国際情勢

ヨハネの黙示録

今は終末の時代です。ヨハネの黙示録の御言葉に心を留め、永遠の御国を受け継ぐ幸いな者となりましょう!

全て表示する >

ヨハネの黙示録 NO.1

2016/03/14

。。。。。R o o E o o V o o E o o Lo o A o o T o o I o o O o o N 。。。。。



            ヨハネの黙示録 NO.1   第1章



。。。T o o O o o S o o A o o I o o N o o T o o J o o O o o H o o N 。。。


イエス・キリストの黙示。これは、すぐに起こるはずの事をそのしもべたちに
示すため、神がキリストにお与えになったものである。そしてキリストは、そ
の御使いを遣わして、これをしもべヨハネにお告げになった。 ヨハネは、神
のことばとイエス・キリストのあかし、すなわち、彼の見たすべての事をあか
しした。この預言のことばを朗読する者と、それを聞いて、そこに書かれてい
ることを心に留める人々は幸いである。時が近づいているからである。  (1-3節)

私ヨハネは、あなたがたの兄弟であり、あなたがたとともにイエスにある苦
難と御国と忍耐とにあずかっている者であって、神のことばとイエスのあか
しとのゆえに、パトモスという島にいた。 (9節)


。。。。。R o o E o o V o o E o o Lo o A o o T o o I o o O o o N 。。。。。



この書は、使徒ヨハネが、流刑地であったパトモス島にて、主イエス様か
ら授けられた、啓示の書です。
当時はヨハネの他にも、ローマ皇帝を神として礼拝しないクリスチャンは、
島流しにされたり、首を切られたり、火あぶりの刑に処せられたりしていた
状況でしたが、十字架の死から復活し、死と陰府(よみ)の鍵を持つ、主イ
エス・キリスト様が現れ、永遠の御国を受け継ぐ勝利者になるための、マニ
ュアルを下さったのです。

イエス様の御再臨の前に現れる、反キリストと、その世界統一政府は、人
々に、反キリストを神として礼拝することをを強要し、拒否する人々を殺した
り、売買のできないようにしますが、この世界政府も反キリストも、すでに今、
存在し、様々な分野のグローバル化によって、反キリスト出現の準備を急い
で整えています。反キリストも、反キリストの政府も、反キリストに従った人々
も、主イエス・キリスト様の再臨と共に滅ぼされますので、私たちの国も、私た
ちも、反キリストの側にではなく、イエス・キリスト様の側に立って、永遠の命
を選び取ることができるよう、祈り備える必要があります。

主イエス・キリスト様だけが、唯一、恐れるべきお方、お従いするべきお方、
礼拝するにふさわしい救い主です。



。。。。。R o o E o o V o o E o o Lo o A o o T o o I o o O o o N 。。。。。

ヨハネから、アジヤにある七つの教会へ。常にいまし、昔いまし、後に来ら
れる方から、また、その御座の前におられる七つの御霊から、また、忠実な
証人、死者の中から最初によみがえられた方、地上の王たちの支配者であ
るイエス・キリストから、恵みと平安が、あなたがたにあるように。
イエス・キリストは私たちを愛して、その血によって私たちを罪から解き放
ち、また、私たちを王国とし、ご自分の父である神のために祭司としてくださ
った方である。キリストに栄光と力とが、とこしえにあるように。アーメン。(4-6節)

。。。T o o O o o S o o A o o I o o N o o T o o J o o O o o H o o N 。。。


イエス様が、ヨハネに託して、トルコにあった七つの教会へ送ったメッセー
ジはまた、歴史上の全ての、ペンテコステから携挙までの、すべての教会
へのメッセージでもあります。

御座に座っておられるのは、主イエス・キリスト様です。後に来られる、と
あるからです。御座の前の七つの御霊である、全知全能の聖霊は、キリス
トの目(黙5:6)でもあり、キリストご自身でもあります。

キリストは人となられた時、神の御心を忠実に果たされ、十字架で贖いを遂
げ、陰府に降り、アダムの罪以来、サタンの握っていた、死と陰府(よみ)
の鍵を奪い返し、復活して40日にわたって弟子たちに現れ、昇天し、天の
御座から、霊のキリストである、聖霊様を祈り求める弟子たちに注いでくださ
いました。

