投資

月光為替のマーケットよもやま話

ブログでは書けない、書かない、相場観や銘柄選定手順、AIの話やヘッジファンドの中の人だから話せる業界事情、はたまたプライベートな話やおすすめのうまい店紹介など、ヘッジファンドの現役ポートフォリオマネージャーのよもやま話を週刊でお届け。配信は毎週日曜日。

全て表示する >

息抜き回〜おススメレストラン紹介2

2017/05/21

さて、今週はまた久しぶりの息抜き回ということで、俺の趣味の食べ歩きについて話そうと思う。

コメント欄にて、ファッションも語ってくださいという問い合わせがあったのだが、申し訳ない、俺はファッションはダメなんです。

体型がコロコロしているので、生地感以外は特にこだわりがなく、語れるものがないので、残念ながらレストラン紹介のみとさせてください。





さて、食べ歩き回第2回を飾るのは、現在中目黒にある「鮨 尚充」という鮨屋だ。

ここは、一年前くらいから通い始めたのだが、とにかく毎回素晴らしい発見がある。

俺が良くいく寿司屋は、すし匠系列店なのだが、音楽で言うと、オーケストラを聞いているような食後感。

対してこの尚充は、音楽で言うと、毎回しびれるへヴィメタルを聞かされているような食後感なのだ。

ちょっと意味不明かもしれないが、つまり、一連のコースのまとまりとしては、すし匠系列店に軍配が上がるが、一つ一つの握りの爆発力においては、この店は相当なレベルに仕上がっているということ。


一尾一万円のアジや、種類豊富なウニ、迷い鰹など、一度食べたら忘れることができない強烈なインパクトを残す食材を、必ず行くたびに出してくれる。

そういう意味で、新たなる美味に出会える、そんな楽しさを持った鮨屋だと言えるわけだ。



そして、実はもう一つ、俗的なお勧めポイントがある。

この鮨屋はよく月曜に、大阪から上京してくる高校の時の同級生と伺うことが多いのだが、曜日柄なのか、店柄なのか、芸能人が多い。

基本的にテレビをあんまりみないし、芸能人が好きでもないので、普通の芸能人だったらどうでもよいのだが、さすがに男なので、今を時めく若手女優なんかが隣にいると、鮨まで旨くなるってなもんだ。


大御所から若手まで、二回に一回は誰かしらがいるので、東京で一番芸能人と会いやすいレストランではないかと勝手に思っている。(カウンターなので同じ空間にいるというのがポイント)


まぁ、後半のおススメポイントは少し趣旨から外れるが、それを差し引いても素晴らしい鮨を出す気鋭の鮨屋だ。予約もまぁ1ヶ月後には入るので(今の所)、機会があったら行ってみてほしい。


ということで、今週は息抜き回で終了。また次回から濃ゆい話題を提供できればと思う。

では、また次週もお楽しみに。




後、これは切なるお願いなのですが、ブログランキングをぽちっとお願い致します。
ここから→http://kawasegekko.com/

なんだかんだブログ等、情報発信の分かりやすい対価としてこれでやる気が変わりますので。
あんまり、怪しい感じのブログとかに負けてると、なんかやっててもあんまり意味ないのかなと思ったりするので、是非にお願い致します!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2017-03-09  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/05/21

    都内に行くときは予約していきたいと思います!