日記・blog

ホワイトたぬこの『豊満日記』

豊満たぬこのお色気満載のホンネ。男と女の話から愛すべきオヤジ&ジジイの習性、社会問題までエロく★

全て表示する >

『豊満日記』2017年1月12日(木)の日記(第二部)

2017/01/12

   『『ジジイ、黙れ』と言われてきたジジイらだ』


(続)
茨●県の有名企業の工場を退職し、いまは、その工場も海外へ移転して、シャッ
ター通りと化した商店街にいるオヤジらは、みんな、この企業のOBのようにも
見える。

そんなに人口もいないのに、『楽園』のように立派なビルへと立て替え工事をし
ようとする『役所』に、断固反対をする。
ここで、この土地で、静かに骨をうずめるつもりだった。
というか、若いやつらみたいに、新しい仕事や住まいを探す余力は残ってはいな
いのだ。

務めていたデカい工場がなくなるとは、夢にも思っていなかったはず。
そのまま、その一企業により活性化された町で、余生を送るつもりだった。
大した贅沢は出来なくても、それなりで良かったハズだ。

町は不景気になり、生活は不便になり、子供夫婦は孫とともに仕事を求めて都会
へ出て行ってしまった。
それでいて、このうえ役所の税金の無駄使いは許せないのだ。

地方の『予算』は、使わなければ、自然に減らされる。
税金の無駄使いをしないでいるほうが、地方は損だ。

だから、無理やりにでも使いこむ。
来年の『予算』を、そのまま、多めに経常してもらうために。

何かに向かって戦うのは、若者ではなく、オヤジやジジイだ。

少ない年金で、なんとか、これから死ぬまで細々と生きていこうとしていたジジ
イだ。
色々な文句を言うのを我慢してきたジジイだ。

『ジジイ、黙れ』と言われてきたジジイらだ。    

不安定な形状の、米国製のヘリコプターが飛来して来た時も、綺麗な海を汚す工
事をされたりする際も、かなり高濃度に汚染されたガレキを捨てる『処分場』が
出来ることに反対するのも年寄りが多い。

若いひとが人口的に少ないのかもしれない。
昼間は働いているだろうし、もしかすると、反対側に位置する、国から請け負う
企業や工事、業者に、携わっているせいもあり参加出来ないのかもしれない 
(続)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2016-10-06  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。