語学・言語学

生きてる英語を毎日チェック!世界中の英語新聞で英語力を高めましょう!

世界中の英字新聞の翻訳をリアルタイムでお届け。学校で教えてくれない生きてる英語力を上げるとともに、世界情勢が瞬時にチェックできます。

全て表示する >

日本メディア未掲載の世界最新情報を真っ先にお届け!生きてる英語を育てます!

2017/08/03



◆<The Guardian>(英国)



“Can’t get to sleep? Advice for insomanic workers.”

-「眠れない?不眠症労働者へのアドバイス。」



〜ストレス社会の進展につれて、英国でも不眠症による労働生産性の低下が問題になっているようです。



“However, almost three-quarters of Brits don’t get the recommended
seven hours sleep. This could be a range of factors from stress to a change in diet or location. So first, it’s important assess what could be causing your INSOMANIA.”

-「しかし、およそ3/4の英国人が推奨されている7時間の睡眠をとれていない。これは、ストレスから、食生活や住居の変化に起因している可能性がある。だから、第一に、あなたの不眠症(insomania)の原因が何なのかを検証することが重要だ。」

<今日のキーワード・A>
●INSOMANIA;(名)不眠症



〜睡眠は受動的な行為なので、不眠症と闘うことは逆効果と専門家は指摘しているようです。



“’Sleep is not an active process, but a passive one.’says Hare. ‘The MORE you try to sleep, the HARDER it can be. Try to avoid this effort to sleep by using relaxation exercises such as progressive relaxation, deep breathing, or mindfulness exercises.’”

-「‘睡眠は能動的なプロセスではなく、受動的なものだ。’ヘア博士は語る。‘あなたが眠ろうとすればするほど(the more)、それは一層難しく(the harder)なる。ぜひ眠ろうとする努力を避け、先進的なリラクゼーションや、深呼吸、精神統一のエクスサイズなどのようなリラクゼーション・エクスサイズを試みるべきだ。’」

<今日のキーワード・B>
●the + 比較級、the +比較級;(熟)〜すればするほど〜になる



〜スマホなどの電子機器への依存症も不眠症を拡げているという指摘もあります。



“In our 24-hour society, it can be difficult to make sleep and rest a PRIORITY in our lives. So we need to give ourselves a chance to get the kip we deserve. Hare advises. ‘Switch off your electric deveices at least 30 minutes to one hour before bed and have some time to relax and wind down.’”

-「私達の24時間の社会で、生活の中で睡眠と急速に優先順位(priority)を置くことは難しいかもしれない。だから、私達は自らにふさわしい睡眠をとるチャンスを与える必要がある。ヘア博士はアドバイスする。‘寝る少なくとも30分から1時間前に電子機器のスイッチを切りなさい。そして、リラックスと弛緩のための時間を持ちなさい。」

<今日のキーワード・C>
●PRIORITY;(名)優先順位




〜24時間生活の拡大に従って広がる不眠症の症状。その原点には、電子機器への依存があるとする研究の紹介でした。現代ストレス医学の最先端を読み解くためにも、今日のキーワード・3つをチェックしておきましょう!



<今日のキーワード・A>
●INSOMNIA;(名)不眠症

〜ラテン語で眠りを意味するsomnisの頭にinが付いて、眠れないこと、不眠症という意味です。一般にあたまにinを持つ単語の多くはラテン語に由来し、「非・不」の意味を共有します。infiniteは、終わりのないという意味。insecureは、安全ではないという言葉。incredibleは、信じられないという形容詞です。共通の接頭語の性質を掴んでおけば、単語の意味類推の相乗効果が生まれ、生きてる英語の語彙づくりの礎になっていきます。
<簡単に使ってみましょう!>
“He suffered from insomnia due to stress.”
-「彼はストレスが原因の不眠症を患っていた。」


<今日のキーワード・B>
●the 比較級+the 比較級;(熟)〜すればするほど〜になる

〜英語の比較級構文のおさらいです。the比較級+the比較級は、〜すればするほど〜になるという意味。原文では、the more+the harderで、〜すればするほど困難になるという意味をとっています。例えば、The more you have, the more you wantで、人は持てば持つほどより欲しくなるといった具合で使われます。英語特有の表現なので、ぜひ再チェックです。
<簡単に使ってみましょう!>
“The older we grow, the weaker our memory becomes.”
-「人は年をとればとるほど、記憶力が弱くなる。」


<今日のキーワード・C>
●PRIORITY;(名)優先順位

〜prior;〜に優先してという形容詞の名詞形です。一般に、おしりにorが付く形容詞は比較級で、〜より〜だという意味を共有します。例えば、superiorは〜より優れている、という意味。反対語は、inferiorで〜より劣っているという意味です。また、seniorは、〜より年上でという意味。反対語はjuniorで、〜より年下でという意味です。形容詞の後にくる前置詞はthanではなく、toであることも重要チェック・ポイントです。
<簡単に使ってみましょう!>
“Everything was ready prior to his arrival.”
-「彼の到着の前もって、全ては準備されていた。」




〜ベッドへもスマホを持ち込む「電子機器依存症」がもたらす不眠症の広がりへの危惧を訴える記事でした。現代ストレス医学の最前線を手にするためにも、生きてる英語にどんどん接して、情報収集力を高めてまいりましょう!


それでは、これで。
今日が良い一日でありますよう。
五島 真
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください!
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2015-09-01  
最終発行日:  
発行周期:日刊(土日休み)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。