占い

月よ月よのお話

新月と満月に合わせて、星の配置と生活のヒントをご紹介。発行は、新月と満月の前日、およそ月2回です。届いた翌日には、何かが変わるかも?

全て表示する >

2018年7月新月

2018/07/12

新月のお話でございますが、まずはこの場をお借りしまして、この度の豪雨災害で被害に遭われた皆様に、心からのお見舞いを申し上げます。
亡くなられた方のご冥福をお祈りいたしますとともに、一日も早く、安否不明の方の消息がわかりますようにお祈りもうしあげます。
また、未だ激しい雨が断続的に降る地域、雨が上がっても土砂崩れの危険のある地域など、心配がまだまだ続きますが、どうか皆様引き続き、お気をつけてお過ごしくださいませ。
一日も早く、状況がよくなり、落ち着きを取り戻されますように。


では、新月のお話にまいりたいと思います。
7月13日午前11時49分、巨蟹宮20度41分の新月、日蝕です。
ドラゴンヘッドは獅子宮にいて、新月ととても近いため、日蝕が起こります。
新月は正午間近、天頂付近で起こりますが、日蝕のほうは日本からは観測できないようです。
観測はできなくとも、日蝕が起こるというだけでスペシャルなのです。
さらに、この新月は磨羯宮の冥王星とオポジション。
このオポジションはとてもタイトで、MCとICの軸に乗っています。
冥王星がIC近くにいると、とても苦しい状況に出会いそうです。
生き方が大きく変わるような状況です。
けれどこの新月は、その足元の崩れた場所から空を見上げた時に、その遠い空のはるか向こうに、目指すべき新しい目標をみはるかすことができるのです。
怖がることはありません。
何もかもが崩れ去っても、あなたにはやるべきことがあります。
あなたを待っている人がいるのです。
もちろん、打ちひしがれて、疲れ切って、あるいは燃え尽きて、前に進むことはおろか、立ち上がることさえつらいかもしれません。
しかし、いつか立ち上がり、前に進むのだという気持ちさえあれば、時間をかけてじっくりと、あるいは、何かに動かされてとんとん拍子に、あなたは前進することになるのです。
閉じた瞼をそっと開けるだけでも大きなスタートなのです。
今、絶望の淵に立つ方もいらっしゃると思います。
胸張り裂ける状態の方もいらっしゃると思います。
そんな中で、言葉というもののなんと頼りないことかと思ってしまいます。
それでも、「あなたの周りの多くの人が、あなたの力になりたいと思っていますよ」と、お伝えしたいのです。
この新月が、あなたの生きる力を支えてくれますように。
共に支えあう力を与えてくれますように。
そして、希望の新月となりますように。

詳しい星の配置は下記のブログにお越しくださいませ。
https://blogs.yahoo.co.jp/irisacion7/34414313.html

ありがとうございます。


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2016-12-13  
最終発行日:  
発行周期:新月と満月の前日、月およそ2回  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。