「措置入院」精神病棟の日々(54)

2017/07/13

================
「措置入院」精神病棟の日々(54)
================
“シーチン”修一 2.0

7/13、今日も暑い。10日ぶりの原稿だが、クーラーをかけて上半身裸で寝ることを繰り返していたら徐々に体調が悪くなり、11日までの3日間は体を横たえるのも苦痛だった。体力、気力が衰え、「儚くなりそう・・・老化とはこういうことか」などと思っていたが、夏風邪だった。Kにもらった「ロキソプロフェン」がよく効いた。

12日は6歳男児が喉の痛みから食欲がなく、小生が預かったが、「体調が悪いから・・・」なんて言っていられない。皇軍兵士のように、ここは吶喊するしかないのだ。

フラフラしながらコンビニでパワーになりそうな菓子類を求め、家の中をあちこち“発掘”して発見した薬「カロナール」で男児はどうにか元気になった。(処方薬の残りを活用するのは薬事法に触れるかもしれないが・・・)今日も男児の面倒を見ており、「散歩に行きたい」というが、外はオーブン状態だからちょっと無理だろう。

この間に誕生パーティも2回あったり、暴風雨対策をしたり。損保から70〜80万円ほどの保険金が出るので1F店舗の天井・壁・床の修復に充てられそう。損保の調査を前に約款を4行読んだだけで小生の脳ミソはダウンしたが・・・いずこの業界の約款もチンプンカンプン。どうにかしてもらいたいね。

3Fに1m×4mの庇(ひさし)設置工事も始めたが、これは脳ミソと筋肉の両方を激しく使うからとても面白い。1Fと3Fの倉庫に死蔵されていた材料を活用するので金はかからないし、倉庫は片付くし、材料どもは「第二の人生だ」と喜んでいるし、暮らしは快適になり、小生の脳ミソも正常化されそうだから五重マルだ。ま、筋肉は増えているようだが、足腰の痛みが改善しないのだが・・・

面白いと言えば、先日の午前2時にトイレに行くと、2FのLDKをなんとツバメが飛んでいた。最初はコウモリかスズメかと思ったが、スイスイ飛んでいるから近所のツバメ以外にない。家で唯一窓が開いているのは3F階段踊り場の30センチだけで、そこから出入りしたのだろう。巣作りの場所を探していたのかもしれない。“鳥目”と言うが、ほとんどの鳥は夜に活動をあまりしないだけで“鳥目”ではないそうだ。夕べは真夜中にハトが飛んでいたっけ。

今やスズメのお宿のような3F隔離室は英国風ガーデニングで緑もたっぷり。「雀庵」(じゃくあん)と名付けよう。多動老人“発狂亭雀庵”の病棟日記から。

【2016/12/10】(承前)*“コンチャン”がベッドサイドに飾っていた白黒写真が床に落ちていた。キャンプ場だろう、テントをバックにニコニコしている父親と、中学生くらいの“コンチャン”が写っているが、“コンチャン”はあらぬ方向を向いている。少しもじっとしていられない多動児だったのだろうが、60歳ほどになっても終日2F病棟をうろつきまわり、飽きるとベッドで寝ている。なんという人生なのだろう、現実は呵責だ。

*14:00“ゼッキョー”がホールで毎度おなじみの絶叫。まったく「薬効むなしく」改善しない。みんな慣れてしまって知らんぷり。ナースのいじわる“ジャイコ”が情け容赦なく部屋に連行した。

*14:30、Dr.面接、娘たちの思いを伝えた。体はさらに健康に向かっており、γ-GTも正常値に戻った。強制的な措置入院ではあるが、治療で命を拾ったことになる。その命をどう使うか。佐吉主義で喜々として報恩に努めるのか、天下国家を論じながら些事である己の生き方、死に方をも考えていかなくてはならない。

「智に働けば角が立つ、情に棹差せば流される、兎角この世は面倒だ」。まったくそのとおりだが、悟道解脱すれば坦々と清水のごとく、あるいは古木のごとく、ごく自然に生きていけるのだろうか。

それは達観なのか、それとも諦観なのか?

何しろ年輪を重ねたところで「老いはいつでも初舞台」、初心者マークを付けて初めてオフロードを走るようなもので、NAVIもありはしない。手探り、試行錯誤で行くしかない。さんざ心配、迷惑をかけてきたのだから、それに報いることなく今さら人生ゲームから降りるわけにはいかない。人生はまったく厄介だ。

輪廻転生があるのならば二度と人には生まれたくない、セミで結構。人間以外ならミミズでもいいや。

16:00、ナースの“シュゴー”来。30年前は酒が切れるとグラスを持てないほどに震えた、アル中一歩前だったという。「明日から薬は自己管理になりますよ。一歩前進だね」。彼女は小生のファンである。

カウンセラーの“ピーコック”も同意していたが、老いた小生はひ弱な感じで、「放っておけない」と母性本能を刺激するようである。これが逆に小生の大嫌いな「干渉」を招くのだろうか。(つづく)2017/7/13










規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2017-02-04  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。