語学・言語学

生きてる英語を毎日チェック!世界中の英語新聞で英語力を高めましょう!

世界中の英字新聞の翻訳をリアルタイムでお届け。学校で教えてくれない生きてる英語力を上げるとともに、世界情勢が瞬時にチェックできます。

全て表示する >

日本メディア未検閲の世界最新情報を瞬時にお届け!生きてる英語を育てます!

2017/10/11



◆<The Newyork Times>(米国)



“Exploring the Necessity and Virtue of Sleep.”

-「睡眠の必要性と効果を探求する。」




〜米国と豪州の医学博士が、現代病とも言える睡眠障害に関する著作を発表。睡眠の効果と改善の方策を探っています。米国のウォーカー博士の指摘です。




“He makes the argument, persusasively, that we are in the midst of a ‘silent sleep loss EPIDEMIC that poses ‘the greatest public health challenge we face in the 21st century.’”

-「彼は説得力を持って語っている。私達は‘静かな睡眠障害の大流行病のまっただ中にある。それは、’21世紀に私達が直面する最大の公的な健康危機である。」

<今日のキーワード・A>
●EPIDEMIC;(名)大流行病






〜2人の博士の研究は、睡眠の2つの状態(レム睡眠とノン・レム睡眠)の必要性について掘り下げたものです。




“NREM sleep, for example, is crucial to memory RETENTION, and acquiring and refining our motor skills. REM sleep plays a role in our abilities to overcome negative feelings, read other peole’s emotions and solve the problems.”

-「ノン・レム睡眠は、例えば、記憶の保持(retention)と、体の原動力を獲得し、精緻にする上で不可欠である。レム睡眠は、ネガティブな感情に打ち勝ち、他の人々の感情を読み、問題を解決するために、大きな役割を果たす。」

<今日のキーワード・B>
●RETENTION;(名)保持






〜電脳情報への過剰接触が現代の睡眠障害、「空気を読めない患者」をを多発させている、と2人の博士は警告を発しています。




“It really is true that you’ll have a harder time falling asleep after reading a book on an LED device than you will after reading one printed on old-fashioned paper ; the blue light emitted by an iPad SUPPRESS your brain’s natural release of melatonin tht induces sleepiness, by over
50 percent.”

-「昔風の印刷された本よりも、LED上の書籍を読んだ後に、より睡眠が難しくなるのは、本当に真実だ。: iPad が発する青い光は、睡眠を司るメラトニンという物質の脳内での自然な分泌を抑圧する(suppress)。」

<今日のキーワード・C>
●SUPPRESS;(動)抑圧する







〜電脳装置への過度の接触が引き起こす現代の睡眠障害に警告を発する記事のご紹介でした。世界の健康維持情報の最前線をチェックするためにも、今日のキーワード・3つを再度、押えておきましょう!




<今日のキーワード・A>
●EPIDEMIC;(名)大流行病

〜接頭語・epiは古代ギリシャ語に由来し、「上の」「間に」等の意味を共有します。epidemicは、民衆の「間に」広く伝染する大流行病という意味です。epicenterは、「上の」中心;震央という意味。epilogueは、話の「上の」;エピローグという名詞。episodeは、「間に」入る挿話という意味です。
共通の接頭語の性質を掴んでおけば、単語の意味類推の相乗効果が生まれ、生きてる英語の語彙は数倍に広がっていきます。

-簡単に使ってみましょう!-
“That was an epidemic of influenza.”
-「それはインフルエンザの大流行だった。」




<今日のキーワード・B>
●RETENTION;(名)保持

〜retentionは、何者かを「後ろへ」置く;保持という意味の名詞です。一般に、あたまにreを持つ動詞は多く「後ろへ」という意味を共有します。例えば、regross;「後ろへ」歩く;後退するという動詞。receiveは、「後ろへ」掴む;受け取るという動詞。rejectは、「後ろへ」投げ捨てる;拒絶するという意味です。多くの単語に登場する接頭語なので、要チェックです!

-簡単に使ってみましょう!-
“They improved worker’s recruitment, selection and retention.”
-「彼らは従業員の雇い入れ、選別、保持を改善した。」




<今日のキーワード・C>
●SUPPRESS;(動)抑圧する

〜suppressは、何かを「下へ」押さえつける;抑圧するという動詞。一般に、接頭語・supは、subと同様にラテン語由来で「下へ」という意味を共通に持っています。例えば、supply、supplementは、「下へ」置く;供給する、サプリメントという意味。supposeは、「下へ」置く;仮定するという動詞です。
Supは、sub、sucなどの異形で、共に「下へ」という意味を表すパターンを知っておけば、生きてる英語はスピーディーに育っていきます。

-簡単に使ってみましょう!-
“The police suppresse the revolt“
-「警察はその反乱を抑圧した。」







〜電脳情報への過剰な依存が現代病の睡眠障害を引き起こすことを警告する記事でした。眠る前、1時間は電脳情報へ接触することを控えることが健康維持の秘訣なようです。世界の最新健康維持情報を集めるためにも、生きてる英語にどんどん接して、健康な生活のスキルを磨いていきましょう!





それでは、これで。
今日が良い一日でありますよう。
五島 真
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください!
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2015-09-01  
最終発行日:  
発行周期:日刊(土日休み)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。