車一般

【G2m-Magazine】自動車関連ビジネスの『実務』生かせるフレッシュな情報を配信。

G2m-Magazine(ジーツーム マガジン)は、自動車関連ビジネスの『実務』生かせるフレッシュな情報を毎週配信。G2mは、「ジーツーム」=「実務」に由来、自動車関連ビジネスの『実務』直結する情報やノウハウを配信します。

全て表示する >

【G2m-Magazine】G2mメールマガジン --Vol.103--

2017/10/09

●2017.10.09━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●●

自動車関連ビジネスの『実務』に生かせる・メールマガジン

    週刊:G2m-Magazine「ジーツーム・メルマガ」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Vol.103●
こんにちは!G2mメルマガ編集担当の北村晴幸です。近年、地震・津波・大雨
など自然災害が多発しています。そんな折、休日に訪れたショッピングモール
で『体験型防災アトラクション(東京都主催)』を開催していたので、家族で
参加してきました。エンターテイメントと防災教育を融合した参加型イベント
で、子供と一緒に災害への備えについて学ぶことができました。それでは今週
は防災パワーで元気良くG2mメルマガをお送りします。
『元気があれば何でもできる。元気があればクルマも売れる!!』

●●お知らせ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●●

このメルマガを初めてお読みになる方へ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
はじめまして、このメルマガは、「G2m-Cloud(ジーツームクラウド)」
http://g2m.jp/)と同様に、自動車関連ビジネスの『実務』に生かせる、情
報をお届けしていきますので楽しみにしていてください。

●今週のコラム━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●●

内田のコラム
   『E-TANKAZAI 026』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
皆さん、こんにちは。G2m-Cloudで毎週火曜日配信の『TENKAZAI』で講師を務
めている内田憲志です。第二月曜日のメールマガジンでコラムを担当させ頂い
ていますが、今回で最後です。丸2年間に渡ってお読み頂き、誠にありがとう
ございました。とは言え、「さようなら」ではありません。G2m-Cloudの『TENKAZAI』
ではまだまだセミナー動画を配信していきますので、「引続き宜しくお願いしま
す」とさせて下さい。

さて、最終回のテーマは、「繁盛店に共通して見られる傾向」です。ここでの“繁
盛店”とは、売上額がエリアトップというわけではありません。私が訪問した
らいつでもお客様がいるお店。つまり、平日も来客が多いということは管理顧
客の来店が多いということ。繁盛店=顧客に愛されるお店なのです。では、そ
の“繁盛店”で共通して見られる傾向とは何でしょうか?主な項目、4つを列
挙します。

(1)繁盛店=あいさつができる。
お客様にあいさつするのは当たり前。出入りする様々な業者や営業で来た業者
にも、お客様同様、「いらっしゃいませ!こんにちは」と元気良くあいさつがで
きています。

(2)繁盛店=ドリンクのお代わりが出てくる。
一定時間が経過すると、ドリンクを取り替えてくれます。ホットだとスグにぬ
るくなりますからね。「気が利くお店だな」と思います。

(3)繁盛店=手作りPOPがある。
店内各種で見られるスタッフ手作りのPOP。デザインクオリティについては、
「もうちょっと頑張ろうか」と言いたくなることも少なくないのですが、「お客
様のために何かしよう」という心意気が伝わってきます。特にスタッフの顔写
真入りだと、仕事を楽しんでやっている雰囲気で好感度も高いですね。

(4)繁盛店=手入れが行き届いた花がある。
屋外に手入れが行き届いた花のプランターがあるお店は、駐車場や展示場の清
掃が行き届いています。

さあ、いかがでしょうか?どれも基本的なコト、当たり前のコトだと思われた
方が多いのではないでしょうか?しかし、これがなかなかできない!できてい
るお店は、お客様にとって「何だか心地良いお店」なんですよね。
繁盛店、顧客に愛されるお店というのは、「何だか心地良い」そういうお店だと
思うのです。「何だか分からないけど、行くのがイヤじゃない」「何だか分から
ないけど、何でも安心して任せてしまう」そんな、ホっとできる雰囲気がある
のです。これは、一日二日で育まれるものではありません。長い年月をかけて
形成された企業風土、文化なのです。「あたたかい企業風土、文化が、繁盛店、
顧客に愛されるお店になるための必要要件」と私は確信しています。特に自動
車というのは、購入や維持をしていく上で、お客様が1人で判断、決断できな
い要素がたくさんあります。だからこそ、お客様はあたたかい企業風土、文化
を育んできたお店に頼りたくなるのです。
消費者ニーズは変化する!と言われますが、人間が求めるコトの本質は変わり
ません。繁盛店に必要な要件は何か?今一度、考えてみましょう。ウチダでし
た♪

【内田憲志】
岡山県出身。車関連の企業・団体を支援するコンサルタント、セミナー講師。
独創的ながらも、ロジカルで実体験に基づいた営業ノウハウに定評。グラフィ
ックデザインやコピーライティングなどの分野でも活動中。
http://www.kuruma-omakase.com

●G2m-Cloudコンテンツ情報━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●●
◎G2m-Movies
・10/10(火):『TENKAZAI』内田憲志氏がおくる、炎の接客・商談教室。
・10/12(木):『もやもやかぁず』遠藤イズル氏がマニアな世界をナビゲート。
是非!ご覧下さい。

◎G2m-Tools
10月は『GTスポーツぬりえ(4)』です。イラストレーター水池俊夫氏の書き下
ろしで、子供から大人まで楽しめる少し懐かしい名車となっています。
是非!ご活用ください。

●編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●●
防災訓練は重要と知りつつも積極的に参加しているという方は少ないのではな
いでしょうか。それが、先日参加した『体験型防災アトラクション』は、制限
時間内に防災知識に関するクイズを解きながら、脱出するゲーム形式で、楽し
みながら防災知識を学べるというものでした。これがもっと世間に広まれば、
いざという時に自分の命を守れる方が増えるのではないかと思います。このイ
ベントは2015年にはじめて大阪で開催され好評を博し、徐々に各地で開催され
るようになっているそうです。難しいクイズではないのですが、制限時間があ
るという事で、緊張状態に追い込まれ、冷静に物事を考えられなくなります。
どこでも、誰でも災害に遭う可能性はありますので、訓練でよりリアルな状況
を体験できることは非常に価値があると思いました。それではまた来週…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
●【G2m-Cloudサイト】http://www.g2m.jp/
●【Facebook】http://www.facebook.com/g2m.cloud
●メルマガバックナンバー:http://g2m.jp/maillist.html
●メルマガ解除
このメールマガジンは以下のシステムを利用して配信しています。
メルマ http://melma.com/backnumber_198984/
登録・解除はこちらのサイトから直接お願い致します。
●ご意見・ご感想は ⇒ g2m-cloud@g2m.jp
--------------------------------------------------------------------
☆このメールマガジンは、「MS明朝」「MSゴシック」など『等幅フォン
ト』を使っていただくと、行がずれたりせず快適にお読みいただけます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】株式会社アイ・ナビゲーション(G2m事務局)
     http://www.inavigation.co.jp
●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Copyright (C) 2017 ●
このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された内容を許可なく
転載することを固く禁じます。必ず事前にお問い合わせ下さい。
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2015-08-15  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。