日記・blog

ホワイトたぬこの『豊満日記』

★狸穴(まみあな)から見た人間社会。男と女の話★

全て表示する >

『豊満日記』2018年1月13日(土)の日記

2018/01/13

   『いいオンナって、いい匂い、するんすね』



(続)
『ここっすよ』

男が降りた場所は、小さな広場になっていて、闇に慣れてきた
目で顔をあげると、壮大な『湘南』の海と街並みが広がってい
た。

都会にはない大気の透明さのせいか、眼下のイルミネーション
が、宝石のように輝いて観える。
あたしは、思わず、感嘆の声をあげた。

『ここ、カミさんと付き合ってるときに、よく、来たんすよ』
『まぁ、そんときは景色なんか観てねぇで、クルマんなかでチ
チクリあっていたんですけどね・・。(笑)』

『姐さんに見せたくて・・』と、照れながら言った。

しばらく景色を眺めていると、いきなり、後ろから抱きすくめ
られた。
洋服が乱れるぐらいの強さだった。

あたしは、暴れなかった。されるままでいた。
下手に暴れたり、『イヤイヤ』すると、余計に扇情的に襲って
くる男が多かったから。

男は、耳元で、『いい匂いだなぁ、、』と呟いただけで、ゆっ
くり車内に戻っていった。
あたしも、そのまま黙って乗り、無事に自宅マンションへと送
ってもらった。

『いいオンナって、いい匂い、するんすね』

最後に、エレベーターに乗るときに、彼のほうを見ると、いつ
ものように頭を下げてはおらず、ただただ、じっと、あたしを
見つめていた。

翌月から、見知らぬ若い男が送ってくれた。
あの子は、カタギになったのだと安心した。

だが、実は、そうではなかった・・。
(続)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2016-10-06  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。