語学・言語学

生きてる英語を毎日チェック!世界中の英語新聞で英語力を高めましょう!

世界中の英字新聞の翻訳をリアルタイムでお届け。学校で教えてくれない生きてる英語力を上げるとともに、世界情勢が瞬時にチェックできます。

全て表示する >

日本メディア未掲載の世界最新情報を俊足でお届け!生きてる英語を育てます!

2017/10/02



◆<The Newyork Times>(米国)



“Catalonia’s Independence Vote Descends Into Chaos and Clashes”

-「カタルーニャの独立投票、混沌と衝突の中へ転落。」



〜バルセロナを中心としたスペインの少数民族地域・カタルーニャで民衆投票が行われ、90%が賛成。しかし、混沌と衝突を招いたようです。




“Catalonia’s defiant attempt to stage an independence referendum descended into chaos on Sunday, with hundreds injured in clashes with police in one of the gravest tests of Spain’s democracy since the end of the Franco DICTATORSHIP in the 1970s.”

-「カタルーニャの独立を求める大胆な民衆投票が、日曜日に混沌に転落した。フランコ総統の1970年代の独裁制(dictatorship)以来、最も重大なスペインの民主主義を問うテストの中で、警察との衝突で数百人が負傷した。」

<今日のキーワード・A>
●DICTATORSHIP;(名)独裁制





〜少数民族の独立を阻もうとするマドリードの中央政府のナショナリズムは、1975年の民主化以来、最高の勢いを得ているようです。




“Nationalism in Spain, a country with a long and painful 20th century history that included civil war and FASCISM, has been all but dorminant since the coming of democracy after the death of the dictator Gen.Francisco Franco in 1975.”

-「内戦とファシズム(fascism)を含む、長い痛みを伴う20世紀の歴史を持つ国・スペインのナショナリズムは、1975年の独裁者・フランシスコ・フランコ将軍の死以来、最も優勢となった。」

<今日のキーワード・B>
●FASCISM;(名)ファシズム





〜2015年の民衆調査では独立賛成が半数以下だったカタルーニャの未来への行方は、依然として不明なままです。




“In Barcelona’s Paca de Catalunya late Sunday night, voters chanted and celebrated the referendum, even if it remained very unclear how the SEPARATIST leaders hope to enforce its outcome.”

-「バルセロナのカタルーニャ広場では、日曜日の深夜、投票者達が歌を唱和し、民衆投票を祝福した。たとえ、分離主義者(separatist)達の指導者が結果を現実に反映させると望むか、非常に不明なままだとしても。」

<今日のキーワード・C>
●SEPARATIST;(名)分離主義者





〜哲学者の内田樹氏は各国で進む「自民族第一」の動きを、「国民国家の液状化」と表現しています。世界各地で進む国家分裂の最前線をチェックするためにも、今日のキーワード・3つを再整理しておきましょう!




<今日のキーワード・A>
●DICTAORSHIP;(名)独裁制

〜古代ローマの独裁支配者をdictator(ディクタトル)と呼んだことに起源を持つ単語です。接尾語・「ship」は、ある「〜関係」「〜制」を共通して意味します。例えば、friendship;「友人関係」。fellowship;「会員制」。ownership;「所有者制」。などがあります。共通の接尾語の性質を掴んでおけば、単語の意味類推の相乗効果が生まれ、生きてる英語の語彙は数倍に増えていきます!

<簡単に使ってみましょう!>
“The state declared dictatorship of Proletariat.”
-「その国はプロレタリア独裁制を宣言した。」




<今日のキーワード・B>
●FASCISM;(名)ファシズム

〜古代ラテン語で、fasces(こん棒)を意味したことに由来する、独裁者暴力支配を指す言葉です。第2次世界大戦へと導いた日・独・伊の専制支配を呼びました。接尾語・ismは、制度や組織の「主義」という意味を共有します。例えば、nationalism;国家主義。populism;大衆煽動主義。imperialism;帝国主義。等があります。今日2つ目の接尾語・チェックポイントです!

<簡単に使ってみましょう!>
“The World War ? started after fascism took places in several countries.”
-「第二次世界大戦は諸国でファシズムが実現した後に始まった。」




<今日のキーワード・C>
●SEPARATIST;(名)分離主義者

〜今日3つ目の接尾語チェック・「ist」は、共通して「人、者」を意味します。separatistは、separate;分離するの後ろに「ist」がついて、「分離主義者」という意味の名詞です。他にも、scientist;科学者。communist;共産主義者。capitalist;資本主義者。などがあります。簡単なチェック・ポイントなので、ぜひ頭に入れましょう!

<簡単に使ってみましょう!>
“That was a separatist movement by the far left party.”
-「それは極左政党による分離主義運動だった。」






〜第2次世界大戦後に人為的に定められた国民国家のフレームワークが、世界各地で崩壊し始めています。トランプ大統領の「米国第一主義」や、英国の「EU離脱」も、その崩壊への反抗の動き。日々、刻々と変化する世界の動きを捉えるためにも、生きてる英語にどんどん接して、情報収集力を上げてまいりましょう!




それでは、これで。
今日が良い一日でありますよう。
五島 真
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください!
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2015-09-01  
最終発行日:  
発行周期:日刊(土日休み)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。