哲学・心理学

アドラー流で生きる【週刊きらきらひかる】

アドラー流で生きる安西光のブログ【きらきらひかる】http://kirahika.hatenablog.com/

アドラー心理学や男性脳女性脳の違い、人生や生き方、考え方などを週刊で発信いたします。



全て表示する >

【週刊きらきらひかる】もらうと同時に、喜びを与える

2017/03/14

こんにちは、光です(^^)


最近友人たちから「メルマガやれば?」と言われたので
物は試しと思い、始めてみることにしました。


興味を持って登録してくださった方々はありがとうございますm(_ _)m


何事も経験です。
やる前から「ダメだ、できない」と決めつけてはいけませんね(^^)


ブログでは結構自由に自分の書きたいことを書かせてもらっていますが、
メルマガでは日常の出来事や感じたこととアドラー心理学や男性脳女性脳の違いを絡めて、
紹介できていけたらいいなぁと思っています。



皆さん、今後共よろしくお願いしますね♪





 今回のテーマ:もらうと同時に、喜びを与える
└─────────────────────────────┘

3月14日はホワイトデーですね(^^)


ホワイトデー前の休日になると新宿伊勢丹はホワイトデーのお返しを購入する男性で溢れかえります。
西口にあるGODIVAも大行列で毎回すごいなぁと感心します。



毎年こういう光景を見かけるたびに「やっぱり男って優しいなぁ」と心から思います。



忙しい中、疲れているのに女性のために大行列に並んでくれているのですから。
忘れずにちゃんと考えているし、時間を捧げているわけです。




「これくらいやって当たり前」と思っている女性もいるけれど、
相手の背景を考えたらそんな考えにはなれません。



「これくらいやって当たり前」と言っていいのはやっている本人だけですね。




男性は大切にしている女性の喜んでいる姿を見るのが大好きです。
だから、喜んで買ってくれるのが男性の本来の姿なんですよ。



もし彼氏や旦那さまが与えてくれない場合は彼女や奥さまが
「感謝がない」「喜ぶ姿を見せない」などが原因かもしれません。



お返しをもらったときは当たり前だと思わずに、男性の優しさを感じ、
稼いだお金を女性にかけてくれることに感謝をして、喜んだ姿を見せてあげてくださいね♪





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◇◆ぴかりんの今回の一言◆◇

SNSで切った切られたの報告をする時点でまだまだお子ちゃま。
自分の心の中で処理ができなかったと報告しているようなものです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【講座案内】
『アドラー心理学ELM勇気づけ勉強会』第2期募集中!

アドラー心理学を基にした体験学習講座です。
アドラー心理学の特徴である、対人関係に有効な「勇気づけ(困難を克服する活力)を学べます。

↓詳細・お申し込みはこちらをお読みください
http://kirahika.hatenablog.com/entry/2017/01/26/031321

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

『男性脳女性脳の違いを知るスクール』

この講座では男女の性質(男性脳女性脳)の違いを知って、対人関係にいかせる知識を学べます。 

2017年3月25日(土)15:00〜17:00 場所:新宿

↓詳細・お申し込みはこちらをお読みください
http://kirahika.hatenablog.com/entry/2017/02/28/142838

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

個別カウンセリング&ライフスタイル調査も行っております!

↓詳細・お申し込みはこちらをお読みください
http://kirahika.hatenablog.com/entry/2013/01/24/000000_1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2017-03-09  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。