政治・経済

必殺クロスカウンター! 政治・経済・社会

政治・経済・社会などについての徒然草

全て表示する >

「措置入院」精神病棟の日々(22)

2017/04/03

「措置入院」精神病棟の日々(22)
“シーチン”修一 2.0

4/2(日)朝、散歩に出かけたら桜が六分咲きになっていた。ここ2日間ほど氷雨が続いたので開花はしないだろうと思っていたから、うれしい誤算だった。

結構な人出で、町会の甘酒サービスや農協の花市場、お囃子連による笛太鼓なども花見を盛り上げ、飲食店やコンビニなどの食品店は店頭にビールなどの飲み物や鶏唐揚げなどのつまみを並べている。ああ、雨天順延で今日が街の「桜祭り」なのだ。

花見客は年々お行儀がよくなっている。ブルーシートを敷くにも、いつの間にか暗黙のルールができたようで、歩行者の邪魔にならないように配慮している。日本はいい国だ。

小生のような現役バリバリのキチ○イもしっかり保護され、高額医療費の還付はあるし、医療費の本人負担はナント1割に下がった。喜ぶべきか、悲しむべきか・・・支える人から支えられる人になったのだ。

(理性的に考えれば皆そうなるものなのだが・・・そうなってから皆「まさか!?」と愕然とする。体験しないと分からないことばかりで、死んでからも死を受け入れられないで迷う霊魂は少なくないようだ)

小生など“社会のお荷物”ばかりの集う病棟日記から。

【2016/11/17】ホールでシコシコ日記を書いていたら、これからOT(作業療法)に出かける40歳ほどの女性が「書くのがお好きなんですねえ」と声をかけてきた。

「はい、趣味です。一日中書いています。でもカミサンとはほとんど話さないので、意思の疎通に欠けてしまいます。ですからボクのOTの目標は、『人付き合いの練習をする』です。今、おしゃべりを訓練中です」

こう答えたものの、饒舌、滑舌になったら俺が俺でなくなりそうだ。

10:30〜11:10、「心理検査」。アルツハイマーとか呆けの検査のようだ。単純な内容だが、慣れていないので疲れる。14:00、Dr.来、検査結果は「まったく問題なし」とのこと。明日はナント2時間の心理検査がある。何をするのだろう。

読書で感動した個所を筆写するが、コピーがあれば10分で済むところを1週間もかかってしまった。その分、熟読できたから、「ま、良しとしよう」と思うものの、いかにも生産性が低すぎる。

15:45〜16:30、カウンセラーの“ピーコック”による「心理面接」。Dr.同様、「断酒するしかない」と言い、ナース2人も「断酒して悪いことは一つもない」と追撃してくる。

「お、お、俺の楽しみは何なんだ、どうしてくれる!」と叫びたいが、いかんせん多勢に無勢、孤立無援だ。「世界の片隅で飲酒を叫ぶ」・・・ついに我は屈するのか。悩ましいことこの上ない。

ホールでは40代の男3人がAKB48のカタログを見ながらアーダコーダと品評会をしていた。まるで花魁の品定めみたい。反社会的なキチ○イの小生が言う資格はないが、ほとんど中2レベル。多くの仕事は中卒、あるいは必要に応じて「+専門学校 or 職業訓練所」でいいのではないか。

【11/18】10:15〜12:05、心理検査でぐったり。理系というか算数の問題を口頭で言われ、暗算で答えるのはとても苦手、苦労した。鉛筆と紙があればさっさと解答できるのだが、メモリーが劣化しているのでどうしようもない。

憔悴しきってホールへ戻るとカミサンが待っていた。お菓子の差し入れなど。ひも付きのスニーカーはひもで自殺しかねないから差し入れ不可だったという。

小生の経験では、首を吊るための素材はタオルなど軟らかいものを選ぶべきだ。まったく痛みを感じることなくスーッと気が遠くなる。万一、運悪く(運良く?)早期に発見され、蘇生した場合、タオルでさえ喉が痛んで出血し、1週間はまともにはしゃべられないのだが、ひものような細いものだと回復までに数週間はかかるだろう。

生き恥をさらさないように手引する「終活・自死・安楽死コンサルタント」という仕事は必要ではないか。藩にもよるのだろうが、武士は子供の頃から切腹の作法を教えられたという。しっかり学んでいないと腸がドバっとはみ出して現場はとても汚くなるという目撃レポートを読んだことがある。

練炭を囲んで「みんなで渡れば怖くない」というのも、なんか邪道だし、硫化水素も他者に迷惑をかけるから格好よくない。まあ、首吊りも失禁するから・・・美しく死ぬのはなかなか難しい。「大義に殉じる」など美しく散りたいが、なかなかそういう機会はあるものではないし。凡夫は病院ベッドで死ぬしかないか。

明日はDr.面談なので、資料として「男は辛いよ(2)男は黙って諦める」を作成した。(つづく)2017/4/3






規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2017-02-04  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。