名産

呉オリーブ&呉エゴマ

呉オリーブ&呉エゴマのメルマガです。

よろしくお願いします。

全て表示する >

フランスのプロバンス地方の−ラタトゥイユ−

2019/01/26

発行人の音戸オリーブ&呉エゴマ(とくたけ)です。
拙い文章でお見苦しいところがあるかも知れませんが、
よろしくお願いします。

■発行人おすすめコーナー
■編集後記

_________________________________

■発行人おすすめコーナー
_________________________________

発行人がおすすめのものを、毎日ピックアップしてご紹介していきます。

今日は「フランスのプロバンス地方の−ラタトゥイユ−」についてです。

≪材 料≫
玉ねぎ         1/2個                  ズッキーニ        2個
ピーマン          2個                  赤ピーマン        1個
トマト            2個                  オリーブオイル     200cc
塩              2つまみ               こしょう           少々
≪作り方≫
1. すべての野菜を、さいの目に切る。
2. お鍋に、オリーブオイルをひき、玉ねぎを5分中火で炒める。
3. ピーマン・赤ピーマンを入れ約15分中火で炒める。
4. ズッキーニ・トマトを入れ約15分中火で炒める。
5. 弱火で10分ほど煮込み、塩・こしょうで味を調えて出来上がり。
ここがポイント 使うオリーブオイルの種類
それぞれに味に個性がある夏野菜の煮込みには、辛味・苦味が強いオリーブオイルですが、
野菜と合わせると上手くまとめてくれます。
フランスのプロバンス地方が発祥の野菜料理
プロバンス地方ニースの野菜料理−ラタトゥイユ−(フランス語で「かき混ぜたごった煮」といった意味)
現地のレシピを再現してみたんですが、オリーブオイルの使用量には驚き
かなり、オイルっぽいとか、重たいのかと思ったら、以外や以外野菜のエキスも加わりあっさりと食べれます。
香草類をプラスすれば、また風味が広がると思います
白ワインとの相性も良く、パンに乗せてもだしソースにひたしながらでもいいかもしれないですね
コクを出したい場合は、ベーコンなどを一緒に煮込んでもOK

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2016-12-01  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。