資格

貿易・ビジネス英語 の サプリ

貿易実務検定試験や日商ビジネス英検を受験される方を対象に練習問題を提供します。

全て表示する >

貿易・ビジネス英語 の サプリ 2018/3/01

2018/03/01

                            
●○○○○○○○○○○○○○○●


【今朝書いたブログ記事です】

 H30年3月の曜日別 時間割
 http://schoolkizu.blog90.fc2.com/blog-entry-1870.html


【英語のブラッシュアップも!】

 英検準1級・TOEIC800レベル講座
 http://school-kizu.jp/800.html

 英検1級・TOEIC900レベル講座
 http://school-kizu.jp/900.html


○・・・・・・・・・・・・・・●

貿易・ビジネス英語 の サプリ

 【B級:総合3 &

  外為2級:海外進出支援業務】

        2018/3/01 発行

○・・・・・・・・・・・・・・●

こんにちは、

 発行人の木津隆夫です。

 もう、お昼になってしまいました。

 余計なことを書く時間がないので、
 
 問題演習です。
 

さて、今日は、

前半は、B級の総合演習3

後半は、
外国為替2級の海外進出支援業務



【B級は、総合演習3です。】


第1問

 輸入差止申立てについて、

 差止対象となる物品が
 不正競争防止法違反の場合には、

 税関長の意見書を添えて、
 輸入差止申立てを行う。

   ↓↓

  考え中
  
   ↓↓

   ×

 経済産業大臣の意見書です。



第2問

 輸出通関手続きを
 認定通関業者に依頼した
 輸出者を
 特定委託輸出者といい、

 輸出しようとする貨物を
 保税地域に搬入することなく、

 輸出者等の工場・倉庫などで
 輸出申告から許可を受ける
 までの手続きを
 行うことができる。

   ↓↓

  考え中
  
   ↓↓

   ○

  その通り。



第3問

 知的財産権における
 回路配置利用権について、

 その権利者は自己の権利を
 侵害すると認める貨物の
 輸入に対し、

 輸入差止申立制度の手続き
 をとることができる。

   ↓↓

  考え中
  
   ↓↓

   ×

 回路配置利用権者だけ
 輸入差止申立制度が
 利用できません。

 代わりに、
 輸入差止情報提供制度
 が利用できます。



第4問

 日本から輸出が禁止
 されている物品は、

 関税法で禁止されている
 1)麻薬等、
 2)児童ポルノ、
 3)特許権等を侵害する物品、
 4)不正競争防止法に
  掲げる行為(一部)を
  組成する物品の

 4分野の物品のみである。

   ↓↓

  考え中
  
   ↓↓

   ×

 関税法以外の法律
 (植物防疫法や
  家畜伝染予防法)で

 輸出が禁止されている
 物品等がある。

 この問題は、
 マーケティングで
 出題されたものの一部です。


第5問

 穴埋め問題です。

 C級の過去問の一部ですが
 選択肢を外して
 上級者にも遊んで貰いましょう。

 税率の優先順位は、

(1)は特定国の原産地
   にのみ適用されるので、
   この場合は最優先させる。

(2)と(3)がある場合は、
(3)が優先される。

(4)と(5)では、
 税率が(6)方を優先する。

(4)と(5)が同じ場合には、
(4)が優先する。

   ↓↓

  考え中
  
   ↓↓

   ×

 1 特恵税率

 2 基本税率
 3 暫定税率

 4 国定税率
 5 協定税率

 6 低い


  穴埋めにすると難しくなりますね。
  出題形式を変えるだけで
  C級からA級レベルに変身です。

  これで、
  C級をしっかり勉強すれば
  A級の対策になるっていう意味
  わかりますよね。

  

【外国為替2級は海外進出支援業務】

第1問

 一般的に、海外で
 現地進出への移行を検討する
 理由を列挙しなさい。

   ↓↓

  考え中

   ↓↓

 解答例:

 1 経済連携協定などによる
   関税等の優遇を活用できる場合

 2 進出予定国の経済発展が
   見込まれる場合。

 3 進出予定国の経済特区や
   外資優遇策がある場合

 4 親会社や国内主要取引先の
   工場等の海外への移転に伴い、
   部品メーカーが
   工場を設置する場合

 5 人件費の圧縮により
   生産コストの削減し、
   競争力の維持を図る場合

 5 国内での労働力の確保が
   困難な場合

 7 現地からの部品、原材料等の
   安定確保を図る場合

 8 現地生産に移行することにより
   為替リスクの回避をする場合



第2問

 取引先の製造業者から
 現地生産への移行を検討
 したい旨の相談があった。

 取引先金融機関としてできる
 アドバイスを列挙しなさい。

   ↓↓

  考え中

   ↓↓

 解答例:

 1 現地での
   資金調達に関する情報

 2 為替リスク対策

 3 フィージビリティ・スタディ
   の実施

 4 ジェトロの海外進出企業
   支援サービス等の公的機関
   の支援制度の活用(紹介)

 5 現地の法規制の情報等の提供

 6 現地の工場用地等の情報、
   労働慣行、労働事情等の提供

 7 その他対外直接投資に係る
   外為法上の手続


貿易実務の勉強をされている方、

 外国為替って、
 意外と面白いと思いませんか?


    お疲れ様でした!

        以上です。

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

【3月開講の新規募集中の講座】

  貿易実務検定(C級)講座【5月受験】
  http://school-kizu.jp/trade-c.html

  貿易実務検定(A級)【7月受験】
  講座に代えて個別レッスン!
  http://school-kizu.jp/trade-a.html


【4月開講・10月受験】

  通関士講座(基礎ゼミ〜)
  http://school-kizu.jp/maingate.html

・・・・・・・・・・・・・・・

貿易・ビジネス英語 の サプリ

 【B級:総合3 &

  外為2級:海外進出支援業務】

        2018/3/01 発行

○・・・・・・・・・・・・・・●

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2016-07-17  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。