トップ > マネー・政治・経済 > 政治・経済 > 必殺クロスカウンター! 政治・経済・社会

政治・経済・社会などについての徒然草

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



「措置入院」精神病棟の日々(11)

発行日:3/3

「措置入院」精神病棟の日々(11)
“シーチン”修一 2.0

3/1は、12人きょうだいだった父の一番下の妹、小生の叔母さんを訪ねた。2月上旬に連れ合いが84歳で亡くなったが、小生は退院直後で調子が悪いし、カミサンはインフルエンザで4日間寝込むという状態だったので葬儀に参列できず(次女が代行)、昨日、花束を持って線香をあげてきたのだ。

小生が小さいころ、母が入院中に当時独身だった叔母さんはわが家の家事をこなしてくれ、その上に小生も体調を崩して入院したから、叔母さんにはずいぶん世話になったので、せめて仏壇に手を合わせたいと思い続けていた。「やるべきことはやらないと」という
焦燥感が募っていた。

大物政治家が以前「長生きしたければ義理を欠け」と言ったそうだが、葬儀出席は一仕事だ。特に告別式は「お骨上げ」「初七日」まで参加すると往復を含めてほぼ一日かかってしまうので、真面目に義理を果たしていたら命を擦り減らすことは間違いない。

小生は体力が落ちているから、姉3人の葬儀には立ち会えそうもなく、義理を果たすどころか、多分、小生の方が早く逝きそうで、姉3人を煩わせることになるかもしれない。病棟日記から。

【2016/11/12】外出許可のある人はドアの開閉時間に合わせて1日に10回、外出できる。1回の時間は15分、30分、40分、70分、90分、180分だ。病院から徒歩7分でセブンイレブン、30分でクリエイト(ドラッグなど)があり、多くの患者はそこで買い物をする。女はタバコ、菓子、ティーバッグ、フリカケなど、男はタバコ、清涼飲料などが多いようである。

外出許可のある人は朝食と昼食の後、庭の喫煙所で「紫煙をくゆらす」(死語だな)。タバコなしでは生きていけない人々だ。甘味についても、欲しい気持ちは分かるが、健康管理上どうなのかという感じはする。

「外出先で酒を飲む人もいるんじゃない? 発覚したら追放するの?」とナースに聞いたら、「追放はしないけれど外出許可は取り消しになるわね」。

患者のほとんどは職員に対して驚くほど素直である。ギャーギャーやろうものなら3Fの拘束地獄行きだからだろう。外出先からレジ袋を持って帰った患者はナースステーションでチェックされる、「危険物はない?」と。

危険物には爪切りや先が丸くなっている小さな鼻毛鋏、ベルト、靴ひもも含まれるし、治療上の障害となる携帯電話、DVDプレーヤー、ゲーム機、パソコン、カメラも持ち込み禁止。携帯ラヂオはOKだ。

患者はいろいろで、人間関係が上手く結べない人、子供のような人、知的障害がある人、パニック症、統合失調症・・・中には「この人、病気なの?」という患者もいるが、小生のように「人生はバクハツだーっ!」といつ発狂するか分からない人もいる。

日本陸軍の基礎を築いたとされるものの人気がなかった山縣有朋(国葬でも寂しいほどだったという)は一時期「狂介」と名乗っていたが、「狂」には「理想が高く、どんどん進む」という意味もある(論語「狂者進取」)。

松陰先生は「二十一回猛子」を唱え、「我が名は寅、寅は虎に属す。虎の特は猛なり」と書いているが、憂国の士として21回命懸けで猛々しく発奮する、という意味だろう。小生の場合は酒乱で大暴れで、同じような「狂」ではあるが、月とスッポン、似て非なる狂である。

「狂者進取」の松陰先生、「大虎発狂」の小生・・・どこでボタンを掛け違えたのか。

母はよく「成せばなる 成さねばならぬ 何事も 成らぬは人の 成さぬ成けり」(上杉鷹山・出羽国米沢藩第9代藩主)と言っていたもので、努力すれば実るということだろう。宗教家も多分似たようなことを言うようだが、国文学者で作家の物集高量(もずめ たかかず)が百歳の頃、小生の女友達は時々、物集を見舞ったが、「とても意気軒昂、でもおしっこ臭かった」と言っていた。

この百歳翁・物集とキリスト教神父との対談は面白かった。物集はこう言うのだ。

「人の運命は運が9割、努力が1割。あんたが砂漠のど真ん中で生まれたら、どう努力しても食うだけで精いっぱいだ」

神も仏もありゃあしない、信仰で救われるなんぞ戯言だというわけだ。

一生を牧童で終わる・・・それが幸福か不幸かは本人が判断することだが、快適とは程遠い「厳しい暮らし」ではないか。安全、安心、教育、医療、年金、生活保護・・・すべてない。近代や中世以前の古代の世界だ。

先進国やG20の国々の人々は「贅沢は望まないけれど、そこそこ快適な暮らし」でないと生きていけない。先人が営々と基盤を造ってきてくれたおかげである。そういう国で生まれた我々は運が良かったのだ。

ないないづくしの砂漠で生まれた人々が、もし「快適な暮らし」を求めるのであれば「快適な地」へ移住するしかない。中東やアフリカの民にとって、それはEUなのだろう。

「大虎発狂」というボタンの掛け違いは些事だが、天から見離されたようなところが生誕地というのは絶望的な不運だろう。「EUへ行って生活保護をもらおう!」、これからも命懸けの大事、民族大移動が進むのだろう。そもそもEU自体がボタンの掛け違いのような気がする。(つづく)2017/3/3






最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    5701人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  2. ASTRO Sci-Tech NEWS

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    59人

    宇宙・航空・先端研究・最新技術など、世界中から夢ある科学技術ニュースを分かり易く解説します!!  中高生からオタクまで、幅広く楽しんで下さい!

  3. Windows8 テクニックを身に付けよう!

    最終発行日:
    2017/05/27
    読者数:
    145人

    Windows8が発売されましたが、今までのOSと違う所が多く、戸惑っている方が多いようです。マスターするテクニックを紹介します。是非活用ください。

  4. (日刊)ラッセルの言葉366_カレンダー版

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    35人

    英国の哲学者バートランド・ラッセル(Bertrand Russell, 1872- 1970)の名言・警句を毎朝お届けするメルマガです。 読者と一緒に育てていきたいと思っています.

  5. 今日読む聖書のみことば

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    15人

    聖書を読破したい方のために一年で終えるコースを案内しています。私がデボーション用に読んでいる、尾山令二氏の「聖書の講解」もシェアしています。全876ページあり、聖書をじっくり理解したい方にお勧めです。

発行者プロフィール

クロスカウンター

クロスカウンター

過去の発行記事