トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 台湾2020東京

台湾は中国の一部ではありません!日本からも「チャイニーズタイペイではなく台湾!」のアクションを!

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



【台湾2020東京】10月10日東京でTaiwan is not Chinese Taipei!2020東京五輪「台湾」正名集会開催!

発行日:10/4

署名へのご協力ありがとうございます!
現在の署名賛同者は59,445人です。

リオ・オリンピック、パラリンピックのアクションへのご協力ありがとうございました。

10月10日(体育の日)に東京で台湾研究フォーラム(台湾研究論壇)主催で集会が行われます。

10月10日は1964年の東京オリンピックの開会式が行われた日です。

----------------------------------------------
Taiwan is not Chinese Taipei! 2020東京五輪「台湾」正名集会
〜「チャイニーズタイペイ」ではなく「台湾」の名で台湾選手団を迎えたい!〜


四年に一度のオリンピック競技会には「チャイニーズタイペイ」(中国領台北)の名義でしか参加が許されない台湾選手団。これは「一つの中国」という政治宣伝を受け入れた国際五輪委員会(IOC)による台湾への不当な扱いであり、政治的な差別を禁止するIOC憲章に違反するものです。そのため台湾国内では現在、「台湾」への呼称変更を求める声が高まりを見せています。

そこで日本においても、私達がそれと提携し、2020年東京五輪では台湾選手団を「台湾」の名で迎え入れるよう、IOC並びに東京五輪組織委員会、日本政府、東京都、日本五輪委員会(JOC)などに求めるべく、アピール集会を下記の要領で開催します。

集会を開く催日は10月10日。1964年の東京五輪記念日(体育の日)です。あの大会の盛大さは日本の誇りとなりましたが、2020年もまた、一切の差別なき世界に誇れる大会にしたいと思うのです!

日本人、台湾人の奮ってのご参加をお待ち申し上げます!


日時:10月10日(月/祝) 18時30分〜20時30分
場所:文京区民センター 2―A会議室 (東京都文京区本郷4−15−14)

(交通)
都営三田線・大江戸線「春日駅」徒歩2分
東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」徒歩5分
JR「水道橋駅」東口徒歩15分


登壇(50音順・敬称略・10月1日現在)
イリハムマハムティ(日本ウイグル協会会長)
王紹英(在日台湾同郷会副会長)
鈴木正人(埼玉県議会議員)
土屋敬之(前東京都議会議員)
永山英樹(台湾研究フォーラム会長)
三浦小太郎(アジア自由民主連帯協議会事務局長)
水島総(日本文化チャンネル桜代表)
山際澄夫(ジャーナリスト)
吉田康一郎(前東京都議会議員)
その他、在日台湾人の方々からの意見表明も!
司会 謝恵芝(ジャーナリスト)


参加費:無料


主催:台湾研究フォーラム(台湾研究論壇)
メール twkenkyuforum@yahoo.co.jp
電話 080−7796−6353
http://blog.livedoor.jp/taiwankenkyurondan/archives/48508580.html
----------------------------------------------
※お問い合わせは主催の台湾研究フォーラムへお願いします。

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/03/26
    読者数:
    24199人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  2. メールマガジン日台共栄

    最終発行日:
    2017/03/26
    読者数:
    3518人

    日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

  3. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/03/25
    読者数:
    7054人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  4. 台湾は日本の生命線!

    最終発行日:
    2017/03/24
    読者数:
    1459人

    中国の軍拡目標はアジア太平洋での覇権確立。そしてその第一段階が台湾併呑。もし我が「不沈空母・台湾」が「中国の空母」と化せば日本は・・・。政府・媒体が敢て語らぬ生命線防衛の重要性を訴える。

  5. 鍛冶俊樹の軍事ジャーナル

    最終発行日:
    2017/03/23
    読者数:
    3165人

    航空自衛隊出身の軍事ジャーナリストが内外の軍事情勢を多角的に分析する。メルマ!ガ オブ ザイヤー2011受賞

発行者プロフィール

taiwan2020tokyo

taiwan2020tokyo

http://taiwan2020tokyo.org/

過去の発行記事