日記・blog

ホワイトたぬこの『豊満日記』

豊満たぬこのお色気満載のホンネ。男と女の話から愛すべきオヤジ&ジジイの習性、社会問題までエロく★

全て表示する >

『ホワイトたぬこ』10月7日(金)の日記

2016/10/07

あたしは、付き合う相手は歳の離れたオヤジが多かったので良く解る。
ベッドのうえでも、同じセリフばかり吐くのが特徴だった。

相変わらず、何年経っても、若いころは・・と始まる話に嫌気と殺意が沸く。

女は、歳を取っても、あまりグダグダと言わない。
見た目、目立つほど硬くなるモンもデカくなるモンもないから。

熟女になれば、若い女の身体とは違うことを若い男相手に気にはするが、相手
の男も、そんなことは最初からさらさら解りきっていることだ。

男は、自分の趣味・趣向が強いから、熟女がいいとか幼女がいいとか、それな
りに決めこんでいる。

だから、貴女の身体が垂れてるのも弛んでいるのも知って、誘ってはいる。 

男は、若い女だから、だけでは感じない。

自分の考えるところの“妄想”好みの女を抱きたい。

そして、何かのうさを晴らすために、ストレス発散のために、女を抱きたい。
安心したいがために、癒されたいがために、小心者を隠しているのを忘れるが
ために目の前の女を抱いたりしたい。
よほどでなければ、垂れてるとか弛んでいるとか気にしない。

オヤジは、過去には戻れない事実を認めるべきだ。
黙っていれば、まだカワイイのに。愛されるのに。

だいいち、今だかつて不可思議なのが、女がどうでもいいように思っているこ
とを気にするという点だ。

太さや硬さに頼らないではいられないもんか。
要は、“テク”の問題なのだから。
太さや長さよりは、角度。
角度よりは“テク”。

テク、だよ。テク!

だいいち、女は、沢山気持ちよくイカしてくれる男が好きであり、そういう男
とシタいだけだ。

ハッキリ言えば、好きなようにイケるのなら入れなくてもいい。
沢山舐めてくれる男が本当は好きだったりもする。

その女により、イけるヤりかたや場所は多少異なるかもしれないが、その願望
を、言わないでも察知して叶えてくれる、なおかつ、沢山シテくれる男とSE
Xがシタいだけなのだから、、、。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2016-10-06  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2016/10/07

    たぬこ様、メルマガの復活をとてもうれしく思っています。ありがとう。