聖霊を受け、聖霊に導かれる人々は、キリストご自身が共におられ、導い
て下さり、キリストの再臨と共に、王として、祭司として、国々を治めるように
なります。

この世の何者も、与えることのできない、永遠の恵みと平安は、
主イエス・キリスト様だけが、溢れるばかりに与えることのできる、称えられ
るべき、唯一の救い主、主なる神です。



。。。。。R o o E o o V o o E o o Lo o A o o T o o I o o O o o N 。。。。。

見よ、彼が、雲に乗って( 雲と共に: 回復訳 ) 来られる。すべての目、ことに
彼を突き刺した者たちが、彼を見る。地上の諸族はみな、彼のゆえに嘆く。
しかり。アーメン。神である主、常にいまし、昔いまし、後に来られる方、万
物の支配者がこう言われる。「わたしはアルファであり、オメガである。」 (7-8節)

。。。T o o O o o S o o A o o I o o N o o T o o J o o O o o H o o N 。。。


主イエス様は雲と共に来られます。モーセに律法を授けた時も、イエス様は
雲の中で語られました。そして、それは、律法の御言葉に従う者は祝福さ
れ、従わない者は、呪われる、というものでした。しかし、誰一人、完全に守
ることのできない聖なる律法は、全ての人を、律法の呪いに閉じ込めてしま
いました。誰一人、神の聖なる基準の前には、相応しくない存在だからです。

それで、イエス様は人となられ、ご自分の死を通して、彼を信じる人々を
罪の呪いと律法の呪いから解放して下さり、天から、霊のキリスト、聖霊を
注いで下さり、神との親しい関係を下さり、愛すべき牧者、真理へ導く教師、
全てを備える供給者、病を癒す癒し主となってくださり、神の御心を喜んで
行う者と変え、神の義を下さって、キリストの故に、キリストを通して、私たち
を相応しい者とみなし、また、造り変えて下さるのです。

その、イエス様が再臨される時は、雲と共に来られるのです。それは、キ
リストを愛し、聖霊様と共に、神の御心を行う花嫁にとっては、救いの時、婚
宴の時ですが、キリストを信ぜず、聖霊様をも拒む人々にとっては、恐ろしい
裁きの時となるのです。



。。。。。R o o E o o V o o E o o Lo o A o o T o o I o o O o o N 。。。。。

私は、主の日に御霊に感じ、私のうしろにラッパの音のような大きな声を
聞いた。その声はこう言った。「あなたの見ることを巻き物にしるして、七つ
の教会、すなわち、エペソ、スミルナ、ペルガモ、テアテラ、サルデス、フィラ
デルフィヤ、ラオデキヤに送りなさい。」 そこで私は、私に語りかける声を見
ようとして振り向いた。振り向くと、七つの金の燭台が見えた。それらの燭
台の真中には、足までたれた衣を着て、胸に金の帯を締めた、人の子のよ
うな方が見えた。 (10-13節)

。。。T o o O o o S o o A o o I o o N o o T o o J o o O o o H o o N 。。。


聖霊様のご臨在の中に、イエス様はおられ、姿を現され、語られます。
トルコにあった七つの教会、それは、燭台 (七つの燭台ではなくは、七つのと
もしび皿(lamp)をもつ、七枝の、一つの燭台のこと(出エ25:31-39,ゼカリヤ
4:2))です。

ですから、七つの教会へのメッセージは、全ての国、民族、そして、ペンテコ
ステから携挙までの全ての時代の教会へのメッセージでもあります。 燭台は
純金で、槌で打って作られましたから、教会は、試練の火の中で精錬され、
不純物が取り除かれ、打たれる中で、その中におられるキリストと完全に結
合し、こうして、キリストにふさわしい、一人の花嫁、時代を越えた、神の国の
教会となり、復活・携挙、キリストとの結婚、ハルマゲドンの戦いを経て、王国
の祭司として、新エルサレムの構成メンバーとなるのです。

ですから、どの教会があっても、その中で、キリストの花嫁となるのは、聖霊
様の供給を絶やさず、試練の中で純化され、キリストと完全に一つとなり、聖
霊の力、賜物だけではなく、十字架のアガペーの愛を持つに至るまで砕かれ
練り清められた、暗い世を、キリストの救いの光で照らす花嫁です。

