語学・言語学

生きてる英語を毎日チェック!世界中の英語新聞で英語力を高めましょう!

世界中の英字新聞の翻訳をリアルタイムでお届け。学校で教えてくれない生きてる英語力を上げるとともに、世界情勢が瞬時にチェックできます。

全て表示する >

日本のメディアが未掲載の世界最新情報を真っ先にお届け!生きてる英語を育てます!

2017/07/12



◆<The Guardian>(英国)


“Earth’s sixth mass extinction event already under way, scientists say.”

-「地球上で6番目の大量絶滅の到来が既に進行中。科学者達が警告。」



〜数億年に及ぶ生物の歴史の中で、野生動物は現在、人類の人口過剰と消費過剰により、6度目の絶滅の危機に瀕していると、専門家達は警告しているようです。



“They blame human OVERPOPULATION and overconsumption for the crisis and warn that it threaten the survival of human civilization, although there remains a short window of time in which to act.”

-「彼らは危機の原因が人類の人口過剰(overpopulation)と消費過剰だと批判している。行動の時間の猶予が短いにもかかわらず、人類文明の生き残りを脅かしているとも警告している。」

<今日のキーワード・A>
●OVERPOPULATION;(名)人口過剰




〜野生動物はまた、環境破壊や気候変動の影響で危機的状況にあると見られています。



“Wild life is dying out due to HABITAT destruction, overhunting, toxic pollution, invasion by alien species and climate change.”

-「野生動物は、生息地(habitat)の破壊、過度の狩猟、環境汚染、外来種の侵入、気候変動のせいで死に絶えようとしている。」

<今日のキーワード・B>
●HABITAT;(名)生息地




〜生命史で最後の5番目の絶滅は、6500万年前の小惑星の衝突が引き起こしたと考えられています。



“An giant asteroid impact on Mexico, just after large volcanic ERUPTIONS in what is now India, saw the end of the dinosaurs and ammonites. Mammals, and eventually humans, took advantage.”

-「今のインドを形成した大規模な火山噴火(eruption)の直後に、メキシコに巨大な小惑星が衝突したことで、恐竜やアンモナイトは絶滅したと見られている。」

<今日のキーワード・C>
●ERUPTION;(名)噴火




〜生物の絶滅の危機を振り返る最新の研究結果の紹介でした。生物学の最前線を知るためにも、今日のキーワード・3つをチェックしておきましょう!



<今日のキーワード・A>
●OVERPOPULATION;(名)人口過剰

〜一般に、あたまにoverのつく単語は「上に、過度に」の意味を共有します。overpopulationは、population(人口)が過度なこと。人口過剰という意味です。overlookは、何かの「上に」見逃してしまうという意味。overseeは、対象物の「上で」監督すること。overbookは、設備より過度に予約をとってしまうという意味です。共通の接頭語の意味を押えることが、生きてる英語の語彙づくりの出発点です。
<簡単に使ってみましょう!>
“The government feared overpopulation.”
=「政府は人口過剰を怖れていた。」


<今日のキーワード・B>
●HABITAT;(名)生息地

〜あたまにhabit,hibitを持つ単語は、ラテン語由来で、「持つようになったこと」を意味します。habitatは、共同で持つようになった「生息地」という意味です。cohabitは、「同居」という言葉。prohibitは、持つようになったことを妨げる「禁ずる」という意味。exhibitは、外部と共に持つようになった状態にすること、「展示する」という意味です。2つ目の接頭語も要チェックです。
<簡単に使ってみましょう!>
“The researchers studied habitat alternation.”
-「研究者達は生息地の変化を調べた。」


<今日のキーワード・C>
●ERUPTION;(名)噴火

〜一般に、あたまがeで始まる単語の多くが「外へ」の意味を共有します。eruptは、外へ噴出する、「噴火する」という意味です。他にも、edictは、外へ知らせる、「布告」。emitは、外へ出す「排出する」という意味。electは、母集団から外へ「選び出す」という意味です。3つ目の接頭語のチェックもお忘れなく。
<簡単に使ってみましょう!>
“It was an eruption activity of the volcano.”
=「それは火山の噴火活動だった。」




〜恐竜が絶滅した6500万年前と同様な絶滅の危機に野生動物が瀕しているという、衝撃的なニュースでした。文明と生物の関係の最先端をチェックするためにも、生きてる英語にどんどん接して、情報収集力を上げてまいりましょう!



それでは、これで。
今日が良い一日でありますよう。
五島 真
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください!
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2015-09-01  
最終発行日:  
発行周期:日刊(土日休み)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。