語学・言語学

生きてる英語を毎日チェック!世界中の英語新聞で英語力を高めましょう!

世界中の英字新聞の翻訳をリアルタイムでお届け。学校で教えてくれない生きてる英語力を上げるとともに、世界情勢が瞬時にチェックできます。

全て表示する >

日本メディア未掲載の世界最新情報を真っ先にお届け!生きてる英語を育てます!

2017/09/22



◆<The Guardian>(英国)



“We’re at the end of white Christian America. What will that mean?
                               -Jason Wilson “

-「私達は白人のキリスト教米国の最終盤にいる。それは何を意味するか?                       ジェーソン・ウィルソン」





〜白人キリスト教国家・米国という大前提がいまや最後に崩れかけている、という人口動態変化が急速に進んでいるという宗教的変容が、トランプ大統領という最後の白人キリスト教大統領を生んだバック・グラウンドだった、と英国紙は分析しています。




“But change is afoot, and US DEMOGRAPHICS are morphing with potentially far-reaching consequences. Last week, the nonpartisan reseach organization ‘PRRI’ concluded that white Christians were now minority in the US population.”

-「しかし、変化は既に船出している。米国の人口動態(demographic)は、潜在的に到達不可能な結果と共に変容し始めていると、無党派の研究団体’PRRI’は先週、結論づけた。

<今日のキーワード・A>
●DEMOGRAPHIC;(名)人口動態





〜白人のキリスト教徒が米国支配の大前提であるという‘明白な使命’が、米国からネイティブ・アメリカンをおしやり、全米を白人キリスト教国家にしていった歴史を英国紙はつぶさに伝えています。



“This faith informed the 19th century doctrine of MANIFEST DESTINY,which held that the spread of white settlement over the entire continent was not only inevitable, but just. The dispossession of native peoples, and the nation’s eventual dominance of the hemisphere, was carried out under imprimatur with Christian roots.”

-「この信仰こそ、19世紀の‘明白な使命’(manifest destiny)ドクトリンの礎となった。このドクトリンこそ、白人の全米大陸への進出が不可欠なだけでなく、正義に基くものだという正当化の起源だった。この信仰をネイティブ・アメリカン達が持たなかったことで、米国は半球での支配者となる原理となり、キリスト教を起源とする信仰の下で進行した。」

<今日のキーワード・B>
●MANIFEST DESTINY;(名)明白な使命




〜しかし、米国の人口動態は急速に変化し、いまや白人キリスト教徒は少数派に転落していようとしている。その危機感がトランプ大統領選出の原動力だったという分析をしています。しかし、ヒスパニック、黒人、無宗教の若者達が多数派となったこれから、米国の政治地図は大きく変わるだろうと英国紙は予測します。



“While two-thirds of seniors are white Christians, only around a quarter of 18-29 are. To varying degrees, this has affected almost every Christian denomination-and nearly four in 10 young American have no religious affilation at all.”

-「現在でも、シニア層の2/3が白人キリスト教徒だが、18−29歳の若者層ではわずか1/4でしかない。程度の差はあれ、この事実がほとんど全てのキリスト教宗派に影響を与えてきている。-そして10人中4人近い米国の若者層は、何の宗教的行為も持っていない。」

<今日のキーワード・C>
●AFFECT;(動)影響を与える





〜ラスト・ベルト(錆びついた地帯)の白人貧困層の支持がトランプ大統領選出の原動力だったという分析は良く聞かれますが、その背景に宗教的な人口動態変化があったというのは目新しく、芯をついた分析に思えました。米国の変化の最新層をチェックするためにも、今日のキーワード・3つをあらためて押えておきましょう!




<今日のキーワード・A>
●DEMOGRAPHIC;(名)人口動態

〜あたまにdemoを持つ単語は古代ギリシャ語の「demos;人々」に由来します。demographicは、「人々」の動態をグラフ化したもの、人口動態という意味です。同じく、democracyは、「人々」の民主政治という単語。demonstrateも、「人々」に示威行動をするという意味です。また、academyも、「人々」に学問を与える、学院という名詞です。共通の語源の性質を掴んでおけば、単語の意味類推の相乗効果が生まれ、生きてる英語の土台がしっかりと育っていきます。

<簡単に使ってみましょう!>
“The city announced the demographic information.”
-「その市は、人口動態の情報を発表した。」



<今日のキーワード・B>
●MANIFEST DESTINY;(名)明白な使命

〜manifest destinyは、文明の中心が古代ギリシャからローマ、大西洋を渡って米国に伝わり、やがて世界中に伝搬すると信仰された米国の支配原理・「明白な使命」という意味です。manifestは、明白なという形容詞・名詞で、民主党政権時代に盛んに唱えられたマニフェストも党の公約を明白な形にするというニュアンスで使われていたことも、チェック・ポイントです!

<簡単に使ってみましょう!>
“The history of the United States was based on the doctrine ‘Manifest Destiny.”
-「米国の歴史は、‘明白な使命’というドクトリンに根源を持っていた。」




<今日のキーワード・C>
●AFFECT;(動)影響を与える

〜afを接頭語にする単語は「その方向へ」というニュアンスを共有します。affedtは、「その方向へ」影響を与えるという動詞。affordは、「その方向へ」与えるという動詞です。オバマ政権が実現したAffordable Care Actも、貧困層の「その方向へ」福祉ケアを供与するという意味でした。この接頭語も今日の要チェックです!

<簡単に使ってみましょう!>
“Japan’s climate is affected by monsoon.“
-「日本の気候はモンスーンの影響を受けている。」






〜米国の政治変動の根源を宗教的な人口動態の変化に見つける画期的な分析記事のご紹介でした。世界政治の最前線をチェックするためにも、生きてる英語にどんどん接して、情報収集力を上げてまいりましょう!




それでは、これで。
今日が良い一日でありますよう。
五島 真
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください!
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2015-09-01  
最終発行日:  
発行周期:日刊(土日休み)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。