出産・育児

〜笑顔で子育て〜RyU先生の子育て手帳

育児にがんばるママパパに、男性保育士RyU先生から、”楽しく”、”気楽に”、”肩肘張らずに”子育てができるコツを配信します。
ブログにも掲載記事にもない、子育てに真剣で、ちょっぴりがんばり過ぎているかもしれないあなたに贈ります。

全て表示する >

子育て手帳vol.1〜怒ってはいけない、子どもは叱る〜

2016/12/23


【怒るのは心が揺さぶられた悪い伝え方。子どもには口で伝え叱るようにする】

子どもが何か悪いことをして、注意をしなければならない瞬間は必ずあります。

そんな時に良い保育者は、良いパパは良いママは
自分の心を一度沈めて、揺さぶられた心を、感情をそっと横に置いて、口で伝える余裕を持っているものです。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
バランスの乱れや気圧の変化による「つらい悩み」には
体に優しい女性のためのハーブサプリメント【ズキトール】
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NUTVE+2HWH4I+3JV2+5YZ77
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

子どもと関わる人みんなが意識したいこと。

子どもを叱るときには大人だってどうしても感情が揺さぶられてしまうことがあります。それは仕方のないことです。大人だって仏ではありませんから、怒ってしまうこともあります。

でも、頭ごなしに心のままに怒るのはダメ。

なぜなら、怒っている時というのは何かを伝えているのではなくて、自分の心に感情に目が向いてしまっている状態だから。

良い保育者は、良いパパは良いママというのはそんな時に、
自分の心を一度沈めて、揺さぶられた心を、感情をそっと横に置くことができるのです。

そうすると、感情のままの言葉は「しつけ」という優しさに包まれて、子どもが良い行動が取れるように導く事ができるようになるのです。

自分の感情ではなく、目の前に居る子どもに本当に目が向いていれば、「怒らずとも叱ることで伝えられる」のだということを大人は知っているはずだから。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
キャラクターケーキ、似顔絵ケーキ、写真ケーキなどを
はじめとするおすすめのデコレーションケーキなら
デコレーションケーキ.COM

大切な人の喜ぶ笑顔が見たいから
世界でたった一つのオリジナルケーキをお届け
  
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NUTVE+2XDQUQ+3G56+5YZ77 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2016-12-12  
最終発行日:  
発行周期:隔週)金曜日に定期配信  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。