トップ > マネー・政治・経済 > 政治・経済 > 必殺クロスカウンター! 政治・経済・社会


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



「措置入院」精神病棟の日々(3)

発行日:2/23

「措置入院」精神病棟の日々(3)
“シーチン”修一 2.0

そもそも「措置入院」とは何か。「精神保健福祉法の知識」から引用する。

<措置入院とは、患者本人に対して行政が命令して入院させるものです。これは精神疾患のために「自傷他害の恐れ」、つまり自分自身を傷つけたり、他人を傷つけたり、何らかの迷惑・犯罪行為をする可能性が高い場合に、行政が患者に命令して、行政措置として入院を強制するものです。

病院と入院契約を交わすのは、患者本人でも家族でもなく、行政です。しかもこれは強制的な命令であって、患者本人の意志も、家族の意志も、関係ありません。

このような極めて強制力の強い入院であるために、その条件はかなり厳しく、実際上は何らかの犯罪行為、違法行為を犯して警察ざたになった場合が多くなります。

行政が患者を病院に連れてくるという行動に出る前に、「通報」が必要なのですが、それは以下の3つの場合があります:

・一般市民による通報(23条)
・警察官による通報(24条)
・検察による通報(25条)

いずれの場合でも、関わった人が「どうも精神疾患がありそうだし、危ない、このままだと自傷行為や他害行為をしそうだ!」と判断したときに、通報するということになります。

要約すると、措置入院は以下の条件があるときに成立します:

・精神疾患があって、そのために自傷行為や他害行為をしてしまったか、あるいは今後する危険がかなり高い。

・保護した警察官、検察、一般市民などからの通報があって行政が動き患者を病院に連れてくるに至る。

・精神保健指定医2名が診察し、2人そろって「精神疾患があり、そのために自傷他害の危険性が高い」と診断される。

・その診察結果を受けて都道府県知事あるいは政令指定都市市長が行政措置として入院を命令する。

措置入院は、上記のような非常に厳しい条件で、自己や他人に危険性のある場合に保護・収容する目的でなされるものでもあるために、それ以外の入院とは違い、基本的に入院中の外出や外泊は大きく制限されます。つまり、相当な医療的保護監視のもとではないと、病院外に出ることさえできないのです。また医療保護入院と同様に、場合によっては隔離・拘束などの行動制限を使用することもありますが、これも医療保護入院の場合と同様な一定のルールのもとで実施することになります>

小生の場合は、自傷行為と器物破損、家族への威嚇により家族からの110番通報で「保護」されたが、警察から川崎市へ連絡が行き、翌日には川崎市長・精神保健福祉センターから「措置入院が必要であるかどうかを判断するため○○病院に移送します」との知らせがあり、翌日の夕刻に○○病院で診察を受け、病名「双極性感情障害」、症状「粗暴行為による通報、緊急措置入院」として精神科急性期病棟3Fで身体拘束された。

身体拘束の理由は、「自殺企画または自傷行為が著しく切迫している」、「多動または不穏が顕著(徘徊、器物破損など、迷惑行為)だった。

身体拘束は想像をはるかに上回る厳しさだった。Salvafixという海外メーカーの製品で、以下のようなことになる。↓
http://www.medicpro.co.jp/salvafix.html

尿はチューブ、便はオムツで、食事の時は手の拘束ははずされるが、腰はベッドに固定されているのでとても苦しい。食事の時以外は天井をにらんで横臥しているだけだから、腰は痛いし足はつるはで、ほとんど懲罰、拷問の類。

4日目には「身体拘束されると、病気が治っても社会復帰はできないよ、腰がやられるからね、歩行困難になる」と誰かから言われた(と思っているのだが、幽明界をさまよっている時期なので妄想あるいは夢かもしれない)。

このため「このまま入院していたら病気が治るどころか壊れてしまう」と思い込み、手足の拘束が解除され、腰ベルトだけになった5日目に締め付けを緩める工作をし、痩せた体をどうにかベルトから解放し、逃げ出そうとしたが、いかんせん、尿チューブが邪魔で部屋を出られない。

仕方がない、と尿チューブを力任せに引っこ抜き、廊下に出たものの、外へ通じるドアはすべて施錠されており、どうにもエクソダス(脱出)できずにウロウロしているところを40歳前後の男性看護師“オーヘイ(横柄)”に見つかり、後ろから羽交い絞めにされ、ベッドに叩きつけられた。この際に左手小指の筋を傷めたのだろう、3か月間機能不全になった。

“オーヘイ”は45歳ほどで、とにかく横柄である。自尊心の強い男はキャリアとともにそれなりの地位につけないと不満が募り、八つ当たりしがちだ。社会に奉仕するのが社会人だが、社会が自分に報いるべきだと“オーヘイ”は思っているのだろう。患者に寄り添うなんて考えもしないで、「俺は絶対的存在だ、他者は俺の意に従え、逆らう奴は許さない」というタイプである。

“オーヘイ”により小生は、老人を殺す介護士がいることを理解できた(どいうわけか川崎市でよく発生するが、本来は職工になる人が製造業の衰退で職が少なくなり、介護職に就いているためかもしれない)。老人は彼ら不平人の憂さ晴らしの恰好のターゲットなのだ。

そのエクソダス未遂事件はあっという間に看護師の話題になり、血だらけになった小生のオムツを見た看護師からは「拘束の上に尿チューブはやり過ぎだ」との同情も呼んだようで、翌日、小生はナースステーション脇のマウンテンビューのデラックス個室に移され、部屋から出ることは禁止されたが身体拘束は解除された。“脱獄”しかねない要注意人物として監視しやすくされたわけだ。

8日目には入院後初めてのDr.面談後、風呂にも入れるようになった。(つづく)2017/2/23

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    5701人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  2. ASTRO Sci-Tech NEWS

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    59人

    宇宙・航空・先端研究・最新技術など、世界中から夢ある科学技術ニュースを分かり易く解説します!!  中高生からオタクまで、幅広く楽しんで下さい!

  3. Windows8 テクニックを身に付けよう!

    最終発行日:
    2017/05/27
    読者数:
    145人

    Windows8が発売されましたが、今までのOSと違う所が多く、戸惑っている方が多いようです。マスターするテクニックを紹介します。是非活用ください。

  4. (日刊)ラッセルの言葉366_カレンダー版

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    35人

    英国の哲学者バートランド・ラッセル(Bertrand Russell, 1872- 1970)の名言・警句を毎朝お届けするメルマガです。 読者と一緒に育てていきたいと思っています.

  5. 今日読む聖書のみことば

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    15人

    聖書を読破したい方のために一年で終えるコースを案内しています。私がデボーション用に読んでいる、尾山令二氏の「聖書の講解」もシェアしています。全876ページあり、聖書をじっくり理解したい方にお勧めです。