方しちゃったんだろう、
 失敗したなー、
 と落ち込んでしまっても過去は過去!
 子育てに正解はない。時間はどんどん過ぎていきますよー
 (↑と書きながら自分に言い聞かせる)
 子どもと過ごせる貴重な時間(いま)を大切にしたい
 ですね。

●息子(りょうちゃん/男)について
 2014年6月に49.6cm、3,005gという、ごく標準サイズ
 で生まれ、その後も教科書のように標準的な成長過程を
 経て、今日まで特に大きな病気をすることもなく、
 元気に育っています。
 ごく普通のやんちゃ坊主です。

さあ、今日も一日笑っていきましょう♪

ε = ε = ε = <今日の連絡事項> = ε = ε = ε
10月13日(りょうちゃん、1歳3ヶ月)

11日(土)は叔父さんの結婚式でクルージング。
頭上を羽田空港に着陸する飛行機が!
船内の窓からは、大小さまざまな船の往来や
カモメの飛ぶ姿に釘付け。
久々に会った、従兄弟のお兄ちゃん(9歳、5歳)
にいっぱい遊んでもらいました。
連休中も変わりなく、よく食べ、よく遊び、よく
寝ました。
目やにが出ているので、眼科に連れて行きます。

ε = ε = ε = ε = ε = ε = ε = ε ┌(; ̄◇ ̄)┘

普段ほとんど会うことのない、従兄弟の兄ちゃんたちが
遊んでくれました。
上記9歳、5歳(いずれも当時)の従兄弟のお兄ちゃん
たちは小さな子の面倒を見たいお年頃?…笑

義理の姉が

 9歳男子 → 言うこと聞かない5歳男子よりも黙って
        付いてきてくれる1歳児はかわいい…
 5歳男子 → 放棄園の同級生が弟、妹のお世話をして
        いるのを見て羨ましい…

と言っていたように記憶しています。
とにかく、遊び相手をしてくれて嬉しかったです…(^-^)

歳が離れすぎているので、挨拶してタッチするくらいが
お互いに関の山かな?と思ったのですが、男子も小さい
子には優しいんですねー!

我が息子ももう少し大きくなったら、

『赤ちゃんの面倒を見たい!』

なんて言う日が来るのでしょうか。

<編集後記 ( ^_^)/~~~>

少し前の話題で恐縮ですが…
10月4日(水)は「十五夜」でしたね。
皆さまはご覧になられましたか?

私の住む地方は曇りがちでしたが、雲の切れ間から
まん丸でカステラのように明るいお月様が見え隠れ
していました。

息子のクラスでは、お部屋にお月様の絵とお供え物
(紙粘土製のお団子)が飾ってありました。
9月の下旬くらいは、お月見を題材にした絵本を読
んでいたようで、保育園の帰りに息子は

『おとうさんとお月見お供えするの!』

と得意げにお話ししてくれました。
よくよく聞いていると…

 月にウサギが入りこんでしまって、
 お供えのお団子には幽霊が入っていて、
 そのお団子を食べると、中から幽霊が出てくる

らしい…笑
後日、先生にこの話をすると「ウサギが月に入り込む」
のも「お供えのお団子に幽霊が入っている」のも絵本
のお話だそうで、それぞれ別の絵本のお話だそうです。

最近、3歳の息子の話を聞いていると、物語と現実の
狭間で生きている感じが面白くて

『その世界観に入りたい』

と思うことが多いですね。
正直、『成長が惜しい!』と思ってしまいます。

(義理の両親に怒られてしまうかも…笑)

それでは、今日もおもしろいことが起きますように…☆

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2017-03-19  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。