技術

平面図からはじめるBIM-逆転的導入発想

平面図作成でRevitを使うという逆転的発想のテキスト-技術評論社刊「Autodesk Revit ではじめるBIM実践入門」をひたすら解説していくメルマガです。読者からのご質問にもお応えしてまいります。

メルマガ情報

創刊日:2016-01-09  
最終発行日:2017-05-29  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

【平B式】日経アーキテクチュアでBIM特集。

2017/05/29

#BIM #Revit #CAD #3DCAD 
平面図からはじめるBIM 
日経アーキテクチュアでBIM特集。
―――――――――――――――――
日本BIM普及センター事務局です。

■日経アーキテクチュアの5月25日号
日経アーキテクチュアの5月25日号はBIM特集です。大体半年に1度くらいのペースで特集が組まれているBIMですが、情報的には最新の情報が満載という感じです。

ただ私たちが足でつかんでいる情報とはちょっと違うため、書けない部分もいっぱいあるんだろうなあと思いつつ、一気に読みました。
社内回覧で回ってくる方は一読お勧めします。

■大阪の定期勉強会。
今回はLUMIONというレンダリングソフトの話、面分割の取り消し方法、フェーズの使い方等かなりマニアックな方法について意見交換できました。
また、生産現場から観たら、BIMベースで考えていく場合、今の図面形式ではなくなるようになるのではないか、具体的には、エクセルの表データがそのまま図面データとしてやりとりできる状態になるのではないか、という話まで出ました。

代表の山形にたまたま大阪の現場があり、9月くらいまでは定期的に勉強会を開催しようと考えています。次回は6月末です。事務局までメールください。
revitman@bim-center.net

■そろそろ平Bレポート始めてみては?
山形先生からこのメルマガで平Bのスタディレポートをそろそろ始めないとダメですよ、と叱咤激励いただいています。現在準備中ですが、次の定期勉強会は私がプレゼンテターになる予定ですので、それをまとめ次第、メルマガで配信します。


■前回の東京セミナーもご好評でした。
「【東京】BIMを学び始めるその前に」。定番になりつつあるセミナーです。次回は6月19日の予定です。恵比寿駅徒歩2分の会場で行います。


■「Autodesk Revit ではじめるBIM実践入門」で利用するデータについて
使用しているデータはこちらからダウンロードできます。
http://bim-center.net/dldl
その際、お名前やメールアドレスをいただいていますが、フォローアップのために最小限のお知らせをするためであり、それ以上の意図はありません。amazonの書評でメルアド集めている悪徳業者のような書かれ方をして、大変残念です。
実際、ダウンロードできないだとか、テキストの質問からの誤植などがあれば、配信希望者にはお知らせするだけのためのものです。
個人情報の敷居が高くなっているのは仕方ないことですが、必要以上に防護壁を貼らねばならないのは悲しいことですし、本末転倒な事態だと思っています。

情報配信については、このメルマガが中心となっています。不要な方は、登録を削除してくださいね。


◆このメルマガは、日本に広くBIMを導入するためにどうすべきかを考えた結論として、平面図作成から入るべきだと考え、それを広めるために日本BIM普及センターを立ち上げた有志のメンバーによるものです。
当センター代表の山形雄次郎のBIMテキスト「Autodesk Revit ではじめるBIM実践入門」がお手元にある前提で、このメルマガで解説していくスタイルですすめます。
バックナンバーはこちら
http://bim-center.net/category/revit30
使用しているデータはこちらからダウンロードできます。
http://bim-center.net/dldl

◆まだお手元にない方は、是非、書店やアマゾン等でお買い求めいただきますようお願いします。amazonはこちらから。 http://goo.gl/fxm7cM

また皆様のご友人にもこのメルマガを広めていただけるとうれしいです。
http://bim-center.net/mm


このメルマガは月曜日15時の定期便とそれ以外は不定期便でお送りいたします。
◆バックナンバーは本サイトで公開しています。

▼日本BIM普及センター事務局
▼revitman@bim-center.net
『melma!』から配信します。
http://bim-center.net/mm
(C) 2017 日本BIM普及センター all rights reserved.











最新のコメント

  • コメントはありません。