このような教会は、決して、人間主導の宗教会議や宗教指導者によっては
生み出されず、ただ、主イエス・キリスト様の主導、聖霊様の主導によって生
み出され、導かれ、訓練され、純化される教会なのです。





。。。。。R o o E o o V o o E o o Lo o A o o T o o I o o O o o N 。。。。。

その頭と髪の毛は、白い羊毛のように、また雪のように白く、その目は、燃え
る炎のようであった。その足は、炉で精練されて光り輝くしんちゅうのようであ
り、その声は大水の音のようであった。また、右手に七つの星を持ち、口から
は鋭い両刃の剣が出ており、顔は強く照り輝く太陽のようであった。それで私
は、この方を見たとき、その足もとに倒れて死者のようになった。しかし彼は
右手を私の上に置いてこう言われた。「恐れるな。わたしは、最初であり、最
後であり、生きている者である。わたしは死んだが、見よ、いつまでも生きて
いる。また、死とハデスとのかぎを持っている。 (14-18節)

。。。T o o O o o S o o A o o I o o N o o T o o J o o O o o H o o N 。。。


復活、昇天し、栄化された、天上のキリストは、それは、主なる神ご自身で
すから、あまりにも清く、あまりにも鋭く、あまりにも真理と栄光に満ち、生きて
いる者も死んだ者をも裁く、王の王、主の主であられるお方の前に、ヨハネは
自分のふさわしくなさと汚れに打ちのめされ、恐れ、ひれ伏し、死人のように
なりました。

そう、このお方が、人となられ、人の罪を贖い、死なれ、死者の留め置かれ
る陰府(よみ=ハデス)に行き、サタンから死とハデスの鍵を取り戻した贖い
主になって下さらなかったならば、全ての人は、彼を見るやいなや、その聖さ
におののき、自分の罪深さに、即刻、死んでしまいます。

けれども、イエス様は、そのように、罪におののき、主の畏れ多さに砕かれ
たヨハネに、贖い主として声をかけてくださいました。起き上がったとき、ヨハ
ネはもはやヨハネではなく、キリストが彼の内で生きる存在となりました。
John in Christ (キリストにあるヨハネ) から Christ in John (ヨハネの中のキリス
ト) へと変えられたのです。 自我の消滅、John Ministry から Jesus Ministry
へと変えられたので す。



。。。。。R o o E o o V o o E o o Lo o A o o T o o I o o O o o N 。。。。。

そこで、あなたの見た事、今ある事、この後に起こる事を書きしるせ。
わたしの右の手の中に見えた七つの星と、七つの金の燭台について、その秘
められた意味を言えば、七つの星は七つの教会の御使いたち、七つの燭台は
七つの教会である。 (19-20節)

。。。T o o O o o S o o A o o I o o N o o T o o J o o O o o H o o N 。。。


ヨハネに与えられた使命は、イエス様の啓示を書きしるすことでした。

畏れるべき主なる神である、イエス様は、七つの教会、すなわち、全ての教
会に、鋭い洞察と権威をもって語り始めます。すべての教会は、このお方の
前に、汚れと罪と、主への恐れに打ちのめされ、死人のようになるでしょう。

しかし、自分の汚れに打ちのめされ、心砕かれ、悔い改める、その時、イエ
ス様は、憐れみに満ちた贖い主となって下さり、神の義の衣で覆って下さ
り、、世を照らす燭台として、終わりの時の、人々の魂の受け皿として担うに
値する、神の国の教会とし清め、用いてくださるのです。

この教会の指導者はただおひとり、聖霊様、崇められるお方は、人となられ
た神、救い主、牧者であられる、主イエス・キリスト様です。
それは、church in Christから Christ in church へと変えられ たからです。
主権者が、教会組織。教団、教理、教会、そして聖職者階級から、
大牧者なる、イエス・キリストご自身へと明け渡されたからです。






。。。。。R o o E o o V o o E o o Lo o A o o T o o I o o O o o N 。。。。。

                   ヨハネの黙示録 NO.1

       発行者   村上真理 http://www.d3.dion.ne.jp/~mary/

          明記が無いものは、新改訳聖書から引用しております


。。。T o o O o o S o o A o o I o o N o o T o o J o o O o o H o o N 。。。





規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2016-03-02  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。