語学・言語学

生きてる英語を毎日チェック!世界中の英語新聞で英語力を高めましょう!

世界中の英字新聞の翻訳をリアルタイムでお届け。学校で教えてくれない生きてる英語力を上げるとともに、世界情勢が瞬時にチェックできます。

全て表示する >

日本のメディア未検閲の世界最新情報を瞬時にお届け!生きてる英語を育てます!

2017/10/19



◆<The Guardian>(英国)



“Warning of ‘ecological Armageddon’ after dramatic plunge in insect numbers.”

-「昆虫数の急減の後、‘生態系のハルマゲドン’の脅威。」




〜空を飛ぶ昆虫数が激減したという新研究結果を受け、‘生態系のハルマゲドン’が来るのではないか、と科学者達は危惧しているようです。




“The abundance of flying insects has PLUNGED by three-quarters over past 25 years. New study that has shocked scientists.”

-「空を飛ぶ昆虫の数が過去25年間で3/4急減(plunge)。科学者達にショックを与える新研究。」

<今日のキーワード>
●PLUNGE;(動)急落する





〜野生生息地の破壊と殺虫剤の広範囲の使用が原因と見られているようです。




“The cause of the huge decline is as yet unclear, although the distruction of wildareas and widespread a PESTICIDES are the most likely factors and climate change may act a role.”

-「大規模な縮小の理由は未だ明らかではない。しかし、野生生息地の破壊と殺虫剤(pesticide)の広範囲使用が最も可能性が高い原因と考えられている。気候変動も一因かもしれない。」

<今日のキーワード・B>
●PESTICIDE;(名)殺虫剤





〜昆虫を殺す原因を減らすことが、生態系の絶滅を避ける唯一の方法と訴えられています。




“’ We need to do less of the things that we know have a negative impact, such as the use of pesticides and DISAPPEARANCE of farmland borders full of flowers.’”

-「‘私達はネガティブな影響を及ぼすと思われる行動を抑えなければならない。殺虫剤の使用や、花が満開の農地際の消失(disappearance)などだ。」

<今日のキーワード・C>
●DISAPPEARANCE;(名)消失







〜生態系の構造を破壊する昆虫の数激減がもたらす危機を懸念する情報でした。世界の生物環境の最前線をチェックするためにも、今日のキーワード・3つを再整理しましょう!




<今日のキーワード・A>
●PLUNGE;(動)急減する

〜plungeは、何ものかの数が急減するという動詞です。
例)
“The U.S. dollar plunged against yen.”
-「米ドルは日本円に対して急落した。」

―急減するという動詞の類語には、plummetとsinkがあります。plummetは、下落率が激しい低下というニュアンス。Sinkは、徐々に減っていくという語感です。一つの単語に出会ったら、類義語も一緒にチェックする習慣を持っていると、生きてる英語の語彙は数倍に広がっていきます!




<今日のキーワード・B>
●PESTICIDE;(名)殺虫剤

〜pesticideは、ラテン語のpestとcidare(cut;切る)が結びついた「殺虫剤」という名詞です。
例)
“It is called pesticide accumulation.”
-「それは、殺虫剤の蓄積と呼ばれています。

―一般に、接尾語・cideは、「殺」「斬る」の意味を共有します。例えば、homicide;殺人。suicide;自殺。genocide;大虐殺。などなど。共通の接尾語の性質を押えれば、単語の意味類推の相乗効果が生まれ、語彙は数倍にひろがります!




<今日のキーワード・C>
●DISAPPEARANCE;(名)消失

〜appear;現れるという動詞の前に「不・非」の意味のdisがついて、消失という意味の名詞です。
例)
“The city surveyed disappearance of authority.”
-「その市は、権威の消失を調査した。」

―接頭語・disは、無数に存在して、いずれも「不・非」の意味を共有します。例えば、disagree;否認する。disappoint;失望させる。disclose;開示する。などなど、いずれも共通して「不・非」を意味するパターンを憶えれば、生きてる英語の土台は育っていきます!








〜人間にとって有益な自然環境を追求するあまり、食物連鎖の下位に位置する昆虫の消滅の危機に瀕していることを危惧する情報でした。世界の生物環境の最新相をチェックするためにも、生きてる英語にどんどん接して、情報代謝力を上げていきましょう!





それでは、これで。
今日が良い一日でありますよう。
五島 真
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください!
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2015-09-01  
最終発行日:  
発行周期:日刊(土日休み)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。