語学・言語学

生きてる英語を毎日チェック!世界中の英語新聞で英語力を高めましょう!

世界中の英字新聞の翻訳をリアルタイムでお届け。学校で教えてくれない生きてる英語力を上げるとともに、世界情勢が瞬時にチェックできます。

全て表示する >

日本のメディアが取り上げていない最新世界情報をお届け!生きてる英語を育てます!

2017/01/31



◆◆◆◆◆◆◆◆

A;<The Washington Post>(米国)

“Officials worry that U.S. COUNTERTERROROSM defences 
will be weakened by Trump actions.”
------------------------------------------------------
「米国の反テロ防衛(counterterrorism)、トランプ氏の大統領令により弱体化する。-官僚達が危惧。」

〜トランプ大統領が発布した中東7カ国からのテロリスト流入禁止を求める大統領令が、逆にテロ集団を刺激して、米国の反テロ防衛策を弱体化するのではないか、と閣僚達は危惧しているようです。「この大統領令でテロ集団の新人勧誘が容易になり、私達の安全保障を危うくさせるのではないか。」上院共和党のグラハム氏、マケイン氏は指摘しています。大統領令により米国の反テロ対策が弱体化することを国防総省関係者も危惧。特に米国-イラクの防衛関係が課題で、短期間でのテロリスト流入禁止策が延長されるかどうかが争点となっているようです。

“It’s not yet clear, however, whether the 90-day period
stipulated in the executive order will be extended.”
----------------------------------------------------------
「しかしながら、大統領令が規定する90日間の期限が延長されるかどうかは、いまだ明らかになっていない。」

<今日のキーワード>

●counterterrorism;(名)反テロリズム

(簡単に使ってみましょう!)

The president announced counterterrorism policies.
=大統領は反テロリズム政策を発表した。









◆◆◆◆◆◆◆◆

B;<The Guardian>(英国)

“Theresa May to warn devolved nations: you have no veto
on Brexit.”
----------------------------------------------------------
「テリーザ・メイ首相、関係各国に警告へ。:’英国のEU脱出に関してあなた方は拒否権(veto)を持たない。’」

〜メイ英国首相はスコットランド、ウェールズ、北アイルランド等の関係各国に対し、諸国がEU離脱への「拒否権」を持っていないと警告する見込みです。スコットランドやウェールズは、EUの単一市場への残留を強く主張してきました。「全てに同意することは不可能だが、建設的な議論を積み上げていきたい。」首相は強調。諸国は首相の姿勢には同意しておらず、アイルランドのシン・フェイン党のオニール党首は、逆に英国のEU脱出に反対する勢力の結束を呼び掛けています。

“The Tory government have effectively set aside the democratic
prosess to pursue their own narrow political agenda. We need
all of those apposed to Brexit to stand together.’”
---------------------------------------------------------------
「‘保守党政権は効果的に彼らが主張する狭い公約を追及するために、民主主義のプロセスを脇に置いてきた。英国のEU脱出に反対する全ての勢力が共に立ち上がることが必要だ。’」

<今日のキーワード・B>

●veto;(名)拒否権

(簡単に使ってみましょう!)
T
he president delivered his veto to Congress.
=大統領は議会に拒否権を宣告した。










◆◆◆◆◆◆◆◆

C;<The China Daily>(中国)

“Beijingers buy less fireworks over pollution concerns.”
------------------------------------------------------
「北京の住民の花火購買、汚染への危惧から低迷。」

〜中国最大の祭日「春節」を迎えた北京の住民達は、環境汚染への怖れから、花火購入を自粛している模様です。今年の花火購入額は6年連続の下落、4.9%ダウンでした。花火の影響で北京のPM2.5
のレベルは1立方mあたり、647マイクロ・グラムを記録。昨年の記録よりは、7.6%改善したようです。春節の花火は中国の伝統行事の大きなものですが、環境汚染への懸念から、花火自粛をする動きが中国本土全土に広がっている模様です。

“Nationwide 444 cities have banned fireworks and 764 other
cities impose restrictions oj setting off fireworks, acoording
to the Ministry of Public Security.”
---------------------------------------------------------------
「公共安全保障局によると、全国で444の市が花火を禁止し、他の764の市が花火打ち上げに制限を課している。」

<今日のキーワード・C>

●pollution;(名)汚染

(簡単に使ってみましょう!)

Stricter regulation will reduce pollution.
=より厳格な規制が汚染を減らすだろう。











◆◆◆◆◆◆◆◆

<今日のひとことチェックです!> vol.5

「counter+○○」は、「反」「逆」の意味。

例えば、Aの「counterterrorism」。テロリズムに「反する」反テロリズムという意味です。一般に、あたまに「counter」を持つ単語は、「反」「逆」等の意味を共通して持っています。例えば、「countercurrent;逆流」。「counterblow;反撃」。「counterpart;対応する人」。「counteraction;反作用」。「counterbalance;釣り合わせる」。「countermeasure;対策」などなど。いずれも、ある事態を「反対へ」「逆方向へ」推移させるニュアンスを共有しています。
 共通の接頭語の性質を掴んでおけば、単語の意味類推の相乗効果が生まれ、生きてる英語の土台がしっかりと育っていきます。



地球温暖化の影響でしょうか。あまり極寒の日を経験しない昨今。生きてる英語にどんどん接して、ご一緒に英語力と情報摂取力を鍛えていきましょう!



それでは、これで。
今日が良い一日でありますよう。
五島 真
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください!
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2015-09-01  
最終発行日:  
発行周期:日刊(土日休み)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。