政治・経済

日本版ベーシック・インカム「絆通貨」創設案──隷属の国から別品の国へ

国民が貧富格差の拡大に苦しむ今も、政府・行政は経済政策と福祉政策を別政策と認識し、いまだに経済成長を追求している。だがデフレ圧力が不可逆的趨勢となった今、各国民に可処分所得を直接手渡すことが最強・無敵の経済政策であることを?明し、その具体的手段として「国民

全て表示する >

 【映写室閑話】:現象宇宙は一大遊技場

2016/07/04

               第24号(2016/07/04)

◇◇ このメルマガの趣旨 ◇◇

「絆通貨」とは多呂ご兄弟が発明した「円」との交換
が可能な減価貨幣「FBS通貨」のカード版

「絆通貨」は【ベーシック・インカム】【政府紙幣】
【減価通貨】三点セット実現のための超具体論

「絆通貨」実施のために財源は必要ない
──────────────────

================================================
 【映写室閑話】:現象宇宙は一大遊技場
================================================

この終焉に向かっている今の時代は面白い。

人々がひたすらお金という

可処分所得手に入れることだけに

熱中している時代だ。

間もなく、

人類はそんな時代があったことを

急速に思い出せなくなっていくだろう。

呼吸しなければ生きていけない人間が、

ひたすら息を吸うことだけに

夢中になった不思議な時代があったことに。

その時代は、

明確な意図のもとに

数世紀にわたって計画を実行し、

ついにその計画実現の時を迎え、

主人と奴隷という二つの階層を造成することに

成功したのだと。

その時代は、

人類の1%の超富裕層というのがいて、

世界の富の半分を所有し、

なおもその比率を伸ばそうとしていたのだ。

【1%の富裕層、世界の富の半分を保有へ 〜その意味とは】
──────────────────
 (CNN) 
 世界の人口の1%の富裕層がもつ資産の総額は
 来年までに、
 残る99%の人口の資産を合わせた額と
 同程度になるという推計を、
 国際支援団体のオックスファムが19日に発表した。
 また、世界の富裕層上位80人の資産総額は、
 貧困層35億人の資産総額に匹敵するという。
 
 今回の推計によると、
 1%の富裕層が握る資産が世界の富に占める割合は、
 2009年の44%から、
 14年は48%に増加した。
 このままのペースが続けば来年までには50%を超す見通し。
 
 残る52%の富についても、
 人口の5分の1の比較的豊かな層が46%を握っていて、
 その他の層が握る割合は
 世界全体の資産のわずか5.5%にとどまる。
 
 昨年の大人1人当たりの資産額は
 平均で3851ドル(約45万円)。
 これに対して
 富裕層の資産額は平均270万ドル(約3億円)だった。
 
 スイス・ダボスで始まる
 世界経済フォーラムの年次総会で共同議長を務める
 オックスファム幹部のウィニー・ビヤニマ氏は、
 各国の首脳に対して広がる格差問題への
 対応を呼びかける方針。
 「富裕層とそれ以外の層との格差は急速に拡大しつつある」
 「より公正で、
  より豊かな世界の妨げとなっている
  既得権者に立ち向かうべき時だ」
 と指摘している。
 
 「さゆふらっとまうんどのHP ブログ」より引用
 http://sayuflatmound.com/?p=7441 
──────────────────

おそらく、

この惑星で行われたひとつの実験が

最終段階に到達しようとしているのだろう。

あのときは、

実際大変だったよね、と。

まるで、我慢比べみたいだった。(*^_^*)

みんな、懸命だったよね。


もちろん、

この状況をどうにかしなくてはならない、

……と考えるのもひとつの選択肢だ。

だが、

これがどんなふうに姿を変容させていくのか

そのメタモルフォーゼが楽しみなのだと、

高みの見物を決め込むのも、

ありえない選択肢ではない。

現象宇宙の一隅で生じた

ひとつのお祭りイベントなのだから。

おそらく現象多次元宇宙とは

【思い込み】を

3Dバーチャリリアリティで実現する

一大遊技場なのだろう。

そこにはいかなる真実もありえず、

ただ面白さを競うエンタテイメントにすぎない。

様々な趣向が発想され、

ソラリスの海がそれを模倣する。

そしてそれがバーチャルであることを知りながらも

夢中になって怖がるのだ。

やがてはその壮大な仕掛け花火も

無限の闇のなかに消えていくのだろうが。

そして、

またつぎのごく穏やかな

夢が繰り広げられる。

お金の必要のない時代がくるだろう。

(もしそれがくることになっていればだが。)

それまでは何か

【お金のようなもの】が

機能する渡り廊下のような時代が

あるのではないかと筆者は想定している。

素晴らしい時代が、眼前に迫っている。

【ベーシック・インカム日本版】

「国民生活通貨(絆通貨)」が実施されたら、

そのことが地上に放出する解放のエネルギーは

途方もないものになるだろう。

世界は日本が立ち上がるのを待っている。


【隷属の国から「別品の国」へ】……。


 ………○…………○…………○………


============================
 お便りコーナー:
============================

このメールに直接ご返信ください。m(_ _)m

 ………○…………○…………○………

===================================
 「国民生活通貨」提案者:田所靖雄
===================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2016-01-15  
最終発行日:  
発行周期:週刊以上  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。